徳本一善(駿河台大学駅伝部監督)は結婚して嫁息子がいる?経歴もスゴイ!

徳本一善駿河台大学駅伝部監督は結婚して嫁子供いる スポーツ
スポンサーリンク

「ビジュアル系ランナー」や「爆走王」などの愛称で親しまれている、徳本一善さん。

現役時代、徳本一善さんは箱根駅伝に4年連続で出場し、さらに2年の時には区間賞をとるほど活躍したランナーでした。まさに法政大のエースとして名を刻んだようなものですね!

そして最近、徳本一善さんは駿河台大学駅伝部監督として駅伝に帰ってきたことでも話題となっております!

さらに、徳本一善さんは結婚して嫁息子さんがいるのか、どのような人達なのかを紹介しております!

徳本一善 (駿河台大学駅伝部監督) のプロフィール

徳本一善 (駿河台大学駅伝部監督) のプロフィール

名前:徳本一善(とくもとかずよし)

生年月日:1979年6月22日

年齢:42歳

身長:173cm

体重:59kg

血液型:O型

出身高校:広島市立沼田高等学校

出身大学:法政大学社会学部

やはり徳本一善さんといえば、法政大学ですよね♪

あの箱根駅伝の伝説は、今でも語り継がれています。
徳本一善さんは、4年連続「箱根駅伝」出場を果たし、2年時には区間賞、3年時には区間2位という記録を残しました!

とんだ逸材が出てきたと、陸上界で当時は徳本一善さんの話題でもちきりだったそう。
次に、そんな徳本一善さんの経歴について話していきます。

徳本一善 (駿河台大学駅伝部監督) の経歴がスゴイ!

徳本一善さんは、陸上が好きだった父親との親交を深めたいという気持ちから、中学校から陸上部へ入り、陸上の道へ歩んでいったそうです。

アスリートと聞くと、もっと子供のころから毎日欠かさず練習しているのが想像できますが、父親と親交を深めたいから陸上部への道を歩んでいったのは、ものすごく特殊で、なんというか可愛いですよね♪

徳本一善の中学高校時代

そんな中学時代でも、徳本一善さんは、100m・走り幅跳びを専門種目としており、本格的に長距離へと転向したのは中学2年からだそうです。さらに、徳本一善さんの中学三年の頃には、全国大会で1500m2位、3000m3位という好成績を残しています!

すごいですよね。中学から初めて2~3年で全国大会へ出場し、それもTop3を二回も取っているのは、ものすごい才能だと思います!

そんな徳本一善さんの出身高校、「広島市立沼田高等学校」に入学した理由は、指導者「三浦学」に憧れたからだそう。しかし、徳本一善さんの指導者「三浦学」の突然の悲報によって、練習に手が付かない日々を送ったそうです。

憧れの指導者の悲報は、徳本一善さんにとって相当厳しいものだったのでしょう。

そして、疲労骨折を繰り返し徳本一善さんにとって苦しい状況下にありながらも、コツコツと大会に出場します。

そして、徳本一善さんにとって高校最後の試合となった福岡国際クロスカントリー大会ではジュニア8km優勝。さらに、世界クロスカントリー選手権日本代表となりました!

陸上に向き合う強い姿勢が見えますよね。

徳本一善の大学時代

徳本一善の大学時代

ここで、徳本一善さんにスポットライトが多く降りかかった、大学時代について話します!

徳本一善さんといえば、法政大学ですよね。
徳本一善さんが法政大学へ進学した理由は、選手に厳しくなく、他と比べ比較的自由な練習メニューと、結果さえ残せば普通の服装もある程度許される環境に徳本一善さんの心は惹かれたそうです。

徳本一善さんは縛り付けられ、楽しくもない大学生活は嫌いなのでしょう。

徳本一善さんはインターカレッジで、1500m、5000m、10000mで活躍する実力をつけていました。

大学陸上界を代表する選手となった徳本一善さん、ユニバーシアード北京大会(国際学生競技大会 )で銅メダリストに。
さらに徳本一善さんの代名詞と言われる箱根駅伝では、4年連続「箱根駅伝」出場を果たし、2年時には区間賞、3年時には区間2位という記録を残します!

これまでの学生時代を見ると分かりますが、徳本一善さんはすごい好成績ばかりの陸上人生ですよね!
才能と努力が合わさった結果なのでしょう!

徳本一善の実業団時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

宏香(@hirokarabbit)がシェアした投稿

そしてここからは、徳本一善さんの実業団時代について紹介します!

徳本一善さんは日清食品へ入社しました。

その理由は、日清食品白水昭興監督に、

「自分らしく競技できるのが一番いいんだ。お前は金髪が似合う。それでいいじゃないか。」

という勧誘に徳本一善さんは心を惹かれたからだそうです!

徳本一善さんは実業団時代にも、2003年と2004年には、日本選手権男子5000mを連覇しました!

徳本一善の駿河台大学駅伝部監督時代

さぁここからは、徳本一善さんの監督時代についてです!
箱根駅伝2011年11月、駿河台大学に選手兼コーチとして就任します。
そしてその約半年後、2012年4月より監督に就任します!

 

有名な話なので知っているかもしれませんが、実は昔、駿河台大学の陸上部はものすごく荒れていたのです!

タバコを吸う人、パチンコにほぼ毎日行く人、お酒を飲む人があふれており、まさに漫画の世界だったそうです。

そんな駿河台大学陸上部を立て直すべく、徳本一善さんは陸上のことよりも、生活習慣などを整える努力を数年も行い、2021年の第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会で8位!

なんと2022年の箱根駅伝の出場権を獲得したのです!

まさに伝説で偉業ですよね♪

徳本一善(駿河台大学駅伝部監督)は結婚してる?嫁は誰?

徳本一善さんは、現役時代の2002年に、「徳本梨江」さんと結婚しています。

徳本一善さんの嫁である徳本梨江さんは、徳本一善さんを支えるべく、管理栄養士の資格を取り、2015年に駿河台大学の駅伝チームとして、選手たちの食事を作っています!

 

2020年には老舗食品メーカーのハナマルキとコラボし、液体塩こうじを使ったアスリート向けレシピを発信しており、徳本一善さんと、管理栄養士である徳本梨江さんが共に出演しています!

このお二人がご紹介しているハナマルキ液体塩こうじを使ったアスリートご飯レシピは、ハナマルキ公式HPから確認できます!

 

徳本一善さんと、嫁である徳本梨江さんのハナマルキとの接点は、管理栄養士として食を支えるうえで、ハナマルキ液体塩こうじを使っていたそうです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハナマルキ 液体塩こうじ 500ml×8
価格:3263円(税込、送料別) (2021/11/20時点)

楽天で購入

 

 

そのため、貧血で困る人が少なくなったんだとか!

食事で選手たちの内側からサポートして選手たちの記録を伸ばそうとしているので、徳本梨江さんは、選手からは感謝の絶えないものすごく頼れる女性なんだと思います!

夫婦で一緒に駿河台大学を育てて、駅伝出場まで獲得できるのはものすごいですよね♪

徳本一善(駿河台大学駅伝部監督)の息子もスゴかった!

徳本一善さんの息子さん、「徳本 陽くん」は、父の背中を見て育ったからか、陸上界でものすごい活躍しています!

2021年の現在、高校1年生の時、徳本陽君は、飯能加治中学校時代、「ジュニアオリンピックカップ全国中学生陸上」に出場しました!

さらに徳本一善さんの息子である徳本陽君は、男子3000メートル予選を全体4位で決勝に進出、全国中学ランキングでは9位に入っています!

そんな徳本一善さんの息子である徳本陽君は、東京農業大学第二高校に入った後、なんと駿河台大学の練習に加わることもあるそうです。

やはり徳本一善さんの指導、徳本陽君の練習環境の充実さ、徳本陽君自身の努力などが、実力につながっているのでしょう!

徳本一善(駿河台大学駅伝部監督)は結婚して嫁息子がいる?経歴もスゴイ!のまとめ

 

徳本一善さん、ものすごい経歴の持ち主ですよね♪

徳本一善さん自身の駅伝出場、さらに駿河台大学を駅伝出場まで成長させる力!
日本陸上界のスターと言っても過言ではないでしょう!

駿河台大学駅伝部監督、徳本一善さんについて詳しくなれたでしょうか?

徳本一善さん自身にも、徳本一善さんの嫁、徳本梨江さん、息子の徳本陽君にも期待ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました