サ道がドラマ化?あらすじやネタバレ原作漫画との違いは?

テレビ

2019年7月からテレビ東京で放送がスタートする「サ道」。人気漫画「サ道」がついにドラマ化されることになりました。

以前、アメトークで「サウナ芸人」を見たのですが、あれから私もサウナに興味津々だったんですよね!

テレ東のドラマ25(毎週金曜深夜00時52分~放送)の枠は「きのう何食べた?」や「フルーツ宅配便」など毎回面白い番組を作っているので個人的に毎回楽しみにしているんですよね。

今回の「サ道」の原作漫画は“サウナ伝道漫画”と呼ばれる全国のサウナー(サウナ好きの人たち)から絶大な人気を誇る作品でテレビ東京が初めて実写化します。

キャストには原田泰三さん、前回クールの「きのう何食べた?」にも出演していた磯村勇斗さん、人気子供番組にも出ている三宅弘城さん、宅麻伸さんも出演されます。

いったいどんな内容なのか気になりますね~。

サ道のキャストは?

ナカタ アツロウ…ネプチューン 原田泰造

職業:フリーランスのクリエーター。幼少期の思い出からサウナに苦手意識を持っていたが、ある人物との出会いによってサウナにハマる。全国各地のサウナに足を運ぶほどのサウナ好き。

偶然さん…三宅弘城

職業:営業マン。「偶然、偶然!」が口癖なので偶然さんというあだ名がついた。ナカタの問いかけに対し、いつもいい加減な対応をしてはイケメン蒸し男に制されている。

イケメン蒸し男…磯村勇斗

職業:経営コンサルタント。ナカタ曰く、サウナで蒸されている姿がイケメンだったのでイケメン蒸し男というあだ名に。冷戦沈着でサウナ愛がとても強い。

蒸しZ…宅麻伸

突如ナカタアツロウの前に現れた謎の男。

サ道のあらすじは?

主人公のナカタアツロウはもともとサウナに興味が無く、逆に苦手意識を持っていた為サウナを避けてきました。しかしある日、ナカタは「蒸しZ」という謎の男に出会い、サウナの気持ちよさを知ってしまいます。ナカタは偶然さんやイケメン蒸し男らと出会いながら全国各地のサウナ施設を訪れ、「サ道=サウナ道」を極めていくというストーリー。

全国のサウナ施設の紹介だけでなく、サウナの奥深さやオススメの入り方、マナーなども紹介していきます。

サ道の原作は?

原作者…タナカカツキ 1966年生まれ。大阪府出身。2013年に日本サウナ・スパ協会により公式サウナ・水風呂のすばらしさを世に知らしめるサウナ大使に任命される。また漫画「サ道」は「この漫画がすごい2017男編」で第10位にもランクインしている。
楽天ブックスで買うなら↓

↑スキマは会員登録なしで3万2千冊の漫画が無料で読めますよ~。

サ道作者のタナカカツキさんも無類のサウナ好きという事が分かりました。彼によると、サウナとは…大自然、宇宙との遊び

だそうです(*^_^*)

サ道のロケ地は?

公式サイトには発表はありませんが、原作通り全国のサウナが登場するのでしょうか?

登場するの?しないの?なツイッターがあったりしますが。

公式ツイッターにはオススメのサウナ施設の情報がアップされていくのでそちらも楽しみにしたいですね!

サ道 まとめ

アメトークの「サウナ芸人」を見てとても面白そうだな~と思っていたので、今回のドラマも楽しみにしています。

サウナ愛に溢れたキャスト、スタッフが作るドラマなので面白い事間違いなしだと思いますよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました