永谷晶久の経歴やプロフィール、現在の活動や仕事は何?埼玉うどんのおすすめ店はどこ?

永谷晶久の経歴やプロフィール、現在の活動や仕事は何?埼玉うどんのおすすめ店はどこ? テレビ

「埼玉を日本一のうどん県にする会」の会長として活動している「永谷晶久(ながたにあきひさ)」さん。

2020年7月21日のマツコの知らない世界に出演されるのですが、

会の名前を聞いただけで、ちょっと興味がわいてきますよね。

 

そんな永谷晶久さん、最近ではメディアにも度々取り上げられて注目を集めています。

 

さらにツイッターやユーチューブでも積極的に情報を発信されています。

 

そのせいか、ネットでは永谷晶久さんの検索が急上昇。

 

永谷晶久さんの経歴やプロフィール、現在の活動や仕事は何?さらに埼玉うどんのおすすめ店はどこ?などなど・・・。

 

そういう私も永谷晶久さんの事がもっと知りたくて色々調べてみましたので、その結果を皆さんにもご紹介します。

 

「永谷晶久のプロフィール」

 

「永谷晶久の経歴は?」

 

「永谷晶久の現在の仕事や活動は何?」

 

「永谷晶久のおすすめ埼玉うどんのお店はどこ?」

 

など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

 

 

永谷晶久のプロフィール

まずは、永谷晶久さんのプロフィールからみていきましょう。

 

*永谷晶久さんのプロフィール

 

【名前】永谷 晶久

 

【生年月日】 1981年

 

【年齢】 39歳(2020年現在)

 

【出身地】 千葉県松戸市

 

【高校】 埼玉県立豊岡高等学校

 

【最終学歴】 東大(推定)

 

【職業】 某メーカー 総務部に勤務

 

 

永谷晶久さん、ご出身が千葉県となっていたのでビックリしました。

 

どうやら小学校の6年生の時に埼玉県入間市に引っ越して来られたそうです。

 

ですよね~~~でなければ、「埼玉を日本一のうどん県にする会」の会長は辞任していただこうかと思ってしまいました。

 

まぁ、私にはそんな権限はありませんが・・・。

 

 

永谷晶久の経歴は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スゴい!埼玉うどん王国宣言!! 全国のみなさまこれが令和の新常識です! [ 永谷晶久 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/7/21時点)

楽天で購入

 

 

つづきまして、永谷晶久さんの経歴をご紹介します。

 

千葉県から埼玉県入間市に引っ越して来られた永谷晶久さん、ある日入間市が主催するイベントにボランティアとして参加。

 

その際に永谷晶久さん、入間市の皆さんにとっても感謝されたことにたいへん感激します。

自分がこうやって町のためにボランティアに参加することによってこんなに喜んでくれる人がいるんだ・・・と、思うようになり、その後はますます積極的に参加するように。

 

そのボランティア活動に携わるうちに、「町おこし」に興味を持つようになったと永谷晶久さんは語っています。

 

そして、全国的にはあまり有名でない埼玉のうどん。

 

その埼玉うどんの素晴らしさを全国の人に届けたいという思いを持つようになったことで「埼玉を日本一のうどん県にする会」の活動に励むようになったそうです。

 

永谷晶久さん、埼玉うどんを通じて町おこしをするきっかけになったのはボランティアからだったのですね。

 

でも、本当にいい取り組みだと思います。

 

私も埼玉うどん・・・食べてみたいです。

永谷晶久の現在の仕事や活動は何?

 

この投稿をInstagramで見る

 

永谷がお会いした中でも1番美味しそうにうどんを食べているのが大野知事でした。 その理由は、啜る音が大きいのです。 うどんを啜る時に出る音は、近年インバウンドの影響の為か弱い音で食べる方が多く、食文化の変化を感じていました。 しかし、うどん屋さんの多くは、うどんの啜る音が豪快であれば、それを喜んでくれる方も多く、県内のうどん屋さんでもヒシヒシと感じていました。 大野知事は、元外交官であり国際的な食文化についての理解は充分にあります。そんな方が日本の食文化を大切にしている姿をみて、益々、埼玉のうどんを強く発信していきたいと思った1日でした。 (大野元裕埼玉県知事と、うどんサミットにて) #埼玉を日本一のうどん県にする会 #スゴい埼玉うどん王国宣言 #埼玉県知事 #大野元裕

永谷 晶久(@nagatani_akihisa)がシェアした投稿 –

そんな永谷晶久さん、お仕事は某メーカーの総務部に勤務しています。

 

総務部っていうのが永谷晶久さんっぽいです。

 

そして現在は、

 

「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」会長

 

熊谷市で開催の「全国ご当地うどんサミット」スペシャルサポーター

 

「東大うどん部」(東京大学うどん部)名誉顧問

 

といった役職につき、埼玉うどんのPRに励んでいます。

 

永谷晶久さんによると、埼玉県内のうどんの種類は少なくとも25種類以上もあるのだとか。

 

そして、県内はもちろん県外の方へのPRの一環として「うどん打ち体験」「食べ歩きツアー」の企画・運営を行っています。

 

熱いですね・・・永谷晶久さん。

 

見た目からは想像もつきません。

 

ますます永谷晶久さんに興味がわいてきました。

 

 

永谷晶久のおすすめ埼玉うどんのお店はどこ?

永谷晶久さん、以前受けたインタビューで、ご自身のおすすめ埼玉うどんのお店をあげています。

 

そのお店とは・・・

 

*武蔵野うどん

 

*ずりあげうどん

 

*山田うどん

 

*鳩ヶ谷ソース焼きうどん

 

*元祖 熊谷うどん 福福

 

こちらの5店です。

 

「武蔵野うどん」は、埼玉県所沢市の名物。

 

麺は皮に近い部分の小麦で作られるため、色は灰色、そして硬い麺が特徴です。

 

そして私が最も気になったのは「鳩ヶ谷ソース焼きうどん」

ネーミングからして魅惑的です。

 

「鳩ヶ谷ソース焼きうどん」は「日本5大焼きうどん」のひとつと言われているそうです。

 

こちらのうどんは、かつての鳩ヶ谷市長と商工会青年部が町おこしのためのご当地グルメとして開発されたもの。

 

横手焼そばや小樽のあんかけ焼きそばをイメージしたと伝えられています。

 

その特徴は何といっても特製オイスターソース。

 

こちらは、地元に工場があるブルドックソースと共同開発されており、特製オイスターソースとかつおをベースにしたB級グルメには欠かせないもの。

 

あらゆるものが地元埼玉産っていうのも素晴らしいです。

 

そして「元祖 熊谷うどん 福福」は「肉汁うどん」がとっても美味しいと評判のお店。

麺は熊谷産あやひかりを100%使用。

 

小麦本来のモチモチ食感が楽しめて、最高の味に仕上がっています。

 

つけ汁には埼玉県特産の「彩の国黒豚」が・・・。

 

こちらにも地元食材がたっぷり。

 

埼玉・・・なかなかやりますね。

 

マツコの知らない世界で紹介されたお店はどこ?

それでは「マツコの知らない世界」で紹介された美味しい埼玉うどんのお店を紹介します!

本手打うどん 庄司

こちらのお店は大食いチャレンジのお店としても有名で、数々の大食い達人が訪れています!

あのギャル曽根さんも来られていますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

有吉ゼミの撮影でギャル曽根さんがご来店された時の1枚。 40分以内に味噌煮込み6.5kgのチャレンジメニューに挑戦! 時間内には食べきれませんでしたが見事に完食して帰られました #ギャル曽根#大食い#デカ盛り#チャレンジメニュー#味噌煮込み#6.5kg #有吉ゼミ#デカ盛りハンター #庄司グループ#本手打ちうどん庄司#埼玉県#埼玉うどん#川島町#武蔵野うどん#うどん#肉汁うどん#すったて#呉汁#s級グルメ#s級グルメ認定店 #うどん店を開業したい方限定#手打ちうどんスクール#生徒随時募集中

本手打ちうどん庄司(@shojigroup)がシェアした投稿 –

(出典:公式HP)

【 住所 】埼玉県比企郡川島町上伊草743-9
【 TEL&FAX 】049-297-7703
【 営業時間 】10:30~15:00 L.O 14:30
※売れ切れ次第終了
【 定休日 】不定休

「永谷晶久の経歴やプロフィール、現在の活動や仕事は何?埼玉うどんのおすすめ店はどこ?」のまとめ

本日は、「埼玉を日本一のうどん県にする会」の会長 永谷晶久さんに関する情報をお届けしました。

 

永谷晶久さん、なかなかユニークな方でしたね。

 

でも、町おこしのために熱い心意気で埼玉うどんのPRに取り組む永谷晶久さん・・・本当に立派だと思います。

 

私も考えさせられることがたくさんあって、いい刺激になりました。

 

そんな永谷晶久さんの気持ちに応えるために、まずは「鳩ヶ谷ソース焼きうどん」を食べに行きたいと決意を固めたところです。

 

えっ・・・そこ・・・?

 

松永晶久さん、今後はどんな活動を通して埼玉うどんの素晴らしさを届けてくれるのでしょう。

 

ますます松永晶久さんから目がはなせません。

 

皆さん一緒に松永晶久さんを応援していきましょう!

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました