パタハラとは?厚生労働省の定義あるもアシックスやカネカで嫌がらせ?

子育て色々

7月12日放送のスッキリ!の番組でパタハラ パタニティーハラスメントの特集がありました。

大企業のカネカに続き、アシックスでもパタハラで訴訟が起こるなどマタハラに続き子育てに関しての意識が問われています。

私も出産、子育て経験者として父親である男性の協力は不可欠だと思っています。

人生の中で数回あるかないかの貴重な時期に父親が携われないなんて、そして母親一人で子育てする大変さをもう少し理解してほしいと思います。

今回はパタハラとは何か?厚生労働省の例やスッキリ!で放送された内容など踏まえて調べてみたいと思います。

パタハラ(パタニティーハラスメント)とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

パタハラ??パタハラスメント?? えっ?PATA?? #パタハラ #PATA #xjapan #スッキリ

もりさとchanさん(@dir_en_sato)がシェアした投稿 –

パタハラとは、育児のために休暇や育児参加制度の利用を希望する男性に対する嫌がらせの事です。

厚生労働省は、パタニティハラスメントを「育児参加を希望する男性へのハラスメント」と定義し、ワークライフバランスの実現を阻み、離職や仕事の生産性を低下させる原因と位置付けています。

日本ではマタハラ(マタニティハラスメント)が社会問題として取り上げられるようになってきましたが、同じようにパタハラも男性の育児参加を阻む重大な問題です。

パタハラはどうして起こるのか?原因は?

「男性は育児よりも仕事を頑張るものだ」「家族の為に働くことが男性の仕事だ」などというひと昔前の当たり前が働く人の中に強くのこっているからだと言われています。

個人的には年齢が上になればなるほどその意識は高い気がします。

いくら国が男性の育児参加を推進し、目標を掲げたとしても、企業の中で働く人の意識が変わらなければ何も変わりません。

一般的に、パタハラは同姓の上司や同僚によって行われると思いがちですが、実は異性からのパタハラも少なくない事が分かっています。

「男性は家庭よりも仕事を優先すべき」という意識は女性にも残っているようです。

男性は育児休業を取りたいと思っていない?

男性の育休取得希望については、以前から生命保険会社などがアンケート結果を公表していて、いずれの調査結果をみても半数を超える男性が育休取得を希望している事が分かりました。

またスッキリ!放送内では35,3%の男性が利用したかったが利用できなかったと伝えています。

その取得できなかった理由としては

  • 仕事が忙しくて人でが不足
  • 育休制度が整備されていない
  • 育休を取得しずらい
  • 担当している仕事が
  • 収入が心配

が挙げられていましたが、他の調査でも

  • 出世に響く
  • 評価が下がる
  • 周囲の目が気になる
  • 育休取得後、職場復帰できないかもしれない
  • 家族に反対される

などの懸念があるため取得しにくいという現状があります。

パタハラの事例は?

スッキリ情報では

  • 上司が無視する
  • 不本意な異動や転勤
  • 育休申請を却下

その他の事例

  • 暴言を言われた「自分の事しか考えてないんだな」「残された者の身になって見ろ」「出世はあきらめろ」「会社に戻ってこれると思うなよ」
アシックス男性の例

育休明けに子会社へ出向命令 人材開発業務から倉庫勤務へ

弁護士相談後には本社に戻れるも障碍者雇用に関する調べものや就業規則の英訳業務に。

カネカの男性の例
育休取得後職場復帰直後に引っ越しを伴う転勤を命じられた。
これはネット上で育休を取得した事への見せしめだとの批判の声が挙がっています。

男性の育休取得率は?

2009年 1.72%

2010年 1.38%

2011年 2.63%

2012年 1.89%

2013年 2.03%

2014年 2.3%

2015年 2.65%

2016年 3.16%

2017年 5.14%

2018年 6.16%

こう見ていくと、取得率は少しずつ上がっていますが、政府の2020年の目標は13%!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

パタハラですって💡 確かに男って育休取れる制度あっても取りにくいですよね😅 人がいない職場ならなおさら。 育休取って嫌がらせされたり、異動させられたらたまったもんじゃない💦 年休貰えないのは当たり前、じゃあ年休は何のためにあるのかと言いますと、自分が体調不良の時に単発で使うか、親の介護が必要になった時用に取っておくとか訳わからん事言われた時もあったっけね😇 しまいには、子供が肺炎こじらせて入院が必要になった時に、(妻がそれまでつきっきりで看病していたので)休みたいと言ったら、代われる人が居ないから無理と言われて結局休み貰えなかったしね(笑) そりゃあ子育てなんかできる環境が整ってないんだから、子供欲しくても作れないし、育てられませんわ😇 北欧に住みたいわ〜 #パタハラ

出島のマー坊さん(@dejimanoma_bo)がシェアした投稿 –

それに比べて世界では、特に北欧では違いすぎます。

北欧では福祉の面でも教育の面でも随分と進んでいる良いイメージがありますね。

素直に羨ましい…。

来年の2020年までに目標は達成されるのでしょうか?

みんなの声は?

まとめと感想

パタハラは、これからもっと男性が育児に参加するべき流れと逆行する解消すべきハラスメントです。

しかし、長らく続いてきた「男は育児よりも仕事優先が当たり前」という考え方が強く残っているため、この意識を変えることは容易ではないと思います。

また男性自身が会社での評価や出世を気にするばかりか、家族までもがそのことを気にして育休を取りずらくしている面もあります。

社会や企業がもっと子育てに参加しやすい状況を作るためにはどう意識を改革していけばいいのか…。

まずはスッキリなどメディアを使ってもっともっと発信してほしいと思います。

こどもが少なくなってきている今、そして女性が社会進出し、共稼ぎが増えて生きている今、早急に解決して行ってほしい問題の1つだと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました