笠原敬の経歴や出身高校大学やプロフィール!コロナ研究の内容や成果は?

笠原敬の経歴や出身高校大学やプロフィール!コロナ研究の内容や成果は? テレビ

新型コロナの収束に向けて第一線で活躍する医師、「笠原敬(かさはら たかし)」さん。

 

その姿はメディアにも数多く取り上げられ、その活躍に大いに期待が高まっています。

 

7月28日の「プロフェッショナル」にも出演されますよね。

 

そのためネットでは笠原敬さんの検索が急上昇。

 

笠原敬さんの経歴・出身高校大学・プロフィール、それにコロナ研究の内容や成果は?などなど・・・。

 

そういう私も笠原敬さんの事がもっと知りたくて色々調べてみましたので、その結果を皆さんにもご紹介します。

 

「笠原敬の経歴がスゴイ?」

 

「笠原敬の出身高校大学やプロフィール」

 

「笠原敬の勤める病院はどこ?」

 

「笠原敬のコロナ研究の内容や成果がスゴイ!」

 

など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

 

 

笠原敬の経歴がスゴイ?

まずは笠原敬さんの経歴からみていきましょう。

 

笠原敬さんは大学卒業後、奈良県立医大 第二内科にて初期研修を受けています。

 

研修医時代には呼吸器・血液疾患で、治療が難しいとされている感染症患者の治療を経験。

 

そのため、より多くの感染症患者を救いたちと考えるようになり、大学院へと進みます。

 

そこで博士号を取得し、奈良県立医科大学の感染症センターに勤務。

 

2009年にはペンシルバニア大学に留学し、エーデルスタイン氏に師事しています。

 

エーデルスタイン氏は感染症医であり微生物検査室ディレクター。

 

まさに感染症のエキスパートと言えるドクターなのです。

 

帰国後の2010年には、奈良県立医科大学感染症センターにて、講師、感染管理室長に就任し、2015年には准教授、その後は副センター長も経験し、2019年より奈良県立医科大学感染症センター長・病院教授を務めています。

 

本当にスゴイ経歴ですね。

 

まるで新型コロナが猛威をふるう現在の状況を予見していたかのようです。

 

 

笠原敬の出身高校大学やプロフィール

笠原敬さんの出身高校も気になって調べてみたのですが、残念ながらこちらの情報は公表されていないようです。

 

私の調査力不足で申し訳ありません。

 

笠原敬さんの出身高校に関しましては、ひきつづき調査を行ってまいります。

 

ですが、出身大学は確認することができました。

 

笠原敬さんの出身大学は奈良県立医科大学

 

こちらを1999年にご卒業されています。

 

そして同大学で研修医として過ごされ、感染症 専門医の道へと進まれます。

 

また、笠原敬さんのプロフィールも調べてみたのですが、残念ながらこちらにつきましても公表されていませんでした。

 

こちらに関しましても調査を継続してまいります。

 

何か分かりましたらすぐにお知らせしますね。

 

 

笠原敬の勤める病院はどこ?

笠原敬さんは現在、奈良県立医科大学感染症センターのセンター長として勤務されています。

 

感染症センターは、2003年に新設された新しい診療科。

 

感染症の診療と感染管理を主な業務としています。

 

一般感染症はもちろんのこと、エイズをはじめ様々な感染症の診療に取り組んでいます。

 

第一種感染症指定医療機関、エイズ中核拠点病院に指定されており、日本感染症学会のモデル研修施設、環境感染学会認定教育施設として診療・教育・研究を行い、日本の感染症治療において大きな役割を果たしています。

 

そして現在は新型コロナの感染予防と治療に全力で取り組んでいます。

 

 

*奈良県立医科大学 感染症センター

 

【所在地】 〒634-8522 奈良県橿原市四条町840番地

 

 

【お問合せ】 TEL 0744-22-3051

 

【FAX】 FAX 0744-24-9212

 

【e-mail】 cid@naramed-u.ac.jp

 

 

笠原敬のコロナ研究の内容や成果がスゴイ!

笠原敬さん率いる奈良県立医科大学感染症センターは新型コロナに関しましても様々な研究を行っています。

 

その代表的なものが先日発表された、新型コロナウイルスをオゾンにさらすことで感染力を減少させると実験で確認したというもの。

 

かねてよりオゾンには細菌やウイルスを無力化する効果があるとされていました。

そのため、すでにオゾンの発生装置は救急車や医療機関に導入されています。

 

しかしながら、オゾンの効果は新型コロナに関してはその効果は未確認という状況が続いていました。

 

ですが、ついにその効果が笠原敬さんらの研究グループによって確認できたというわけです。

 

これは新型コロナの収束にむけての大きな一歩と言われています。

 

実地での効果的な使用条件はまだ分かっていないものの、間違いなく大きな成果と言えるでしょう。

 

笠原敬さんは、今後もより一層の検証と研究を進め、一刻も早く医療現場などでの応用を目指すと語っています。

 

その実現のために、笠原敬さんは今も努力を続けているのです。

 

 

「笠原敬の経歴や出身高校大学やプロフィール!コロナ研究の内容や成果は?」のまとめ

本日は、新型コロナの感染予防や拡大防止に奮闘する医師 笠原敬さんに関する情報をお届けしました。

 

私たちを新型コロナの脅威から守るために、こんなに頑張っている医師がいると知って驚くと同時に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また新型コロナが日本で蔓延して、まだ半年もたたない間にこれだけの研究成果をあげた日本人がいるなんて本当にビックリです。

 

今はただ笠原敬さんの努力が報われて、新型コロナが収束してくれればと願うばかりです。

 

笠原敬さん、今後どのような取り組みで私たちをコロナ渦から救ってくれるのでしょう。

 

ますます笠原敬さんから目がはなせません。

 

皆さん一緒に笠原敬さんを応援していきましょう!

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました