尾崎世界観の子供の頃や生い立ちは?父親母親兄弟、実家の住所も調査!

タレント
スポンサーリンク

突然ですが、「世界観」という言葉の意味を知っていますか?

「世界観」の意味を調べてみると、「人間のありかたという点からみた統一的な解釈、意義づけ。知的なものにとどまらず、情意的な評価が加わり、人生観よりも含むものが大きい。」といった説明が出てきます。

(引用:goo辞書

このふわっとした「世界観」という言葉をあえて、名前に使用している方がいます。

その方は、クリープパイプというバンドのボーカル・ギターを担当する、尾崎世界観さん。

あえて「世界観」を入れた名前にした尾崎世界観さんですが、それには理由がありました。

尾崎世界観さんがバンドを始めた2005年頃。すでに独自スタイルを確立させた楽曲でバンド界隈をざわつかせていたクリープハイプですが、ライブを見た人が放った「世界観が良いね」といった評価のされ方に釈然としなかった尾崎世界観さん。

「世界観ってなんだ!曖昧な言葉じゃなくて、具体的にほめろよ」そう思った尾崎世界観さんは、「世界観」をあえて自分の名前にすれば、今後その評価のされ方はなくなるのではと考え、『尾崎世界観』と名乗るようになりました。

その後「世界観」という言葉を使ったバンドの褒め方が減ったそうです。

さて、そんな一筋縄ではいかなそうな尾崎世界観さんですが、この『奇才』が如何にして「クリープハイプの尾崎世界観」となりえたのか…気になりますよね!

尾崎世界観さんが子供の頃はどんな子供だったのか、生い立ちやご実家、近辺の住所などに関しても興味が湧いてきませんか?

父親、母親、もし兄弟がいるならば兄弟はどんな人なのか、尾崎世界観さんに似ているのかなど、尾崎世界観さんはどんな家族に囲まれてどんな子供の頃を過ごせば、人の心に刺さる音楽が作れるようになったのか。。。。

そこで今回は、

「尾崎世界観の子供の頃や生い立ちは?」

「尾崎世界観の父親、母親はどんな人?」

「尾崎世界観に兄弟はいる?」

「尾崎世界観の実家の住所はどこ?」

について、調べてみました!

 

尾崎世界観の子供の頃や生い立ちは?

では、気になる尾崎世界観さんの「子供の頃」や「生い立ち」に迫ってみたいと思います!

まず、尾崎世界観さんご自身で子供の頃を表現するならば「変な子供」だったそう。

というのも、尾崎世界観さんは子供の頃から早く大人になって大人の会話に交じりたいという願望があったようで、同級生と無邪気に遊ぶということに興味が湧かなかったのだそう。

また、周りの大人から子供らしくあることを望まれて、当てはめられるということを尾崎世界観さんは窮屈に思っていたんだそうです。

 

例えば、子供の本分ともいえる勉強や運動も、尾崎世界観さんは苦手だったのですが、それでもやらなきゃいけないということに非常に嫌悪していたようです。

当時テレビっ子だった尾崎世界観さんですが、成績不振によってテレビを見ることを一時期禁止されたことがあり、「テレビがだめなら…」と思って聞き始めたラジオを好きになったと、尾崎世界観さんがパーソナリティを務めたラジオでお話をされていました。

 

尾崎世界観さんの子供の頃は、自我がはっきりした早熟な子供だったのかもしれませんね。

 

そして、やらなきゃいけないことを意思とは関係なくやり続けるのが普通だった子供の頃と違って、やりたいことや諦めたくないことを自由に取捨選択して生きていけるようになる『大人になった、今』が幸せなのだと、尾崎世界観さんは言及しています。

 

尾崎世界観さんが選択し、今もなおやり続けていることが、音楽小説などの執筆といえるのだそう。

 

ちなみに、尾崎世界観さんの執筆力に関しては、「黄色い日記」と称して「魔法のiらんど」という無料小説投稿サイトにて公開していた日記がルーツでなのではないかと言われています。

 

残念ながら、現在はサイトのサービスが終了しており、尾崎世界観さんの過去の投稿を見ることは出来ません…。

クリープハイプのインディーズ時代に公開されていた尾崎世界観さんの赤裸々な日記だったため、当時を知るクリープハイプのファンの方にとっては貴重な思い出の一編だったそうです。

そういった経験や生い立ちが、今の尾崎世界観さんの執筆力や作曲力、表現力に直結しているといえるのかもしれませんね!

 

独特の世界観といえば、尾崎世界観さんとウワサになっている「あいみょん」さん。

尾崎世界観さんとあいみょんさん結婚間近!?と言われています。そんな尾崎世界観さんとあいみょんさんの馴れ初めについて詳しく調査してみました!

クリック>>尾崎世界観の結婚した彼女はあいみょん?馴れ初めや破局のウワサも!?

尾崎世界観の父親、母親はどんな人?

 

尾崎世界観さんの子供の頃に続いて、今度は尾崎世界観さんの「ご家族」について調べてみたいと思います。

まず、尾崎世界観さんの家族構成は、

父親、母親、弟、尾崎世界観(本人)、犬の「まるこ」の5人(?)家族です

尾崎世界観さんの弟さんについては次の項目でご紹介しますので、肝心の尾崎世界観さんの「父親、母親」について迫っていきたいと思います!

たびたび、尾崎世界観さんはライブのMC等で、父親や母親に関するエピソードを話すことがあり、ファンの間では尾崎世界観さんのご両親のお名前は周知のことなんだそう。

父親が「勝(まさる)」さん、母親が「由美子(ゆみこ)」さん。

時折、尾崎世界観さんのSNSにも登場し、子供の頃に一緒に撮ったであろう家族写真なんかを尾崎世界観さんが一部投稿していたこともありました。

実際に、母親の由美子さんが尾崎世界観さんのツイッターに登場したのがこちら↓

“子供の頃の写真。母、由美子と”

母親の由美子さんはスーパーマーケットで働いているそうで、コロナ禍の中で仕事に行く由美子さんを尾崎世界観さんが心配した、というエピソードを尾崎世界観さんが務めるラジオで語っていました。

 

そして、一方の父親、勝さんについては、尾崎世界観さんにとって怖い父親だったと語られています。

というのも、尾崎世界観さんのお父さんのご職業は和食の料理人さんだそうで、職人気質だったのか、子供の頃からとにかく厳しいイメージを持っていたそうです。

そんな怖いお父さんですが、勝さん自身が競馬好きだったようで、尾崎世界観さんの子供の頃はよく実家の近くにある中山競馬場に連れて行ってくれたそうです。

 

また、尾崎世界観さんが音楽に興味を持ったのも、「かぐや姫」のファンだった父親の影響だとか。

尾崎世界観さんがバンドを始めたときは「いつ辞めるんだ?」と、尾崎世界観さんのバンド活動を反対していた父・勝さんですが、今では応援してくれているそう。

 

尾崎世界観さん、ご両親とも仲良くされているように感じられますし、なにより尾崎世界観さんが家族を遠からず大事にされていることが伺えます。

 

ですがそんな一方で、「実家には居場所がない─もう帰る場所ではない─」ということを過去のインタビューで尾崎世界観さんは語っています。

尾崎世界観さん曰く、実家には「癒されに行くというよりは居場所がないと思うという経験をしに帰っています」とのこと。

尾崎世界観さんの半自伝的小説と言われている「祐介」の中では、バンドマンとしての視点・生活など、まさに尾崎世界観さんを彷彿とさせる描写があります。

その中でも、そのバンドマンとは違った人物なのか、同一人物なのかはわかりませんが、とある大学生の子供の頃の家庭事情についても描かれています。

その描写には、仲の良い微笑ましい家族像とは違った暴力的一面が描かれており、尾崎世界観さんの実際の過去とリンクしているのかどうか、ファンの間ではとても話題となりました。

 

尾崎世界観さんの意味する「居場所がない」という感覚は、この家庭事情と関係するのでしょうか…。

 

尾崎世界観さんが小説にあった描写が実際にあったことなのかについて、言及した情報は今のところ見つけられませんでしたが、実際の経験談であったとしても、なにごとにおいても平坦だけではないからこそ、尾崎世界観さんの人生の一部として深みを増しているのかもしれません。

 

まとめるならば、尾崎世界観さんにとって実家は、帰るたびに自分の「感覚」を思い出す場所

もしかすると、尾崎世界観さんが実家を出ると決意した時の「覚悟」も、実家に帰ると思い出されるのかもしれません。

 

また、尾崎世界観さんはファン心理に共感を呼び起こすべく、自分は寂しくいなければ、と心掛けているのだとか。。。

凡人にはわからない感覚かもしれませんが、尾崎世界観さんの持つ繊細さは、ある種、音楽へのひたむきさともとることが出来ますね!

 

クリック>>尾崎世界観の生年月日や本名は?学歴や経歴も気になる!

尾崎世界観に兄弟はいる?

 

尾崎世界観さんの父親、母親について紹介した際に、家族構成も記載しましたが、尾崎世界観さんには弟さんがいます。

弟さんも、ときに尾崎世界観さんのSNSに登場するのか、過去ツイッターには母親と弟と一緒に飲みに行ったというツイートを尾崎世界観さんがされていました。

弟さん、尾崎世界観さんとは似てはいませんが、系統の違うイケメンですね!

そして、尾崎世界観さんの家族として忘れてはならないのが、弟さんが拾ってきたという犬の「まるこ」です。

まるこは捨て犬だったそうで、箱に入ったまるこを抱えて弟さんが連れ帰ってきたそうです。

 

クリープパイプの「吹き零れる程のI、哀、愛(初回限定盤)」というアルバムの中にも「マルコ」という曲が収録されており、その曲の中で、尾崎世界観さんは突然我が家にやってきた「異星人」として愛犬に対する想いを詞につづっています。

曲の要所には実際の「まるこ」の鳴き声や動いている音も収録されており、さらには、クリープハイプ公式のグッズデザインにもまるこを起用。
尾崎世界観さんによる「まるこ」への熱の入れっぷりが凄いのです!

尾崎世界観さんにとって「まるこ」は、よほど愛して止まない大切な家族であったことが伺えます。

参考:クリープハイプ公式オンラインショップ

 

尾崎世界観の実家の住所はどこ?

 

尾崎世界観さんの気になる「ご実家の場所」についてですが。。。。

調べてみますと、東京都葛飾区お花茶屋周辺だとわかりました。

尾崎世界観さんが小学生の頃、お花茶屋に引っ越してきたという話を尾崎世界観さんご自身が雑誌のインタビューにて語っています。

ちなみに、18歳~21歳まで、尾崎世界観さんがはじめて一人暮らしをしたというアパートもお花茶屋の駅から少し歩いたところにあるのだそうです。

そして、尾崎世界観さんは地元が大好きだと公言しており、2019年12月10日にはTBSラジオで尾崎世界観さんがパーソナリティを務めていた「ACTION」という番組に、同じ葛飾区出身の武井壮さんをゲストに迎え、「愛すべき街、葛飾」について熱く語っていました。

 

他にも、一時期のクリープパイプ公式HPのビジュアル写真も尾崎世界観さんの地元・葛飾区で撮られたそうで、その場所はお花茶屋駅の近くの踏切!

 

クリープハイプのファンの間では葛飾区お花茶屋は有名であり、聖地として認識されています。↓

 

クリープハイプ(撮影:柏田テツヲ)

出典:https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2277112019049305&id=168577783236083

尾崎世界観さん、ご自身のラジオや公式HP写真にもご自身のルーツである葛飾区お花茶屋を含ませるなんて、地元愛が伝わってきますね。

ファンの間でもすでに聖地となっている葛飾区お花茶屋ですが、実際に訪れてみると尾崎世界観さんの育った子供の頃の片鱗を少しでも感じられるかもしれませんね!

「尾崎世界観の子供の頃や生い立ちは?父親母親兄弟、実家の住所も調査!」のまとめ

今回は、不思議で魅力的な個性を放っている、クリープハイプの尾崎世界観さんについて調べてみました。

ご実家の場所は、葛飾区お花茶屋で今やファンの間ではクリープハイプの聖地ともされており、葛飾のヒーローでもある尾崎世界観さん。

尾崎世界観さん自身で「変な子供」と自分の子供の頃を称すほど、独特な思考だったようですが、より詳しい生い立ちや尾崎世界観さんの父母弟さんに関しても、まだまだ紐解ける点がありそうですよね!

「世界観」という曖昧な表現で褒められても嬉しくないから、ならば「世界観」というワードを使えなくしてやろうと、自ら名乗る名前に「世界観」を入れてしまう天邪鬼で子供のような部分がある尾崎世界観さんですが、

一方で、自分の胸の内を赤裸々に楽曲や歌詞、作品へと落とし込む力に優れており、尾崎世界観さんが生み出す作品には共感や称賛があとを絶ちません。

尾崎世界観さんの作品の中には、音楽活動だけでなく、小説を執筆するなども含まれ、実に多才です。

処女作である半自伝小説「祐介」で話題を呼び、続く2021年1月に発売した二作目の「母影」では、第164回芥川賞の候補作に選出されるほどの反響がありました!

今後もクリープハイプとしての活動のみならず、尾崎世界観さんがどういった飛躍を遂げるのか、目が離せませんね!

尾崎世界観さんの作品を知りたい方はこちらチェック↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

犬も食わない [ 尾崎 世界観 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/3/7時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

身のある話と、歯に詰まるワタシ [ 尾崎世界観 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/3/7時点)

楽天で購入

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました