ヒヤロン(瞬間冷却材)の持続時間や正しい捨て方使い方は?再利用はできる?

生活

みなさん、ヒヤロン(瞬間冷却材)という商品はご存知でしょうか?

株式会社ロッテが製造している瞬間冷却材です。

ここ数年続く夏の猛暑で暑さへの対策意識が高まっており、快適に夏を過ごせるように且つ手軽に使える瞬間冷却材となっています。

 

そんなヒヤロン(瞬間冷却材)ですが、今年も暑い夏が来ている中で、ヒヤロン(瞬間冷却材)の持続時間は何時間なのか、正しい捨て方や使い方はどのようにするのか、再利用できるのかどうかが注目されています。

 

この記事では、ヒヤロン(瞬間冷却材)の持続時間について、正しい捨て方や使い方、再利用できるかどうかをまとめています。

 

では、いってみましょうー!

ヒヤロン(瞬間冷却材)の持続時間は何時間?

ヒヤロン(瞬間冷却材)の持続時間ですが、平均で20分前後とされています。

使用時の温度や状況により冷却時間が大幅に異なる場合もあるらしく、5分程度で終わってしまうときもあります。

 

炎天下で使用するときに、持続時間が短くなってしまう場合が多いので、日陰で使用するのが持続時間を少しでも長くする方法の1つとなっています!

 

炎天下の暑い中で、体温もかなり上がっている中でヒヤロン(瞬間冷却材)を使用しても、持続時間が短くなる可能性が高くなってしまうので、少しでも日陰である場所で使うのがいいですね~!

ヒヤロン(瞬間冷却材)を使うときでも、少しでも使える時間が長い方がいいはずなので、みなさんぜひ日陰を探してそこで使うようにしましょうー!

 

ヒヤロン(瞬間冷却材)の正しい使い方は?

ヒヤロン(瞬間冷却材)の正しい使い方として、ヒヤロン(瞬間冷却材)は外袋の中に薬剤と水袋が入っており、水袋が破れると水と薬剤が混ざって冷えるという仕組みになっています。

 

パッケージの構造から水袋が破れやすいようにしており、握って冷やせば使えるようになります

 

また、持続時間の方でも書いた通り、日向よりも日陰で使用するほうが長く持つので、日向や炎天下での使用は極力しないことをおすすめします。

 

前までは、水袋を破るのに少し大変な形になってしまってましたが、握るだけで水袋が破けて冷える仕組みの改良されたので、非常に使い方が簡単になりましたね!

気軽に使えるのがいいですねー!

ヒヤロン(瞬間冷却材)の正しい捨て方は?

ヒヤロン(瞬間冷却材)の正しい捨て方として、中身を開封して処分せずに、そのまま自治体の規定にしたがったゴミの日に出すと大丈夫です。

 

ほとんどの自治体は、もえるゴミとしての扱いになっています。

しかし、ヒヤロン(瞬間冷却材)の裏面の仕様書には、「燃えないゴミとして捨ててください」となっています。

自治体によっては、使用後のヒヤロン(瞬間冷却材)を燃えないゴミとしての扱いにしている地域もあるので、住んでいる自治体のゴミの分別のルールを確認する必要があります。

 

また、使用済のヒヤロン(瞬間冷却材)は袋の中で液体状態になるので、中の袋を開けて下水に捨ててしまう方もいらっしゃいます。

しかし、成分によっては下水に捨てることで詰まってしまうことがあるのと、下水汚染の要因にもなってしまうので、下水に捨てるのはなるべく避けた方がいいと言えるでしょう!

 

ゴミの分別は、自治体によって本当にルールが異なりますよね!ですので、捨てる際じゃ十分な注意が必要ですね!

また、汚染問題も色々と出ている状況になりますので、そこも注意しながら見ていく必要がありますね!

 

ヒヤロン(瞬間冷却材)は再利用できる?

ヒヤロン(瞬間冷却材)は再利用できるかどうかですが、再利用は基本的にできないようになっています。

 

ヒヤロン(瞬間冷却材)は、硝酸アンモニウムや尿素からできていますが、1度水に混ざって吸熱反応を起こしてしまうと、再び反応を起こすことはないとされています。

 

冷凍庫で冷やして凍らせば保冷剤として再利用することができるという説もあるみたいですが、ヒヤロン(瞬間冷却材)ではそれは難しいでしょう。

 

私も一度使って、その後冷凍庫で冷やして使えるかどうか実験してみましたが、1回目のような冷たさもなく、保冷剤のように持続的に冷たい感じもなく、ただ凍ったものが中で溶けている‥。という感じでした。

 

ヒヤロン(瞬間冷却材)は、やはり一度だけ使えるものであり、何回も再利用することはできないものとなっていますね!

一度使って、効果を実感したら何回も使いたくなりますよね!

ただ、再利用はできないみたいなので、この夏を乗り切るために事前にたくさん買っておく必要がありますね!

 

まとめ・感想

今回、ヒヤロン(瞬間冷却材)のことを調べてまとめるにあたり、この夏を乗り切るために必要なアイテムになってくるのかなと思いました。

 

今年の夏は、新型コロナウイルスの蔓延により、マスクをする方がほとんどになっています。マスクすることで、飛沫感染防止になっていますが、その分熱気が残り、熱中症になりやすくなってしまう状況ができてしまっています。

 

熱中症対策に、ヒヤロン(瞬間冷却材)を使用するのはとてもいいことだなと思いますし、寝るときのヒヤロン(瞬間冷却材)を使っていい眠りにつくこともできると思いますので、このような使い方も個人的にはおすすめかなと思います。

 

また、スポーツをよくやられる方もヒヤロン(瞬間冷却材)を使い、休憩時などに使いながら、疲労回復を早めていく効果もあるかなと思いますので、少しでも疲労回復を早めていくために使うのもいいかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました