浅倉大介(access)は身長サバ読みしてて結婚はしてる?現在は激太りが原因で病気で倒れた?

浅倉大介(access)は身長サバ読みしてて結婚はしてる?現在は激太りが原因で病気で倒れた? タレント

浅倉 大介 (access) さんは、音楽プロデューサーであり、 貴水博之さんとのユニットaccessのキーボーディストとしても活躍しています。

浅倉大介 (access) さんの身長は実際のところ何センチでサバ読みしているのでしょうか。

また浅倉大介 (access) さんは結婚しているのでしょうか。

浅倉大介 (access) さんは現在、激太りが原因で病気になって倒れたとうわさされていますが本当でしょうか。

この記事では、浅倉大介 (access) さんの身長はサバ読みしているのか、浅倉大介 (access) さんは結婚はしているのかということ、浅倉大介 (access) さんが激太りで倒れたというのは本当なのかまとめていきます。

最後までお読みいただけると幸いです。

 

浅倉大介(access)の身長は?サバ読みしてない?

浅倉大介さんの身長をインターネット上で調べると、まず最初に出てくるのが176センチという数字です。

しかしよく調べてみると、167センチという記述が多く見られますし、他の人と写っている写真を比較してみても176センチはないように思われます。

 

176センチというのはどこから出てきた数字なのでしょうか。

浅倉大介さんは身長をサバ読みして発表しているのでしょうか。

このことについてはサバ読みしているのではないかという説が正しいようにも見えます。

浅倉大介さん、ディズニー好きとしても知られていますが、私がよく観ている「ヒルナンデス」のディズニーロケで「小っさ!」

と思ったことがあるんですよね。

その時、確かにこるんも一緒で並んだ時ににこるんより小さい?と感じました。

身長は167センチ。ヒールを履いたとしても、176センチならにこるんより小さいことなんて有りえませんよね?

 

 

しかし、176センチの6と7を入れ替えると実際の身長の167センチになるので、プロフィールを記入する際にあやまって書いてしまったのではないかということも考えられます。

 

サバ読みなのか、書き間違いなのか気になるところですが、訂正情報も出ていないし、どうして身長が176センチとなってしまったのか経緯もよく分からないので、現在のところはインターネットの検索では176センチと出てきてしまいます。

 

浅倉大介(access) は結婚してる?

浅倉大介さんに関しては調べてみる限り、結婚しているという情報は全くありませんでした。

ユニットを組んでいる貴水博之さんも結婚していないことから、浅倉大介さんは女性ではなく男性に興味があるのではないかといううわさすら出てきています。

 

一部女性ファンやそういう妄想を好む人から見れば、貴水博之(access)さんと浅倉大介さんの良好な関係は、疑惑の対象になるでしょう。

しかし、貴水博之(access)さんと浅倉大介さんの関係は、男同士の恋愛関係というものではなく、非常に良い仕事仲間なのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daisuke Asakura(@daisuke_asakura)がシェアした投稿

「有吉反省会」では そのようなところを突かれていましたが、非常な愛犬家で現在はゴールデンレトリバーを2頭飼っています。

犬から力をもらうことができるそうです。

どこに行くのも一緒で、犬がいなくては生活できない浅倉大介さんは女性よりもイヌに夢中のようです。

 

浅倉大介(access)の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daisuke Asakura(@daisuke_asakura)がシェアした投稿

浅倉大介さんは 東京都台東区出身で東京都立蔵前工業高等学校卒業。ダーウィン所属です。

 

1985年よりヤマハのシンセサイザー・ミュージックコンピュータの部門でシステム開発等に従事する傍ら、ゲームミュージックを制作。

また、TM NETWORKのサポートメンバーとして1987年から1989年までマニピュレーター、1990年から1992年までサポートキーボーディストを務めました。

 

2003年から2007年にかけては宇都宮隆さん、木根尚登さん、葛城哲哉さん、阿部薫さんによるTM NETWORKトリビュートライブに小室哲哉さんの代役として参加しています。

 

1991年11月、アルバム『LANDING TIMEMACHINE』でソロデビュー。1992年7月、貴水博之さんとのユニットaccessを結成しました。

同年11月にシングル『Virgin Emotion』でデビューし、1995年1月の活動休止までに15枚のシングル、3枚のアルバムをリリース。

『DRASTIC MERMAID』『MOONSHINE DANCE』『MISTY HEARTBREAK』など数々のヒット曲を手掛けています。

 

オリコン年間ランキング作曲家別セールスでは1993年にトップ60、1994年にトップ20入りを記録しています。

2000年3月の活動休止までに6枚のシングル、5枚のアルバムをリリースしました。

 

1998年から2004年にかけては、伊藤賢一さんとのユニットMad Soldiersとしても活動。コタニキンヤを共同プロデュースしました。

 

2001年1月、96年以来5年ぶりにソロ活動を再開。2002年9月、コンプリートBOX『21st Fortune』をリリースしました。

2004年3月から2005年3月にかけては、アルバム「Quantum Mechanics Rainbow」シリーズを7枚連続リリース。

2008年6月から2020年10月にかけては、配信限定シングル「DA METAVERSE」シリーズを38曲連続リリースしました。

また、DJとして2003年から2020年にかけてクラブミックスアルバム「Sequence Virus」シリーズを9枚リリースしています。

 

2002年1月、95年以来7年ぶりにaccessとしての活動を再開。

以降、2017年12月現在までに17枚のシングル、5枚のアルバムをリリースしています。

また、2010年2月には土屋公平さん、吉田建さん、屋敷豪太さんとのバンドSugar & The Honey Tonesとしてアルバム『SO SWEET!』をリリース。2018年1月には小室哲哉さんとのユニットPANDORAとしてシングル『Be The One』を、同年2月にはミニアルバム『Blueprint』をリリースしています。

近年はaccessおよびソロでの活動を中心に、コタニキンヤ.のスーパーバイズ、外部への楽曲提供など精力的な活動を続けているところです。

 

オリコン年間ランキング作曲家別セールスでは2005年にトップ60入りを記録。

2018年9月現在までに作曲を手掛けたシングルは155作。

うちオリコン週間ランキングにて1位を獲得したのは4作、5位以内にランクインしたのは38作、10位以内にランクインしたのは52作。

シングルの総売上枚数は約1280万枚という記録です。

 

浅倉大介(access)の現在は激太りが原因で病気で倒れた?

浅倉大介さんは、近年はバラエティー番組にもしばしば出演して、非常にトークでも魅力的な方で評判が上がっています。

それと同時に、浅倉大介さんが昔よりも太ってしまったという声も出ています。

「有吉反省会」に出演した際、太ってしまったことは運動不足だと本人も気にしていたといいます。

激太りの理由は運動不足以外にも食生活なども影響があるかもしれません。

浅倉大介さんの好きな食べ物は肉全般で、焼き肉、しゃぶしゃぶ、ステーキなどだそうです。

 

このように浅倉大介さんが太ってしまったということは確かなようですが、それが原因で病気になり、倒れたという事実は確認できませんでした。

 

2017年にツアーで体調不良を起こして休んだ際に、そのイメージが定着してしまい「倒れる」という言葉がインターネット上で先行しているようです。

 

まとめ


ここまで、浅倉大介さんについてまとめてきました。

プロフィールは素晴らしいのに身長のサバ読みや結婚、病気などについておかしなうわさがたってしまうのは、奇妙なところでもあります。

しかし、これからもミュージシャンとして、活躍していただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました