9月入学になったら学年区切りはどうなる?早生まれはいつになって保育園幼稚園は?

9月入学になったら学年区切りはどうなる?早生まれはいつになって保育園幼稚園は? 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの影響は会社だけでなく、学生の学校生活にも影響が出ています。

 

通常ですと学生は4月に入学や進級をし、勉強を始めるのだが、入学式のみ行われて、新学年で勉強がスタートできずにいるのが現状です。

 

ここで1つ話題となっているのが、9月入学で学校生活をスタートさせるという案です。学生の夏休みまでの期間を待期期間とする案です。

 

しかし、9月入学になった場合、通常の進級と異なるので学年の区切りはどうなるのか?という問題点が出ています。

 

また、誕生日の関係で早生まれの方の保育園や幼稚園の入学をいつにするのかも問題点として挙がっています。

 

この記事では、9月入学になった場合の学年の区切りはどうなるのか?また、早生まれの場合、保育園や幼稚園はいつからスタートできるのか?をまとめています。

 

 

9月入学になったら学年の区切りはどうなる?

通常ですと、2020年4月~2021年3月までの1年間に学習予定だったものが遅れています。

 

これを9月入学・始業をすることによって、2020年9月~2021年8月までを学習期間として確保するということです。

 

4月入学・始業から9月入学・始業に変わると、新年度はこのように変更されることが予想されます。

[現状]

4月2日~翌年4月1日までが1学年

 

[新(予想)]

9月1日~翌年9月2日までが1学年

 

しかし、学年をどこで区切るのか?という問題がここで出てきます。

 

9月始業になることによって、9月2日から翌年4月1日までに誕生日を迎える学生は予定通り進級するものの、4月2日生まれから9月1日生まれの学生はもう一度同じ学年を繰り返すという理屈が通用してしまうことになってしまいます。

 

そうすると、本来同学年だったはずのクラスメートが、上の学年と下の学年に分かれてしまう可能性があります。

 

これが本当に起こってしまうと、かなりの混乱と世間の反発がかなり出ることが予想されます。

 

また、もう1つの案として、現状通りの4月2日~翌年4月1日生まれで学年を区切るという方法です。

 

入学・卒業のタイミングだけ9月にスライドし、学年のメンバーに変動が出ないようにする方法です

 

そうすると、学年が変わるなどの心配がなくなることになります。

 

しかし、学年の区切りが従来通りなのに入学・卒業だけ9月に変更されるというのはスマートではありません。

 

ですので、学年の区切りに関しては、今後の政府の対応に注目されるポイントとなります。

 

9月入学になったら早生まれはどうなる?

9月入学・始業に変わると、新年度は9月2日から始まる可能性があります。

 

そうすると、早生まれは1月1日~9月1日までの生まれる子供を指すことになります。

 

今現在3カ月しかない早生まれ期間が8カ月に増えるとなると、相当違和感があります。

 

これまで通りの3カ月間を早生まれ期間とするならば、6月1日~9月1日までの間に生まれた子供を早生まれとして、教育関係も行う必要が出てくるので、これもまた課題の1つになりそうです。

 

9月入学で保育園や幼稚園はどうなる?

保育園や幼稚園も9月入学となった場合、預ける親御さんに影響が出ることが予想されます。

 

・保活活動が大変

・育児休暇期間が変わってしまう

・慣らし保育期間が変わってしまう

・妊活のスケジュールが変わってしまう

 

このような影響が挙がってしまっています。

 

また、9月入学のメリットとデメリットをまとめます。

 

メリット

・育児休業の期間が半年延長される可能性があり、子供と一緒に過ごす時間が増える

・小学校受験をする場合、受験シーズンの雪の影響やインフルエンザなどの心配が減る

・海外の入学と同じ時期なり、留学などしやすくなる

 

デメリット

・卒園式や入学式の桜がない

・夏の猛暑、炎天下で入園式や卒園式を行うことになる

・台風シーズンで、式が延期・中止になる可能性がある

・運動会や修学旅行の時期が変わる

・夏休みに、受験や入学準備が必要となる

 

とデメリットが多く発生してしまう可能性があります。

 

なお、上記のメリット・デメリットに関しては、下記の記事を参考にしまいます。ご確認ください。

 

 

9月入学になったら卒業式は8月?

9月入学になった場合、卒業式は8月に行うことが予想されます。

 

9月入学になった場合、3学期が終わるのが夏休みに入る前となるので、真夏に行われることになります。

 

そうなると、暑い季節に体育館に集まることになるので、長い式典になると熱中症の心配もありますので、注意が必要になってしまいます。

 

卒業式に関しても、下記の参考にしています。ご確認ください。

 

 

9月入学になったら夏休みは?

9月入学なった場合、夏休みとなる月は1月になりますので、通常ですと冬休みとなるときに夏休み程度の休み期間となることが予想されます。

 

しかし、夏休みのおよそ40日間の休みを1月に本当に取れるのかという問題点が出ます。

 

そもそも夏休みは、夏の暑さで勉強ができないので長く休みに使用という前提で作られたものです。

しかし、現在学校では全教室にエアコンを完備し、ここ最近の夏の暑さに対応しているので、夏休みが短くなっている学校もあります。

特に夏休みを長くとる必要もなくなっているように感じますね。

1か月の長期間の休みを取るよりも、少しの短い期間で春夏秋冬で休みを分散する…という新たな制度にしてもいいんじゃないかな~と思ったりもします。

 

まとめ・感想

9月入学になる可能性があるなかで、問題点が多々あり、課題が山積みになる中でどのように国の対応が注目されていると思います。

 

学生のお子さんを持つ親御さんや、学生に立場になったときに、9月入学にしたときの対応が複雑になりそうな感じがしました。

 

国や政府の対応によって、かなりの批判も出てくると思うので、自分も注目しながら見たいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました