あおり運転厳罰化はいつから?違反内容や罰則は何で点数は?自転車も対象で即免許停止になる?

生活

数年前から『あおり運転』に対して多くのニュースが取り上げるようになりましたよね。

中には亡くなってしまう方、怪我をしてしまう方もいて、本当に危険です。

今回そのような悪質なあおり運転をするドライバーに対して厳罰化の法律が出来ました。

一体このあおり運転厳罰化はいつからなのか?またそのあおり運転の内容や罰則の基準は何なのか?

あおり運転厳罰化はいつから?

あおり運転厳罰化 を盛り込んだ改正道交法が2020年6月30日から施行されます。

このあおり運転厳罰化は、他の車の通行を妨げる目的での逆走、急ブレーキ、車間距離不保持など10個の行為を対象としています。

ではその10個の罰則の内容を見てみましょう。

あおり運転厳罰化の違反内容や基準は?

 

あおり運転の対象10種類の違反とは?

  1. 対向車線にはみ出す
  2. 急ブレーキをかける
  3. 車間距離をつめる
  4. 急な進路変更(割り込み)
  5. 危険な追い越し
  6. 執拗なパッシング
  7. 執拗なクラクション
  8. 幅寄せ、蛇行運転
  9. 高速道路での低速走行
  10. 高速道路での駐停車

 

このような内容になっていますが、割と曖昧な規定では?と言われていますね。

 

例えば、「車間距離を詰める」とはどのくらいの車間距離なのか?

 

個人の解釈によって違いますよね?

ある情報では「前の車が急ブレーキを踏んだ際に事故が起きるような距離なので、スピードによっても違うケースバイケース」だそう。

高速道路と一般道でもこの車間距離は変わってくるということでしょうね。

 

また「著しい危険を生じさせる行為」とは何なのか?

については

「条文上では高速道路に停車させる行為が著しい危険。あとは前に割り込み急ブレーキをかけるなどして交通事故を避けるために急ハンドルを切らないといけない場合など、事故が起きる本当にギリギリの状態を想定している」とのことです。

あおり運転厳罰化の罰則は何?

令和2年(2020年)改正道路交通法ポスター

 

これまでは「幅寄せ」「割り込み」「急ブレーキ」などは「暴行罪」として2年以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられていました。

 

しかしこのような「交通を妨害する目的で交通の危険を生じさせる恐れのある方法により一定の違反をした場合」には

3年以下の懲役、または50万円以下の罰金免許取り消し(欠格期間2年)となります。

 

さらにそれらの行為によって「著しい危険を生じさせた場合」には

5年以下の懲役、または100万円以下の罰金免許取り消し(欠格期間3年)となります。

 

 

自転車もあおり運転の対象になる?

車のあおり運転も問題になっていますが、最近では「自転車」によるあおり運転も問題になっています。

今回、この罰則化は自転車にも適用され、違反すると罰則もあります。

では、自転車のあおり運転とはどのようなものが対象になるのでしょうか?

  1. 逆走
  2. 幅寄せ
  3. 進路変更
  4. 不必要なブレーキ
  5. 執拗なベル
  6. 短い車間距離
  7. 追い越し違反

 

このような妨害運転は罰則の対象になります。

また違反すると、

14歳以上以上が3年間で2回以上摘発されると、安全講習の受講義務付けがあります。約6000円程度の講習料金がかかります。

しかし、従わない場合は5万円以下の罰則となります。

 

それにしても、自転車って運転免許もないし、教習所もありません。

自転車に乗っている子どもたちは分からずに乗っていますね。私も子供の頃から乗っていますが、何をしたらだめなのか?

昔は車道を走っていたらドライバーから「歩道を走れ!」と怒られたこともあります。

明らかな妨害運転は駄目ですが、どのような行為をしてはいけないのか、子供のうちからしっかり教えてもらえる場があればいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました