三澤世奈の経歴や出身高校大学はどこ?結婚や年収、江戸切子の作品の購入は?

三澤世奈の経歴や出身高校大学はどこ?結婚や年収、江戸切子の作品の購入は? TV情報

2020年8月25日放送『セブンルール』に出演する三澤世奈さん。

 

江戸切子??と初めて聞いた方もいるかもしれません。

 

そちらについては後ほどお伝えします。

 

三澤世奈さんの経歴は?出身高校大学はどこ?結婚はしてる?年収は?江戸切子の作品の購入方法は?

 

など、疑問が飛び交っています。

 

そこで、今回は

  • 三澤世奈の経歴やプロフィール
  • 三澤世奈の出身高校や大学はどこ?
  • 三澤世奈は結婚してる?
  • 三澤世奈の年収はいくら?
  • 三澤世奈の江戸切子の作品を購入する方法は?

 

についてご紹介します。

 

内容盛りだくさんとなっていますので、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

 

 

三澤世奈の経歴やプロフィール

 


まずは三澤世奈さんの経歴、プロフィールを見てみましょう。

 

名前:三澤世奈(みさわよな)

生年月日:1989年(31歳)

出身地:群馬県

職業:江戸切子職人。

 

大学3年生のときに親方である堀口徹さんの作品に感銘を受けた三澤世奈さん。

 

しかし当時は独立したばかりで堀口徹さんに弟子入りを断られてしまいました。

 

その後ネイル関連会社でのネイリストを経て2014年に堀口切子入社。

 

一度弟子入りを断れたのですが、その時はタイミングが合わなかったんです。

 

そして、江戸切子を諦めきれずにホームページをチェックしていた時に「求人募集」と書かれていたのです。

 

そこから三澤世奈さんの素敵な江戸切子が見れるようになったんですね。

 

美人江戸切子職人とも呼ばれている、三澤世奈さんの作品は色合いやデザインがステキで美しい江戸切子となっています。

 

そんな素敵な江戸切子の購入方法は後ほどお伝えしますね。

 

経歴やプロフィールの情報が少なく、お伝えする量が少ないですが、また何か分かりましたらお伝えしますね。

 

 

三澤世奈の出身高校や大学はどこ?

そんな三澤世奈さんの出身高校や大学はどこか調査しました。

 

まずは高校から。

 

残念ながら出身高校はわかりませんでした。

 

ですが、手仕事が好きで当時の夢はネイリストで、自分の好きなことで喜ばれる仕事をしようと心に決めていたそうです。

 

 

 

そして大学は明治大学商学部を卒業されています。

 

大学ではマーケティングついて学び、本当にやりたい仕事は何なのか考え、選んだのが江戸切子業界だったのです。

 

自分は何をしたいのか、考え直し、選んだ道が成功するとは限りませんが、その選んだ道をやりきるかどうかは自分で決める事は出来ます。

 

私もどんな道に進むのが正しいのか、悩みに悩みました。

 

少し遠回りはしたのですが、やっと自分のやりがいとなる仕事を見つける事が出来ました。

 

これが正しかったのかどうかはこれからの自分次第ですね。

三澤世奈は結婚してる?

そして、気になるのが結婚されているかどうかですよね。

 

年齢も考えると結婚していてもおかしくありません。

 

調べてみると結婚についての詳しい情報はありませんでした。。

 

Instagramのアカウントを持っていますが、全て江戸切子についての投稿でプライベートな事は投稿されていません。

 

なので、彼氏もいるかどうかも分かりませんでした。

 

また分かり次第お伝えします。

 

 

三澤世奈の年収はいくら?

三澤世奈さんの年収はどれぐらいなのか調査しました。

 

ですが、詳しい情報は公表されていません。

 

ガラス細工職人、ガラス製品製造職人全体の平均年収250万〜350万円となっています。

 

そんなには高くありませんが、江戸切子細工は人気伝統工芸品で賞与額も多いんです

 

そして、三澤世奈さんは2019年より自身のプロデュース、制作する『SEINA MISAWA』というブランドを立ち上げています。

 

となると、賞与、ブランドでの売上などを考えると、平均年収よりからは上がっているかもしれませんね。

 

 

三澤世奈の江戸切子の作品を購入する方法は?

5d9336cf96580376cb3ec5a6

(出典:公式HPより)

冒頭でも軽くご紹介しましたが、まずは江戸切子についてご紹介します。

 

切子(えどきりこ)とは、ガラスの表面にカットを入れる技術自体のことです。

 

江戸切子は、1834年(天保5年)江戸大伝馬町の びいどろ屋 加賀屋久兵衛が、金剛砂を用い、ガラスの表面に彫刻することを工夫したのが始まりです。

 

嘉永六年(1853)の黒船・ペリー来航の献上品の中に加賀屋の切子瓶があり、その細工にペリーが驚いたという逸話もあります。

 

そんな江戸切子を購入する方法はあるのかチェックしたところ、オンラインショップで購入できる事が分かりました。

 

 

「親方から教えていただいた伝統が、今の私を形作っています。だからこそ、一人じゃ何もできないことも自覚しています。そんな自分を認めると、やるべきことが鮮明に見えてくる気がするんです。この伝統を後世につなぐためにも、新しいやり方で新たなファンを作っていかなければ。そんな思いを持って、職人やブランドを続けています」と語っています。

 

三澤世奈さんの強い想いがより良い作品が仕上がるんですね。

 

少しお高めですが、綺麗なガラスでデザインも素敵な江戸切子なので、プレゼントにも良いかもしれませんね。

 

楽天市場でもステキな江戸切子を見つけましたよ!

 

まとめ

江戸切子職人として活躍する三澤世奈さんについてご紹介しました。

 

こんな素敵なガラスで飲む事が出来たらかなり心も落ち着いてうっとりしそうですよね。

 

もっともっと沢山素敵な作品を作っていく、三澤世奈さんの今後の活躍にも期待です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました