和田アキ子の菊の花束事件の犯人は誰?嫌がらせやイジメは日常的だった?

和田アキ子の菊の花束事件の犯人は誰?嫌がらせやイジメは日常的だった?芸能ネタ
スポンサーリンク

2019年8月30日の金スマに和田アキ子さんが出演しました。

和田アキ子さんの生い立ちが特集されたのですが、その中で一番話題になったのが、芸能界での壮絶ないじめや嫌がらせでした。

和田アキ子さんといえば現在は芸能界のゴッドねーちゃんとして有名で誰しもが恐れる存在ですが、そんな和田アキ子さんがイジメにあっていたそうなんです。

司会の中居君も「芸能界ってそんなとこだったんですか?」と驚いていましたね。

そんな芸能界の嫌がらせエピソードとして語られたのが、1972年にリリースした「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコード大賞最優秀歌唱賞を獲得した和田アキ子さんにステージで葬儀用の白い菊の花束を渡されたいわゆる「菊の花束事件」です。

果たしてこの白い菊の花束の意味や和田アキ子さんに白い菊の花束を贈った犯人は誰だったのか?

芸能界の黒い闇について調査してみたいと思います。

和田アキ子の菊の花束事件とは?

和田アキ子さんの「菊の花束事件」とは一体何なのでしょう?

 

「和田アキ子 菊の花束事件」とは、1972年、和田アキ子11枚目のシングル「あの鐘を鳴らすのはあなた」が大ヒットし、第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞の授賞式で起こりました。

他の歌手は「華やかな花束」が手渡される中、和田アキ子さんだけが「白い菊の花束」だったのです。

レコード大賞の関係者しか出入りできない状況ですり替えられたのか、始めから用意されていたのかは誰もわからないようです。

ただ、和田アキ子さんは芸能界で新人だった頃から壮絶なイジメや嫌がらせにあっていたようで、この「菊の花束事件」もその一環だったのかもしれません。

 

この「菊の花束事件」のことを2019年8月30日放送の「金曜日のスマイルたちへ」の番組中に和田アキ子さんご本人がこのように語っていました。

 

和田アキ子:「これ見て、菊だよ!」と指摘します。

中居君:「怖い事を明けで言わないでください。気にならなかったんですけど、菊だよ…」と驚きます。

和田アキ子:「そう、菊」「ふつうは大きな花束を抱えるけど」

ナレーション:「アキ子いわく、花束が葬儀で使う白い菊に代えられた」と流れました。

中居君:「嫌がらせ…?」「誰の仕業何だろう。今でも見当つかないんですか?」と尋ねました。

和田アキ子:「全然。関係者ですよ。だって生放送だし。」

和田アキ子さんは当時、感動のあまりそのことに全く気付かなかったようですが、後日ご自身のお母様と電話で話した時に

「なんで菊の花を持っていたの?」と指摘されて初めて気づいたようです。

和田アキ子に白い菊の花束を贈った犯人は誰?

レコード大賞といえば、歌手の方は誰しも憧れる、名誉ある賞の一つです。

1972年に和田アキ子さんレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞を受賞した時に花束を贈った人物は誰なんでしょう?

その人物は、元横綱の輪島関です。

元横綱の輪島関といえば、第54代横綱で2018年10月に咽頭がん及び肺がんで70歳で死去されました。

ただ、輪島関は贈呈用の花束を渡すように頼まれていただけのよう。

なぜ輪島関だったのか?友人だったのか?

については不明ですが、花束贈呈するのはその時に話題になっている人や人気のある方がされていますよね。

当時の人気からいえば、特に面識がなくてもおかしくはありませんね。

この時に、事前に準備されていた花束が白い菊の花にすり替えられ、輪島関は知らずに渡したのでは?と言われています。

和田アキ子へのイジメや嫌がらせは日常的だった?内容が衝撃的!

和田アキ子さんは1967年にホリプロから歌手としてデビューしました。

当時の歌番組での楽屋は10人ほどが一緒に使っていたそうで、新人だった和田アキ子さんは一番最初に楽屋に入り、入り口に直立不動で先輩たちを迎えるのが暗黙の了解だったそうです。

そして先輩女性歌手たちが全員入ったら自分もメイクをするのですが、鏡は先輩たちが占領しているため使うことができませんでした。和田アキ子さんは泣く泣くトイレでメイクをする事が多かったんだそう。

 

また身長の高かった和田アキ子さんに対して

  • 男っぽい、バカと言われる
  • 男がいるから着替えられない、と言われる
  • 私と同じ黒の衣装だから着替えてこい、と言われる
  • スニカーの中に【男は出ていけ】と書かれたメモがあった

などなど、和田アキ子さんは陰湿なイジメや嫌がらせにあっていた事を話していました。

そんな和田アキ子さんは家に帰ると自分をイジメた先輩の名前を「復讐ノート」と名付けられたノートに「死ね」と書き留めていました。そのノートではこれまで芸能人500人くらいを半殺しにし、10人を抹殺してきたようです‥。

和田アキ子さんは当時を振り返り、

「厳しかったというか、悲しかった」

と話しています。

ただ、その悔しさをバネに和田アキ子さんはこいつらよりも売れてやる!と努力し、現在の地位まで登りつめたんです。

菊の花を渡されたのは和田アキ子だけでは無かった?

レコード大賞受賞式で何者かによって花束をすり替えられ、白い菊の花束を贈られた和田アキ子さん。

これはいじめだったのでしょうか?

和田アキ子さんは金スマ内で芸能人の先輩からの悪質ないじめを告白されています。

 

今では向かう所敵なしの和田アキ子さんでも、デビュー当時は辛い経験をされていたのだと知りました。

そして、金スマでは誰かが花束をすり替えた!というナレーションが入っています。

そして和田アキ子さんも、誰かは分からないが関係者の仕業では?と語っていました。

 

ですが、調べて行くうちに、こんな意見もありました。

勘違いじゃないですかね、

この年のレコ大のちあきなおみも菊の花もらってます。どうもこの頃のレコ大では菊の花を贈呈していたらしく、翌年の五木ひろしや翌々年の森進一も、菊まみれで大賞受賞していました。
元々白い菊の話は20年以上前から和田アキ子が持ちネタにしてた話で、当時は「五木君は黄色くて豪華なのに、私はしょぼんとした白い菊の花」と笑って話してました(実際にはアッコは最初に黄色菊の花束を渡されたけど、それをすぐに隣の人に預けてしまったから、次に渡された白菊の花束だけ持って歌ったからそれが目立ってしまった)

壮絶ないじめにあって栄光の受賞という流れで、VTRを見た和田がチャチャを入れたので、編集サイドも他の受賞者の検証せずに、「すりかえ疑惑」なんてテロップ出したんじゃないかなあと思いました。

ヤフー知恵袋より引用

 

すり替えでも何でもなくレコ大の番組が用意したってことでしょう。
なので、TBSの仕業ですね。恐るべし反日テレビ局!!

ヤフー知恵袋

 

友人の輪島関が菊の花束をもってステージに上がり、和田アキ子さんに手渡してました。
新人賞受賞の麻丘めぐみさん、レコード大賞受賞のちあきなおみさん
それぞれ色は違えど菊の花を受け取っているので
すり替えられたというわけではないのでは?

関係者もカトレアの花を胸につけてたり、菊の花をつけてましたよ。

ヤフー知恵袋

 

この時代では菊の花束を贈るのが普通だった?のでしょうか?

森進一さんの画像があったので見てみましたが、結構豪華ですよね?

「五木君は黄色くて豪華なのに、私はしょぼんとした白い菊の花」と笑って話してました(実際にはアッコは最初に黄色菊の花束を渡されたけど、それをすぐに隣の人に預けてしまったから、次に渡された白菊の花束だけ持って歌ったからそれが目立ってしまった)

↑との書き込みもありますが、真相はどうなのでしょう…。

「和田アキ子菊の花束事件」ネット上の意見は?

和田アキ子の菊の花束事件の犯人は誰?嫌がらせやイジメは日常的だった?のまとめ

和田アキ子さんが2019年8月30日の金スマに登場し、ご自身の生い立ちから芸能界デビュー、芸能界での裏側の話をしました。

話題になっている、レコード大賞の時に菊の花束を渡した犯人は誰で、それはすり替えられたものだったのか?

という疑問ですが、花束を渡したのは元横綱の輪島関。ですが輪島関はただの贈呈人に過ぎませんでした。

また、事前に用意された花束が菊の花にすり替えられていた?という事実確認はできませんでした。

当時は菊の花束を贈るのが普通だったとの情報もあり、もしかしたら和田アキ子さんの勘違いだったのかもしれません。

しかし、和田アキ子さんが芸能界で悪質ないじめや嫌がらせに遭っていたのは事実のようです。

本当にいつの時代も、いじめはダメだと分かっていながら無くならないものですね…。

今では強いイメージの和田アキ子さん。

デビュー当時は辛い経験もされていたのだと分かり、現在は芸能界のゴッド姉ちゃんと呼ばれ皆に慕われているのは、当時の経験からそんなことをしてはいけないという想いで頑張ってこられたからではないでしょうか…。

今回は和田アキ子さんの新たな一面が見れて、更に応援したいと思うようになりました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました