池田鉄洋【アンサングシンデレラ】の経歴や出身高校は?結婚して嫁子供はいる?

池田鉄洋【アンサングシンデレラ】の経歴や出身高校は?結婚して嫁子供はいる? アンサングシンデレラ

ドラマ「アンサングシンデレラ」に出演する俳優、「池田鉄洋」さん。

 

その個性的なキャラクターで、すでに数多くの作品にも出演。

 

演技力も高く評価されていて、もはやドラマや映画には欠かせない存在です。

 

そんな池田鉄洋さんの事がもっと知りたくて、色々調べてみましたので、その結果を皆さんにもご紹介します。

 

「池田鉄洋の出身高校大学は?プロフィールも!」

 

「池田鉄洋の経歴は?名バイプレーヤーになる?」

 

「池田鉄洋は結婚して嫁子供いる?」

 

「池田鉄洋の性格は?」

 

「池田鉄洋の演技の評判は?」

 

など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

 

 

 

池田鉄洋の出身高校大学は?プロフィールも!

まずは、池田鉄洋さんの出身高校と大学からみていきましょう。

 

池田鉄洋さんは、神奈川県立元石川高等学校 普通科を卒業し、國學院大學へ進学

 

そして同校を卒業されています。

 

國學院大學は文系の私立大学で、神社本庁の神職資格を取得できる神職過程がある珍しい大学。

 

らしいと言えばらしいのですが、池田鉄洋さん・・・神職の資格でも取るおつもりだったのでしょうか?

 

ちなみに女優の木南晴夏さん、俳優の賀集利樹さん、それに映画監督・プロデューサーの角川春樹さんも國學院大學をご卒業されています。

 

なかなか個性的な大学のようですね。

 

ではあらためて、池田鉄洋さんのプロフィールをご覧いただきましょう。

 

【本名】 池田鉄洋(いけだ てつひろ)

 

【愛称】 池鉄(イケテツ)

 

【生年月日】 1970年10月31日

 

【年齢】 49歳(2020年6月現在)

 

【出身地】 東京都練馬区

 

【血液型】 AB型

 

【身長】 175センチ

 

【体重】 65キロ

 

【趣味】 神社仏閣巡り、雑貨集め、ベランダガーデニング、

 

【特技】 水泳、スキー、キャンプ、イラスト

 

【活動内容】 俳優、脚本家、演出家

 

【所属グループ】 なし

 

【事務所】 ホリプロ

 

 

池田鉄洋さん、アラフィフだったんですね。

 

年齢を感じさせない不思議な存在感・・・素敵です。

 

そして池田鉄洋さん、脚本家や演出家としても活動されているのですね。

 

こういった活動も池田鉄洋さんの演技に活かされているのかもしれません。

 

いずれにしてもマルチな才能をお持ちのようで、ますます興味がわいてきました。

 

意外なことに、特技は水泳、スキー、キャンプなど。

 

勝手にインドアなイメージを持っていたので、ちょっとビックリです。

 

池田鉄洋さん、意外性のカタマリですね。

 

 

 

池田鉄洋の経歴は?名バイプレーヤーになる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

メリークリスマス。1/2、またジーニアス黒田やらせていただきます。 #忘却のサチコ

池田鉄洋/池田テツヒロ(@ikedatetsuhiro)がシェアした投稿 –

ではつづいて池田鉄洋さんの経歴をご紹介しましょう。

 

池田鉄洋さんは2004年に劇団「猫のホテル」でコントユニット「表現・さわやか」を立ち上げます。

 

その後、劇作家、演出家など活動の幅を広げ、現在は俳優として活躍。

 

すでに多くの作品にも出演し、名バイプレーヤーとして注目されています。

 

俳優としては、2005年に出演した「TRICK」・「医龍-Team Medical Dragon-」での個性的な役まわりがたいへんな反響を呼び、一躍人気者に。

 

演出家としても、2009年に放送されたテレビドラマ「子育てプレイ」にて、その才能を発揮しています。

 

そして、2011年には、映画「行け!男子高校演劇部」に出演。

 

こちらの作品は、男子校を舞台とした青春コメディー映画で、池田鉄洋さんが演じたのは演劇部顧問で理科教師のアイドルオタク、神田宗典。

 

とってもユニークな役でした・・・。

 

さらにこの作品では初めて映画の脚本も手掛け、そのマルチな才能が高く評価されました。

 

そして2012年、20年間所属していた劇団を退団。

 

その後、同年に出演したドラマ「ストロベリーナイト 第9話~最終話「ソウルケイジ」での演技がたいへんな話題となり、現在の地位を確かなものにしています。

 

池田鉄洋さんの役・・・いつも変わっていて、面白い役どころが多いです

 

これは池田鉄洋さんじゃなきゃダメ・・・っていう役ばかりですよね。

 

池田鉄洋さん・・・さすが名バイプレーヤーと言われるだけの事はありますね。

 

 

 

池田鉄洋は結婚して嫁子供いる?

そんな個性派俳優 池田鉄洋さんのプライベート、気になりますよね。

 

ご結婚はされているのか、それにお子さんは?

 

早速調べてまいりました。

 

その結果、池田鉄洋さんは2014年3月9日に一般女性と結婚されています。

 

その時池田鉄洋さんは44歳。

 

そして当時、奥さんは30代の半ばだったそうです。

 

お二人の出会いのきっかけは、池田鉄洋さんが出演した舞台。

 

池田鉄洋さん、観客席にいる奥さんを見て、ひとめぼれしてしまったそうなのです。

 

そしてどうしてもお付き合いしたくて、関係者をかたっぱしから当たります。

 

すると、同じ俳優の野間口徹さんの知り合いであることが判明

 

無事に野間口徹さん紹介していただき、ついにデートにこぎつけます。

 

そして、池田鉄洋さん・・・なんと初めてのデートで奥さんにプロポーズ!

 

その後1年の交際を経て、無事に結婚。

 

今では2人のお子さんにも恵まれ、幸せな家庭をきずいています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2歳のムスメの日課。朝起きたら(子供用の)マニキュアを塗る。女子力!

池田鉄洋/池田テツヒロ(@ikedatetsuhiro)がシェアした投稿 –

池田鉄洋さんのインスタには2歳の娘さんも登場していますよ♡

可愛がっている様子が伝わりますね!

 

いや~さすが演出家。

 

ドラマチックですね・・・池田鉄洋さんらしからぬエピソードで本当に驚きました。

 

残念ながら奥さんやお子さんに関する詳細は公表されておりませんが、池田鉄洋さんを良く知る方によると、とっても仲のいいご家族なのだとか。

 

そうなんですね~うらやましいです。

 

ちなみに池田鉄洋さん・・・入籍は3月9日

 

すでにピンときた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そう、池田鉄洋さん・・・レミオロメンが発売した楽曲「3月9日」のMVに出演しているのです。

 

その記念の意味も込めて、3月9日に入籍されたそうです。

 

なんという心温まるエピソード。

 

逆に池田鉄洋さんのイメージにとってはマイナスかも・・・。

 

 

 

池田鉄洋の性格は?

ネットで池田鉄洋さんを検索すると、「性格」と出てくるようで、これがちょっとした話題になっているようです。

 

ナゾです・・・おそらく誰かと勘違いされてのことなのでしょう

 

もちろん池田鉄洋さんの性格がどうという情報は公表されておりません。

 

でも、池田鉄洋さん・・・スタッフさんや共演者、それに関係者の評判はとってもいいようです。

 

テレビとはうらはらに、普段はとっても優しくて繊細な方と言われています。

 

実際、優しそうな感じしますよね・・・池田鉄洋さん。

 

普段からあんなに面白いのか興味がありますが。

 

いえ、そうであってほしいと願っています。

 

 

 

池田鉄洋の演技の評判は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

チコちゃんに叱られるに出演させていただきました。明日、再放送あります。

池田鉄洋/池田テツヒロ(@ikedatetsuhiro)がシェアした投稿 –

こちらも気になります・・・池田鉄洋さんの演技に対する評判。

 

ネットや雑誌など、片っ端からあたってみました。

 

でも結果に関しては言うまでもありませんよね。

 

池田鉄洋さんの演技、とっても評判がいいようです

 

やはり個性的でクセが強めな役が多く、それを見事に演じきっているだけでも大したものだと思います。

 

そもそも評価されていなければ、こんなにオファーは殺到しませんよね。

 

もはや池田鉄洋さんが演じられない役は無いといっても過言ではないでしょう。

 

 

 

「池田鉄洋【アンサングシンデレラ】の経歴や出身高校は?結婚して嫁子供はいる?」のまとめ

本日は、アンサングシンデレラに出演する個性派俳優の池田鉄洋さんに関する情報をお届けしました。

 

池田鉄洋さんのお芝居、本当に面白いです。

 

おまけに脚本も書けて演出もできるなんて、まさに役者の鏡。

 

本当に恐れ入りました。

 

池田鉄洋さん、今後はどんな演技で私たちを楽しませてくれるのでしょう。

 

池田鉄洋さんによる脚本・演出、そのうえ主役・・・そんなドラマや舞台もみてみたいですね。

 

ますます池田鉄洋さんから目がはなせません。

 

皆さん一緒に池田鉄洋さんを応援していきましょう!

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました