学校9月始まりの可能性は?海外を参考にメリットや問題点は?

学校9月始まりの可能性は?海外を参考にメリットや問題点は? 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの影響が日本社会に大きなダメージを与えています。

 

経済の停滞や医療環境の悪化。

 

そして学校の休校措置が長引くことによって懸念される教育の格差問題。

 

勉強だけでなく、たくさんの学校行事が中止になってしまい、学生の皆さんは本当にお気の毒です。

 

そして、そんななか浮上したのが9月入学制への移行

 

子供たちはもちろん、保護者にとってもたいへん気になる問題です。

 

そこで今回は、学校9月始まりの可能性について色々調べてみましたので、その結果を皆さんにもご紹介します。

 

「学校9月始まりの可能性が出てきたのはなぜ?」

 

「学校9月始まりの可能性はある?」

 

「学校9月始まり、海外ではどうなってる?」

 

「学校9月始まりのメリットは?」

 

「学校9月はじまりの問題点は?」

 

「学校9月始まりのみんなの声は賛成?反対?」

 

など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

学校9月始まりの可能性が出てきたのはなぜ?

そもそもなぜ学校9月始まりの可能性が議論されるようになったのでしょう・

 

それは新型コロナによって学校の休校状態が続き、子供たちの学ぶ権利が失われ、学力の格差が広がってしまったためです。

 

そして、この休校措置がさらに長引くという可能性も指摘されています。

 

これはかなり深刻な事態だと言えそうですね。

 

そのため、オンライン授業を行っている学校もありますが子供たちの家庭環境にも差があるため、全ての子供たちのメリットにはつながっていないようです。

 

それによって学力に大きく格差が広がったために9月始まりの可能性が議論されるようになります。

 

9月に新たなスタートを切ることによって再度授業を行い、この学力格差を埋めるのが大きな目的なのです。

学校9月始まりの可能性はある?

学校9月始まりのメリットを考えれば、その可能性は大いにあります。

 

なにより子供たちの学力格差を解消することは最重要課題。

 

なのにこの学力格差の問題・・・専門家が話し合っても一向に解決策が見えてきません。

 

唯一その格差解消につながる可能性があるのが、この9月始まりだと言われているのです。

 

そのことをふまえれば、9月始まりは十分検討に値するでしょう。

 

今後、さらに9月始まりを求める声が多くなれば、その可能性はますます高くなるでしょう。

学校9月始まり、海外ではどうなってる?

一方、海外の入学時期はどうなっているのでしょうか?

 

主な国の状況を見てまいりましょう。

 

【アメリカ】

 

9月入学が一般的。

 

また、学期ごとの入学も認められています。

 

2学期制を採用している大学では8月、9月、そして1月にも入学が可能。

 

4学期制の大学では、8月、9月、1月に加えて3月にも入学できます。

 

 

【イギリス】

 

9月入学を採用。

 

【カナダ】

 

一般的には9月入学を採用していますが、一部の学校では1月の入学を導入。

 

フランス

 

9月入学を採用。

 

 

その他の9月入学を採用している国はと言うと・・・

 

中国 ロシア ベルギー トルコ モンゴルなど

 

このような状況です。

 

ちなみに4月入学を行っている国は日本のみ。

 

入学時期を9月にして、世界の基準に合わせようという意見が出るのももっともな事かもしれませんね。

学校9月始まりのメリットは?

それではあらためて、学校9月始まりのメリットを考えてみましょう。

 

*留学がしやすい

 

先程ご覧いただいたように、海外では9月始まりが一般的です。

 

留学を行う際の手続きや、スケジュールの調整がたいへん行いやすくなります。

 

*受験シーズンが変わることによるメリット

 

日本の受験は主に冬に行われます。

 

そのため、インフルエンザの懸念や、雪の影響で受験会場に辿り着くのが困難・・・といった問題が生じていました。

 

しかしながら9月始まりに移行すれば、受験は7月か8月に行われます。

 

なので、今まで懸念されていたインフルエンザや雪の影響といった課題の解消にもつながるわけです。

 

これもたいへん大きなメリットだと言えるでしょう。

 

 

学校9月はじまりの問題点は?

では、学校9月始まりの問題点についても考えてみましょう。

 

専門家からは、こういった問題点が指摘されているようです。

 

*会計年度の見直し

 

国や地方自治体の会計年度は4月~3月。

 

そのため9月始まりになった場合、これまでのお金の管理を変更しなければならなくなります。

 

この場合は、企業活動にも大きく影響してくることになります。

 

 

学年の区切りを変更しなければならない

 

今までの学年の区切りが変更になった場合はかなりの混乱が予想されます。

 

そうなってしまった場合は、少しずつ慣れていくしかなさそうです。

 

 

*就職と入学の時期に生じるズレ

 

9月入学が始まっても企業がそのまま入社時期を4月に据え置けば、学校卒業後、企業に入社するまでに半年間のズレが生じてしまいます。

 

この時間・・・とってもムダですよね。

 

生活費もかかるので、その間バイトをしなければならない学生もでてくるでしょう。

 

 

学校9月始まりのみんなの声は賛成?反対?

学校の9月始まり・・・国民の皆さんはどのようにお考えなのでしょうか?

 

いくつかのアンケートの結果をみてみますと、賛成と反対・・・ほぼ拮抗しているようです

 

これは無理もありませんね。

 

専門家、政府、それに各都道府県の知事の間でもこれだけ意見が割れているのですから・・・。

 

学生の間でも賛成反対をめぐって署名活動が繰り広げられていて、ますます議論が激しくなっているようです。

 

これではなかなか決められないでしょうね。

 

政府や有識者のみなさんで、何とかうまい落としどころを探っていただきたいところです。

 

 

「学校9月始まりの可能性は?海外を参考にメリットや問題点は?」のまとめ

本日は、9月始まりに関するお話をさせていただきました。

 

この9月始まり、皆さんはどのようにお考えですか?

 

メリットやデメリット、それに問題点・・・知れば知るほど判断に迷ってしいますよね?

 

学生の皆さんは本当に大変だと思います。

 

とにかく、多くの人が満足できる結果になるのを祈るばかりです。

 

私たちにも大きく影響してくるこの問題。

 

しばらくは注意して見守っていく必要がありそうです。

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました