紀平凱成の障害は何で父親母親もピアニスト?年齢や高校、紀平梨花と親戚?

紀平凱成の障害は何で父親母親もピアニスト?年齢や高校、紀平梨花と親戚? エンタメ

「紀平凱成」という人を知っていますか?

きひら かいる、と読みます。

私は一度、何かのテレビに出演されているのを見たことがあります。

…そのときの印象??

「かわいい!高校生??年齢は?かわいい!」

男性にかわいい、は怒られるかな?(笑)

完全に若い子にきゃーきゃー言っているおばちゃんになってしまいましたね。

 

ピアニストって紹介だったけど、年齢は?高校生なら、高校は?

え?障害を持ってるの?どんな障害?

ピアノは、ご家族の影響で始めたのかな?

もしかしてお父さんもお母さんもピアニストだったり?

 

ご両親揃ってピアニストだったりしたら、すごいですよね!

「うち、父親も母親も、ピアニストなんだよねー」

…言ってみたい(笑)

紀平、ってあの梨花さん、紀平梨花さんと親戚なのかな?

完璧にミーハー根性で(笑)調べてみたいと思います!

紀平凱成の障害は何?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#大好きな人たちと🥰 #楽しいひととき

紀平凱成 キヒラカイル / kylekihira(@kihirakyle)がシェアした投稿 –

紀平凱成さんは3歳の頃、自閉スペクトラム症と診断されました。

 

自閉スペクトラム症とは、アスペルガー症候群とならんでASDと呼ばれるもので、社会的なコミュニケーションや他者とのやりとりがうまくできない、興味や活動が偏るなどの特徴をもっています。

─自閉スペクトラム症の子どもは人に対する関心が弱く、他人との関わり方やコミュニケーションの取り方に独特のスタイルがみられます。相手の気持ちや状況といったあいまいなことを理解するのが苦手で、事実や理屈に基づいた行動をとる傾向にあり、臨機応変な対人関係を築くことが難しく誤解されてしまいがちです。─

「こころの健康相談局 すまいるナビゲーター」より引用

https://www.smilenavigator.jp/asd/abc/02.html

 

私は、障害を持つ人たちに偏見を持っているつもりはありません。

ただ、自分と関わりがないから、どう接して良いのか分からないから、距離をおく、無関心でいる。

凱成さんの母、由起子さんは自身の著書「カイルが輝く場所へ;発達障害のわが子がピアニストとして羽ばたくまで」で思いを綴っています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カイルが輝く場所へ 発達障害のわが子がピアニストとして羽ばたくまで
価格:1430円(税込、送料別) (2020/10/31時点)

楽天で購入

 

 

──カイルのことをひとりでも多くの方に知っていただけるのなら、とてもありがたい─わたし自身、アーティストでもなければ、発達障害について語ることのできる医師でもありません。ひとりの母親です。ですから、読者のみなさんに専門的な情報をお伝えできるとは思えませんが、障害のありなしにかかわらず、目の前の壁を乗り越えようとしている方たちに小さな勇気を届けられたら望外の喜びです。──「はじめに」より抜粋

 

なにより、知ること。

 

その人を知ろうとすること。

 

知らないから、偏見が生まれる。

 

知らないから、差別してしまう。

 

関わらないから、関係ないから、目に耳に蓋をしてしまっていること。

 

その人を知ることで、自分の世界も少し広がるかもしれない。

 

由起子さんの文章は、そんな思いも起こさせてくれるような、優しさに溢れていました。

紀平凱成の父親と母親もピアニスト?

 

凱成さんのご両親は、お母さんが前述した本を執筆された紀平由起子さん、お父さんは紀平延久さん。

結論から言うと、お二人ともピアニストではありませんが、音楽と深い関わりが!

 

由起子さんは大学卒業後にメーカー勤務のかたわら、シンガーソングライターを目指していましたが、出産を機に子育てに専念。

 

由起子さんのご両親、つまり凱成さんの祖父母もかつて、バンドやフォークデュオを組んでいたそうです。

 

父親の延久さんも大学卒業後にサラリーマンをしながら音楽活動をしていました

 

そのころ、由起子さんと出会い、二人でバンドを組んだこともあるそう。

凱成さんは産まれた時から…産まれる前から、音楽に囲まれていたんですね!

 

物心つく頃には、延久さんの真似をしてドラムを叩き、由起子さんのエレクトーンを鳴らして遊んでいたそうです。

おじいちゃんもおばあちゃんも、お父さんもお母さんも音楽やってた、って。

もう、DNAに音楽の才能、って書かれてますね!(笑)

 

由起子さんは現在、ピアニストとして活動する凱成さんのサポートをしています。

 

ギターも弾ける延久さんは、時折凱成さんのピアノとセッションをして楽しんでいるとか。

 

音楽に溢れた家庭。素直に、いいなぁーーー。

 

そんな音楽に囲まれた凱成さん自身は、どんな高校生なのでしょうか。

 

紀平凱成の年齢や高校、プロフィール

凱成さんは、2001年4月2日生まれの19歳

 

13歳のときに東京大学と日本財団による、突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクト「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラーに選ばれ、16歳でイギリス音楽大学トリニティ・カレッジ・ロンドンの上級認定試験に100点中97点という高得点で合格。

 

異才発掘プロジェクトROCKET

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/events/z0211_00002.html

 

 

これまでに数人しか授与されていない奨励賞を受賞。17歳で同カレッジの学士資格を取得しました。

高校は、国立音楽院に通っていたようです。

 

うわぁ。。

 

私には全く接点のないような、華々しい単語が並んでいる──。

 

まず、100点中97点なんて何回かしか取ったことないし!(そこ?!笑)

文章にすると、ただただ素晴らしい!!

ですが、もちろん苦労もたくさんされたようです。

次の章では、経歴と、凱成さんの苦労、葛藤を見てみましょう。

 

紀平凱成の経歴は?

 

凱成さんは3歳の頃、自閉症と診断

 

数字やアルファベットや漢字などの記号に興味をもち、お絵かき帳いっぱいに書いていたそうです。

また、絶対音感を持っていて、一度聞いただけの音楽などもコーラスに至るまで完璧に記憶、再現できたといいます。

 

小学校に入ると、自分のスケジュールを分刻みで覚えていたり、数十年前の日にちの曜日が瞬時に分かる、一度通った場所の地図を完璧に記憶できるなど、特殊能力を見せ始め、ご家族を驚かせることも。

 

小学校高学年、中学生になった頃、感覚過敏の症状がひどくなり、テレビやドライヤー、

食器の当たる音や小さな子どもの声、そして、自分の弾くピアノの音にさえ、嫌悪感を覚えるようになってしまいます。

 

中3になると、聴覚に加えて視覚も過敏に。

 

人の顔を真っ直ぐに見れないなどの症状が現れます。

 

どん底に突き落とされたようだった、夢は絶たれた、と、母親の由起子さんは当時を振り返ります。

そんな困難の中、凱成さん、なぜかカプースチン*の曲だけは聴いたり弾いたりできたのだとか。

 

*ニコライ・カブースチン

ウクライナ出身のロシアの作曲家、ピアニスト、ミュージシャン。

1937年11月22日生〜2020年7月2日没

「クラシック音楽にジャズ言語を融合した独自のスタイルを生み出し、即興演奏(のように聴こえる奏法)を楽譜に書き込んだ表現、超絶技法が用いられた聞きやすいメロディなどが人気を集めました」TOWER RECORDS 追悼ニコライ・カブースチン より引用

 

 

それが突破口になって、2015年の「カプースチン祭り2015」に参加し、観客の前で演奏。

大きな自信につながったといいます。

 

ただちょっと転んだ、風邪引いた、ぶつけた。それだけでも母親はオロオロ心配してしまうもの。

それなのに、自分ではどうしてやることもできない、どうしてやったらいいのかすら分からない、そんな状況を、家族みんなで、何よりも凱成さんの音楽に対する純粋な情熱で、乗り越えて行ったんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

11/6(金)浜離宮朝日ホールで開催されるカプースチン追悼コンサートに出演します。 大好きなカプースチンの曲を気持ちを込めて、カッコよく弾きたいと思っています😊 凄腕の皆さんとご一緒できて、今からとても楽しみです😆 そして川上先生と同じコンサートに出演できるなんて、とてもhappyです✨ 初めての配信にもチャレンジです🎵 今からワクワクしています🥰 詳しくは→https://eplus.jp/kapustin/ 【お知らせ】 10月4日午後9時からNHKEテレ放送 『クラシック音楽館』で、カプースチンの追悼コーナーが放送されるそうです。 恩師の川上昌裕先生もカプースチンを演奏されるそうです! 22時20分頃からの予定だそうです。 とても楽しみにしています🎵 #カプースチン #kapustin #concert #追悼コンサート #クラシック音楽館 #川上昌裕 先生 #紀平凱成

紀平凱成 キヒラカイル / kylekihira(@kihirakyle)がシェアした投稿 –

TOWER RECORDS 追悼ニコライ・カブースチン

https://tower.jp/article/feature_item/2020/07/06/1103

紀平凱成 公式HP

https://kihirakyle.com/profile/

 

 

紀平凱成と紀平梨花の関係は親戚?

 

紀平梨花。

言わずと知れた、日本を代表するフィギュアスケート選手です。

紀平凱成。紀平梨花。

どちらも才能に溢れたトッププロ。

 

しかも、紀平、という名字、全国で2200人しかいないそう!

 

これはひょっとするとひょっとして!

と、思い、調べてみると。

そのものズバリ!な答えは出ませんでしたが、気になるHPを発見。

津市-東京事務所長日記

抜粋すると、

「─1月28日付の東京事務所日記でフィギュアスケートの紀平梨花さんが津市にゆかりのある方ということを掲載しました─凱成さんの公式ホームページから「津市にゆかりのある方ですか?」と投稿─お父様から返信メールがあり、「凱成さんの御祖父様が津市安濃町草生の出身で─恩仲寺にお参りに行かれる─」─凱成さんも梨花さん同様、津市安濃町草生に縁があり、凱成さんの御祖父様も梨花さんのご先祖様と同じ恩仲寺に眠られていること、驚きました」

 

すごい!

 

直接顔を合わせるような親しい親戚ではないのかもしれないけど、関係はありそう。。

もしかしたらご先祖さまにも、有名な紀平さんがいたりして!

畑は違えど、二人とも美しさを求めるお仕事。

 

芸術的な才能が、「紀平」さんには豊かなのかも!

二人の「紀平」これからも注目ですね♪

まとめ

始めは全くのミーハー心で調べ始めました。

でも、凱成さん、ご家族の葛藤、試練、困難などを知るにつけ、尊敬の念が湧き上がってきました。

凱成さんを一心に支え続けたご家族。

純粋に音楽を追い求めた凱成さん。

こんなに純粋に、一つの道を追い求める、そして支え続ける。

家族って、素晴らしいなぁ。

こんな言葉しか出てこない私が、情けない!!(笑)

私も言葉の道を、追い求めます!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました