和田アキ子にレコード大賞で白い菊を贈ったのは誰?すり替えの真相はいじめだった?

芸能ネタ

2019年8月30日の金スマに和田アキ子さんが出演しました。

和田アキ子さんの生い立ちが特集されたのですが、その中で一番話題になったのが、芸能界での壮絶ないじめでした。

司会の中居君も「芸能界ってそんなとこだったんですか?」と驚いていましたね。

1972年にリリースした「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコード大賞最優秀歌唱賞を獲得した和田アキ子さんですが、その時にステージで葬儀用の白い菊の花束を渡されたことが明かされました。

果たしてこの色い菊の花束を贈ったのは誰だったのか?

また事前に用意された花束とすり替えられたとの疑惑も調査してみたいと思います。

関連記事:JunJun逮捕で韓国人李惇源と発覚!乃木坂ドリームバイトやスッキリ出演どうなる?

関連記事:競泳萩野公介とmiwaがデキ婚!坂口健太郎との関係やあざといとの噂の真相は?

和田アキ子プロフィール

和田アキ子

本名:飯塚 現子(いいづか あきこ)

愛称:アッコ、アコ、ゴッド姉ちゃん

生年月日:1950年4月10日 (69歳)

出身地;大阪府大阪市

出身校:城星学園中学校

身長:174㎝

所属:ホリプロ

デビュー:1968年10月25日(18歳の時)

和田アキ子さんは1970年に「笑って許して」が20万枚超えの大ヒットし、この年初めて紅白歌合戦に出場します。

1972年には「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコード大賞最優秀歌唱賞を獲得しました。

今回取り上げられたエピソードがこの時のレコ―ド大賞の時の模様です。

和田アキ子金スマ内でのやり取りは?

8月30日放送の金スマ内では司会の中居君と和田アキ子さんのこんなやり取りがありました。

金スマ内で当時のレコード大賞受賞の映像が流れました。

 

和田アキ子:「これ見て、菊だよ!」と指摘します。

中居君:「怖い事を明けで言わないでください。気にならなかったんですけど、菊だよ…」と驚きます。

和田アキ子:「そう、菊」「ふつうは大きな花束を抱えるけど」

ナレーション:「アキ子いわく、花束が葬儀で使う白い菊に代えられた」と流れました。

中居君:「嫌がらせ…?」「誰の仕業何だろう。今でも見当つかないんですか?」と尋ねました。

和田アキ子:「全然。関係者ですよ。だって生放送だし。」

和田アキ子さんは当時、感動のあまりそのことに全く気付かなかったようですが、後日ご自身のお母様と電話で話した時に

「なんで菊の花を持っていたの?」と指摘されて初めて気づいたようです。

和田アキ子に白い菊を贈ったのは誰?

レコード大賞といえば、歌手の方は誰しも憧れる、名誉ある賞の一つです。

1972年に和田アキ子さんレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞を受賞した時に花束を贈った人物は誰なんでしょう?

その人物は、元横綱の輪島関です。

元横綱の輪島関といえば、第54代横綱で2018年10月に咽頭がん及び肺がんで70歳で死去されました。

ただ、輪島関は贈呈用の花束を渡すように頼まれていただけのよう。

なぜ輪島関だったのか?友人だったのか?

については不明ですが、花束贈呈するのはその時に話題になっている人や人気のある方がされていますよね。

当時の人気からいえば、特に面識がなくてもおかしくはありませんね。

この時に、事前に準備されていた花束が白い菊の花にすり替えられ、輪島関は知らずに渡したのでは?と言われています。

白い菊の意味とは?

元々、白い菊とはどんな意味があるのでしょうか?

よくお墓参りや葬儀用の仏花、献花として使われていているイメージで、あまりお祝い事に贈る花というイメージがありません

ですが、菊の花は日本を代表する花で、全国各地で秋には菊花展が開催されるなど人気のある花でもあります。

また、皇室を表す紋章は「菊花紋章」と呼ばれ、十六八重表菊が使われている事実もあります。

菊の花を渡されたのは和田アキ子だけでは無かった?

レコード大賞受賞式で何者かによって花束をすり替えられ、白い菊の花束を贈られた和田アキ子さん。

これはいじめだったのでしょうか?

和田アキ子さんは金スマ内で芸能人の先輩からの悪質ないじめを告白されています。

いつの時代も、イジメは無くなりません…。

今では向かう所敵なしの和田アキ子さんでも、デビュー当時は辛い経験をされていたのだと知りました。

そして、金スマでは誰かが花束をすり替えた!というナレーションが入っています。

そして和田アキ子さんも、誰かは分からないが関係者の仕業では?と語っていました。

 

ですが、調べて行くうちに、こんな意見もありました。

勘違いじゃないですかね、

この年のレコ大のちあきなおみも菊の花もらってます。どうもこの頃のレコ大では菊の花を贈呈していたらしく、翌年の五木ひろしや翌々年の森進一も、菊まみれで大賞受賞していました。
元々白い菊の話は20年以上前から和田アキ子が持ちネタにしてた話で、当時は「五木君は黄色くて豪華なのに、私はしょぼんとした白い菊の花」と笑って話してました(実際にはアッコは最初に黄色菊の花束を渡されたけど、それをすぐに隣の人に預けてしまったから、次に渡された白菊の花束だけ持って歌ったからそれが目立ってしまった)

壮絶ないじめにあって栄光の受賞という流れで、VTRを見た和田がチャチャを入れたので、編集サイドも他の受賞者の検証せずに、「すりかえ疑惑」なんてテロップ出したんじゃないかなあと思いました。

ヤフー知恵袋より引用

 

すり替えでも何でもなくレコ大の番組が用意したってことでしょう。
なので、TBSの仕業ですね。恐るべし反日テレビ局!!

ヤフー知恵袋

 

友人の輪島関が菊の花束をもってステージに上がり、和田アキ子さんに手渡してました。
新人賞受賞の麻丘めぐみさん、レコード大賞受賞のちあきなおみさん
それぞれ色は違えど菊の花を受け取っているので
すり替えられたというわけではないのでは?

関係者もカトレアの花を胸につけてたり、菊の花をつけてましたよ。

ヤフー知恵袋

 

この時代では菊の花束を贈るのが普通だった?のでしょうか?

森進一さんの画像があったので見てみましたが、結構豪華ですよね?

「五木君は黄色くて豪華なのに、私はしょぼんとした白い菊の花」と笑って話してました(実際にはアッコは最初に黄色菊の花束を渡されたけど、それをすぐに隣の人に預けてしまったから、次に渡された白菊の花束だけ持って歌ったからそれが目立ってしまった)

↑との書き込みもありますが、真相はどうなのでしょう…。

ネット上の意見は?

まとめと感想

和田アキ子さんが8月30日の金スマに登場し、ご自身の生い立ちから芸能界デビュー、芸能界での裏側の話をしました。

話題になっている、レコード大賞の時に菊の花束を渡したのは誰で、それはすり替えられたものだったのか?

という疑問ですが、花束を渡したのは元横綱の輪島関。ですが輪島関はただの贈呈人に過ぎませんでした。

また、事前に用意された花束が菊の花にすり替えられていた?という事実確認はできませんでした。

当時は菊の花束を贈るのが普通だったとの情報もあり、もしかしたら和田アキ子さんの勘違いだったのかもしれません。

しかし、和田アキ子さんが芸能界で悪質ないじめに遭っていたのは事実のようです。

本当にいつの時代も、いじめはダメだと分かっていながら無くならないものですね…。

今では強いイメージの和田アキ子さん。

デビュー当時は辛い経験もされていたのだと分かり、現在は芸能界のゴッド姉ちゃんと呼ばれ皆に慕われているのは、当時の経験からそんなことをしてはいけないという想いで頑張ってこられたからではないでしょうか…。

今回は和田アキ子さんの新たな一面が見れて、更に応援したいと思うようになりました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事:劇団EXILE八木将康が結婚&パパに!相手の女性は誰で兄はEXILEのSHOKICHI

関連記事:坂口杏里がまた逮捕?不法侵入したのは誰の家で前日の謎のインスタは?

関連記事:メンタリストDaiGoが京アニ実名報道したNHKにブチギレで炎上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました