西川美和の映画でおすすめの作品ランキングは?素晴らしき世界の公開日や評判は?

西川美和の映画でおすすめの作品ランキングは?素晴らしき世界の公開日や評判は? エンタメ

西川美和。
1974年7月8日、広島県生まれ。46歳。

日本の映画監督で脚本家、小説家の西川美和さん。

西川美和さんは早稲田大学第一文学部美術史学専修を卒業しています。

大学在学中から映画の制作を志し、映画監督の是枝裕和さんに意気込みを見出され、『ワンダフルライフ』の映画製作にフリーのスタッフとして参加したのことが、西川美和さんが映画の世界へ入るキッカケだったとか。

 

数々の作品を世に送り出している西川美和監督ですが、どんなおすすめの作品があるのかな?

西川美和監督の作品の中でも、この作品は外せない!というおすすめの作品ランキングは?

また、西川美和監督の最新作、『すばらしき世界』が現在公開中です!

『すばらしき世界』の公開日や評判などの情報もご紹介します!

 

西川美和の映画でおすすめの作品は?1位『ゆれる』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆれる [ 西川美和 ]
価格:3344円(税込、送料無料) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

 

数ある映画評論の雑誌やサイトの中でも、高評価を獲得していることが多い作品。

それは、2006年制作の『ゆれる』です。

出演はオダギリジョーさん、香川照之さん。

 

兄と弟。女性が一人…ゆれる。

この映画の中で一番印象的。吊橋…ゆれる。

女性が転落死。事件か事故か?…ゆれる。

突き落とした?落としてない?…ゆれる。

彼は、許したのか?許せなかったのか?…ゆれる。

 

タイトルどおり、登場人物も、見ている観客も、最初から最後まで「ゆれる」作品です。

特に評価が高かったのが、出演している俳優さんたちの演技が最高にいい!特に香川照之さんの怪演が光ります!という評価でした。

 

西川美和の映画でおすすめの作品は?2位「永い言い訳」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

永い言い訳 [ 本木雅弘 ]
価格:3135円(税込、送料無料) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

 

次に評価が高かったのは2016年制作の「永い言い訳」です。

この作品は、直木賞候補にもなった西川美和監督の同名小説を映画化したもの。

出演は本木雅弘さん、深津絵里さん。

人間としてクズな男が妻を亡くして、亡くしてから分かる大切な妻の存在。

取り返せない事態にならないと大切なものに気づかない人間の愚かさを描いた作品です。

一言で言えばそんな映画ですが、見事なのはカメラアングル。セリフがなくても人物の感情が刺さるほどに分かる。

 

個人的には、男のクズっぷりが見事に表現されていると思いました。

男性だから、女性だから、とはあまり言いたくないですけど…。

女性目線で見るクズ男。

あ───!!(`Д´)ノいるいる!こういう男!!(-_-#)

 

西川美和の映画でおすすめの作品は?3位「ディア・ドクター」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】ディア・ドクター【Blu-ray】(特製ポストカード) [ モアリズム ]
価格:3971円(税込、送料無料) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

 

3位は、2010年日本アカデミー賞・最優秀脚本賞に輝いた、「ディア・ドクター」です。

出演は笑福亭鶴瓶さん、瑛太さん。

無医村の町医者のお話。

ここには医師は一人しかいない、村のみんなが彼を頼り、安心し、信頼する。

しかし。

「その嘘は罪ですか?」

そう、この映画のキャッチコピーが問いかけます。

 

物事の善悪。白と黒。

それだけでは計れない何かが、この映画にはあります。

前出2作品とはタイプが違って、見終わったあとに心に何かが染み渡るような、そんな作品です。

「映画.com」西川美和
https://eiga.com/person/54917/
「映画格付」西川美和
https://cinema-rank.net/list/50045

西川美和の映画【素晴らしき世界】の公開日や評判は?

さて、気になる最新作、「すばらしき世界」の公開日は、2021年2月11日から!

公開が始まったばかりですね!

主演は役所広司さん。

自身の著作を映画化することにこだわりを持っていた西川美和監督ですが、今回は佐木隆三さんの「身分帳」(1990年刊行)というノンフィクション小説を原案とし、現代版にアレンジを加えて映画化されました。

「映画.com」によると、「すばらしき世界」の評価は3.8。

注目作品ランキング2位です。

公開が始まったばかりなことを考えても、高評価なのではないでしょうか?

その中でも、やはり役所広司さんの演技が最高!という意見が多かったですね。

「役所広司を楽しむ映画」
「役所広司でなければ、ここまでの面白さや凄みのある人物像を作り上げることはできない」
「役所広司が期待を上回るほど見事」

 

また、橋爪功さん、六角精児さん、仲野太賀さん北村有起哉さんなどの一流の俳優陣が脇を固めていて、それぞれに味のある演技で魅せてくれています。

人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の再出発の日々を描いた作品ですが、重くなりすぎず、ところどころに笑いも散りばめられています。

最後には西川美和作品によく見られる、独特の雰囲気というか、余韻が感じられる作品です。

「この世界は本当に素晴らしいのか?」…考えさせられます。

「映画.com」すばらしき世界のレビュー
https://eiga.com/movie/92069/review/

まとめ

西川美和。

いつも、メッセージ性の強い作品を世に送り出している映画監督。

そして、シリアスなヒューマンドラマから、医師モノ、コメディまで、あらゆる角度から人間を描ける監督だと感じました。

セリフの無いところでも登場人物の心の動きを表現できる、カメラアングルや間の取り方など、人間をよく見て観察していないとできませんよね。

西川美和監督。まだ見ていない方はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました