9月入学のメリットデメリットは?学年の区切りや早生まれの定義どうなる?

9月入学のメリットデメリットは?学年の区切りや早生まれの定義どうなる? 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスによる影響に収束の兆しが見えません。

 

地域によっては緊急事態宣言が解除され、経済活動を再開する動きもみられますが

感染拡大前の状況に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

もちろん子供たちが通う学校も同じ状況。

 

休校措置が継続されている学校がほとんどを占めています。

 

そんな中、浮上したのが学校の9月入学制への移行。

 

連日多くのマスコミがこの問題を取り上げ、政治家や専門家の皆さんが活発に議論を行っています。

 

子供たちはもちろん、保護者の方にとってもたいへん大きな問題です。

 

そこで、今回はこの9月入学に関して色々調べてみましたので、その結果を皆さんにもご紹介します。

 

「9月入学のメリットは?」

 

「9月入学のデメリットは?」

 

「9月入学で学年の区切りが変わる?」

 

「9月入学で早生まれの定義はどうなる?」

 

など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

9月入学のメリットは?

はじめに9月入学に移行すれば、どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

 

*学力格差の解消につながる

 

現在子供たちは、自宅での学習を余儀なくされています。

 

そんななか、注目を集めているのはインターネットを活用した「オンライン授業」。

 

しかしこの便利なツールも子供たちの家庭によって大きな格差が生まれていると

指摘されています。

 

ネット環境が整っていない家庭もたくさんありますからね。

 

それに子供によって勉強する時間もかなり違いますし・・・。

 

そのため9月入学へ移行することによって、あらためて授業を行えば、この格差を解消できる

というメリットが生まれるわけです。

 

 

*留学がしやすくなり、国際標準に近づく

 

海外では9月入学が一般的だということはよく知られています。

 

逆に日本のように4月入学を行っている国はないというのが現状です。

 

これには驚きました。

 

そのため、留学をするためには学校を学期の途中で退学するか、休学するという方法を取らなければなりません。

 

この時点でかなり面倒くさいです。

 

それに学校を3月で卒業しても、進学先の入学まで5か月ほどの期間があいてしまうことになります。

 

この時間・・・もったいないですよね。

 

しかしながら、もし9月入学が実現すれば、このような障害もなくなり、留学もしやすくなるという

メリットが生まれます。

 

これによって国際標準に大きく近づけそうですね。

 

*受験の時期が冬から夏になる
毎年受験シーズンは冬です。よくニュースでも取り上げられるのは、センター試験に雪が降って会場に行けない、遅れるなどの情報です。
これまで頑張ってきた受験生にとって悪天候で会場に遅れるかも!という精神状態は厳しいですよね。
さらに冬の時期は毎年インフルエンザの流行にも気を付けなければいけません。更に今回はコロナウイルスの影響も出てくるかもしれませんね。
受験する子供もそうですが、一緒に暮らす家族もそれはピリピリものです…。
受験が春から夏にかけて行われれば、そういった心配はなくなるかもしれませんね。

9月入学のデメリットは?

では、9月入学のデメリットに目を向けてみましょう。

 

*入試スケジュールへの影響

 

9月入学に移行すれば、当然7月や8月へと入試のスケジュールを変更しなければなりません。

 

この場合、全ての学校がこれに対応できるのかという問題が生じてきます。

 

すでに来年の受験に向けて準備をしている学生にとってはたいへん重要な問題です。

 

そうですよね・・・子供たちが混乱してしまったらとっても気の毒ですね。

 

 

*家庭の経済的負担が増し、企業の採用時期も見直しが迫られる

 

こちらもたいへん大きな問題です。

 

9月入学になれば、学生の皆さんは社会人になるのが半年ほど遅くなります。

 

そうなると当然家庭での子供の扶養期間が長くなってしまい、大きな経済的負担となります。

 

そして企業も採用時期や、セミナーの実施時期の見直しを行わなければなりません。

 

企業にとっては、会計年度などいろいろな問題が生じてきますので、その影響も

はかりしれません。

 

 

9月入学で学年の区切りが変わる?

こちらも気がかりですね。

 

9月入学に移行することによって、どのように学年の区切りが変わるのでしょう?

 

今の時点ではこの問題・・・政府や専門家からは正式な意見は表明されておりません。

 

9月移行が決定した場合に専門家会議を通じて議論していくとされています。

 

今現在の案としては・・・

 

「9月1日~翌8月31日(もしくは9月2日~翌9月1日)を1学年として区切る」

 

「4月1日~翌3月31日(もしくは4月2日~翌4月1日)を1学年として区切る」

 

こちらの2つの案が有力なようです。

 

いずれにしても、移行した場合はとっても混乱しそう・・・。

 

ちなみに9月入学制のアメリカ・・・国としては統一されていません。

 

9月で区切っている学校もあれば10月~12月生まれで区切っているという学校もあるようです。

 

さすが自由の国アメリカ。

 

いい意味でも悪い意味でも型にはまっていません。

 

こういった点をふまえて、日本はもう少し柔軟に対応してもいいのかもしれないですね。

 

9月入学で早生まれの定義はどうなる?

現在は、1月1日から4月1日に生まれた人のことを「早生まれ」と定義しています。

 

その早生まれ・・・9月入学によってどのように変わってしまうのでしょうか?

 

実際に9月入学になれば、9月2日から翌年の9月1日までが同じ学年になるという可能性があります。

 

そうなると・・・

 

「6月1日から9月1日の間に生まれた人が早生まれ」

 

ということになりますね。

 

ですが、早生まれの定義が変わってしまうと、現在すでに通学している生徒とこれから小学校に

入学する生徒の間にズレが生じてしまいます。

 

これでは大変です。

 

そういう事から考えてみても、早生まれの定義を変えるというのは無理があると言わざるを得ません。

 

それにこれは日本国内だけの問題なので、無理して変更する必要もなさそうですね。

 

 

「9月入学のメリットデメリットは?学年の区切りや早生まれの定義どうなる?」のまとめ

本日は、9月入学へ移行することによる様々な影響についてお話させていただきました。

 

この問題のメリットとデメリット・・・どちらにも賛成できる部分があって、決めるのはとっても

難しそう。

 

専門家の間でこれだけ意見が分かれるのも無理はありません。

 

いずれにしても、主役は子供たち。

 

その子供たちが十分納得できる結果になればいいですね。

 

この問題・・・まだまだ白熱した議論が続きそうです。

 

ですが、政府も早急に決断することが必要な気がします。

 

今後の成り行きを慎重に見守っていきましょう。

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました