テンパリングに失敗したらやり直しや再利用できる?失敗例や原因、簡単な方法は?

テンパリングに失敗したらやり直しや再利用できる?失敗例や原因、簡単な方法は? スイーツ系

2020年。なんだかよくわからないうちに終わってしまって…。(´⌒`。)グスン
2021年、明けましたね。
今年はぜひ良い年に。

お正月も過ぎて、もう来月はバレンタイン♪♪

最近は、好きな人にドキドキしながらチョコを贈る♪というだけではなく、仲の良い友達でも同僚でも気軽に贈りあったり、自分へのご褒美にチョコを♪という方も多いはず。

そんなとき、自分で美味しいチョコが作れたら!気分もアガること間違い無し!

それには「テンパリング」が重要です!

「テンパリング」とは、「1、焼き戻しのこと。2、1から転じて、チョコレートを溶かして固める作業における温度調整のカタカナ語。こちらは「調温」とも呼ぶ」─ウィキペディアより引用。

要するに!
チョコレートにツヤを出し、やわらかな口当たりとなめらかな口溶けにする、重要な工程です!

でも、この「テンパリング」、失敗しがちですよね。

チョコを作る段階で、一番にする工程なだけに、失敗するとやる気もなくなっちゃう。

そこで今回は、「テンパリング」を失敗しないよう、失敗の原因や簡単な方法を。

原因が分かれば、簡単な方法も見つかりますものね♪

また、万が一!失敗したときにやり直しが利くのか、再利用できるのか。

やり直せたり再利用できるなら、失敗も怖くない!(笑)

と、いうことで。調べてみました!

 

テンパリングに失敗したらやり直しできる?

テンパリングに失敗。チョコを作ったことのある人なら経験があるはず。
でも。
テンパリングはやり直しができます!

チョコレートの中にホコリなどが入ってしまうと風味や滑らかさが損なわれてしまうので、何度もチャレンジ!とはいきませんが、テンパリングのやり直しはできます。

 

ただし、チョコレートの中に水分が入った失敗の場合は、やり直しができません。

その場合は、次の章の再利用、を見てくださいね♪

ちょっとハードルが低くなったーー(笑)

なんと言っても大切なのは、チョコレートを焦らずゆっくり溶かすこと。

  1. 温度計を使い、60℃の湯煎で。ゆっくりとチョコレートを混ぜながら滑らかで光沢が出てくるまで根気強く。
  2. 光沢が出てきたら氷水に浮かべ、チョコの温度を27℃に下げてから再び湯煎で32℃まで上げます。

これがテンパリングの工程です。

ただ溶かすだけじゃないんですね!

そうするとチョコレートの中に含まれているいくつかの結晶が均等に混ざり合い、口溶けなめらかな美味しいチョコレートになるのです♪

あくまでも慎重に、丁寧に。優しく愛を込めて♪(笑)

もし失敗したら、*〜*間を、慎重に、繰り返しましょう。

 

テンパリングに失敗したときの再利用方法は?

もし。もしですよ。

何度もテンパリングに失敗した(ρ_;)という場合…。
落ち込まないでくださいね♪
美味しい再利用方法があります♪

 

① 熱い牛乳に溶かしてホットチョコレートに♪
ホットチョコレートは、普通に食べるより香りが強く感じられるうえに、体が温まってリラックス効果が高いという声もあって、テンパリングに失敗しなくても、作って飲みたいくらい!

 

② 沸騰した生クリームを加えてチョコレートスプレット♪
パンやホットケーキなどに塗れば、美味しいスイーツの出来上がりです♪

 

③ マフィンやクッキー、ガトーショコラなどの焼き菓子に混ぜて♪
焼き菓子にちょっと混ぜて焼けば、チョコ風味の焼き菓子になっちゃいます♪
焼き菓子に変身したら、もう失敗チョコではなくなりますね(笑)

 

④ お料理の隠し味に使ってみよう♪
カレーやビーフシチューの隠し味に、チョコを入れるとコクが出てスパイスの味が引き立つ…のは有名な話。
実は、ハンバーグやステーキソースにちょっと加えると、コクが出てオトナの味に♪
また、料理上手の中には鯖の味噌煮に入れたり、回鍋肉や煮込み料理に入れたりする方も。
確かに、味噌煮やトマト煮、チャーシューなどには合いそう♪

 

テンパリングの積極的な失敗を勧めているわけでは全くありませんが(笑)失敗しても、再利用方法はたくさんありますね♪

テンパリングの失敗例とは?

 

「途中でチョコレートが固まった」
「時間がたっても固まらない」
「チョコレートの表面に白いつぶつぶが出た、白い模様が入る」

 

テンパリングの失敗は、大きく分けて上の3つです。
どれも、再利用が可能なので怖がることはない!

でも、できることなら失敗せずに完璧なテンパリングを見せつけたい(誰に?)ですよね!

では、テンパリングに失敗する原因とは何なのでしょう??

原因が分かれば、先回りして失敗を潰せるはず!

原因を知って、完璧なテンパリングをお見舞いしてやりましょう!(だから、誰に??)

テンパリングに失敗する原因とは?

「途中でチョコレートが固まった」

これは、水分が入ったことが原因です。

湯煎や氷水で冷やす際、水が入らないように注意することが大事。

お湯を入れるボウルとチョコを入れるボウルの大きさは同じものを用意すると、水分が入りにくくなります。

また、氷水が多すぎるとボールに水滴ができて水分が入ってしまう危険が!

氷水はチョコレートが入っているボウルの底に当たるくらいに調節しましょう!

 

「時間がたっても固まらない」

 

溶かす温度が高かったことが原因の可能性が。

必ず、温度はきちんと計ってから溶かし始めましょう。

万が一、極端に温度が高いまま溶かしてしまうと、やり直しが効かなくなってしまったりすることも。

そのまま火にかける、なんて絶対NGですよ!

 

あせらず、ゆっくり慎重に、です♪

 

「チョコレートの表面に白いつぶつぶが出た、白い模様が入る」

これは、ファット・ブルームという現象です。

 

チョコレートを冷やすときに冷蔵庫で急激に冷やしてしまうと、起こることが多い現象です。

冷蔵庫ではなく、涼しい場所で冷やし固めましょう。

失敗例の多いものをご紹介しましたが、この他にも失敗の原因はあります。
失敗ばかり見てきて、なんだか面倒くさそう…。
もっと簡単にできないの??

 

テンパリングを簡単にする方法はある?

クックパットに話題入りのレシピが載っていました。

なんと、電子レンジでテンパリングができるようです♪

大まかにレシピをご紹介しますね♪

1、 板チョコ一枚を八等分するくらいの大きさに割り、耐熱容器に入れてラップをかける。
2、 電子レンジ600Wで1分50秒。700Wなら1分30秒加熱。
3、 よーく混ぜる。
4、 もう一度ラップをして600Wで1分10秒。700Wなら1分加熱。
5、 ボウルの底を氷水につけて2,3分混ぜながら冷やす。
6、 もう一度ラップをかけて600Wなら1分10秒。700Wなら1分加熱。
7、 よく混ぜて完成。

 

こんなに簡単でイイんですか?

確かめたい方は、クックパットで確認を♪

クックパット レシピ
湯銭不要!超簡単!!テンパリング by aochan☆

 

旭化成ホームプロダクツのHPにも湯煎、電子レンジともにテンパリングの方法が載っていました♪

電子レンジでの方が簡単そうだけど…。
コツは、一気に温めようとしないこと、だそうです。
一度1分ほど加熱したら、次からは5〜10秒位で取り出し混ぜる、を繰り返すこと。

やっぱりテンパリングは慎重に、ですね♪

旭化成ホームプロダクツHP
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/cookper/usage02.html

まとめ

「テンパリング」
チョコレートを手作りする時には、避けて通れない険しい道ですが(笑)準備と慎重さを忘れなければ、何も怖くない!

大事なのは、温度管理と丁寧さ。食べてくれる人を思いながら、またはそのチョコレートを食べるときの自分を思い浮かべながら(?笑)ゆっくり慎重に作業しましょう♪

また、一度失敗してもやり直せることもありますし、リメイクだってできる♪

怖がらず、面倒くさがらず、チャレンジしてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました