N高校の進学実績がスゴイ?卒業したら何になれる?入学、編入方法は?

N高校の進学実績がスゴイ?卒業したら何になれる?入学、編入方法は? 生活

学校法人角川ドワンゴ学園 が運営するN高等学校、

通称「N高校」。

 

その「N高校」・・・ネットと通信制高校の制度を活用した新しい

「ネットの高校」として注目を集めています。

 

PCやスマホを使って、自分のペースで勉強を進めながら

高校を卒業できるなんて、ちょっと驚きです。

 

フィギュアスケート選手の紀平梨花さんはN高生として

知られています。

 

卒業生には、女流棋聖の上野愛咲美さん、囲碁の新人王に

輝いた広瀬優一さん、そしてeスポーツ「ウイニングイレブン

2018」で金メダルに輝いた相原翼さんなど、各方面で活躍

する方がいっぱいです。

 

そんな「N高」の事がもっと知りたくて、色々調べてみましたので

その結果を皆さんにもご紹介します。

 

「N高校とは?」

 

「N高校の進学実績がスゴイ?」

 

「N高校の入学、編入方法は?」

 

「N高校を卒業したらどうなる?」

 

など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

 

 

N高校とは?

 

N高校は、インターネットと通信制高校の制度を活用した

今までにない全く新しいタイプの高校です。

 

高校卒業のための学習にかかる拘束時間を最小限にとどめる事によって、

生徒自らが学びたい事に多くの時間を費やす事ができます。

 

そんなN高校の教育理念は・・・

 

「IT×グローバル社会を生き抜く創造力を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」。

 

この理念、なにか新しい可能性を感じますね。

 

そして、私たちが思っている高校とは全く違うという事がよく分かります。

 

インターネットによって、私たちの生活は大きく変わりました。

 

そして今はインターネットを活用すれば、世界中の情報は誰にでも簡単に手に入る時代。

 

そこで必要になるのは「創造力」です。

 

創造力とは、新しいモノを生み出す力だけではなく、

自由な発想で考え、

主体性をもって問題に取り組む力の事。

 

そしてそんな時代に求められる人材は・・・「創造力」を持った人。

 

自分なりの考えをもって主体的に行動できる人が今後は必要な人材となります。

 

創造力を身につけるために、教養、思考力、実践力の三つを学ぶことができる

 

・・・それがN高校なのです。

 

 

N高校の進学実績がスゴイ?

そのN高校で学んだ生徒・・・

どのような大学に進学しているのでしょう?

 

これはとっても興味がありますよね?

 

それではN高校の進学実績を、あらためて確認してみましょう。

 

N高校は2016年4月に開校。

 

生徒数は、2019年4月には9000人を超えるまでに増加しています。

 

この生徒数は、他の通信制高校を含む日本全国の高校の

4月入学者数としては日本一だと言われています。

 

そして、一期生として初年度に入学し、2019年3月に卒業した生徒は74%。

 

ただし、転校や退学などやむを得ない理由で辞めた生徒を除くと

卒業率は84.3%まで上昇します。

 

さらに、1〜2年生で必要な単位を取得してから、

3年生になったという一期生の卒業率は96.7%に達します。

 

通信制の高校として、この卒業率ならまずまずの値ですね。

 

そして、いよいよ本題。

 

卒業生の進路決定率を見てみますと、その率は81.8%

 

ちなみに一般的な全日制高校は94.3%

通信制高校では61.5%という事なので、

進路決定率も悪くなさそうです。

 

では卒業生の大学合格実績を見てみましょう。

 

2018年度は・・・

 

慶應義塾大学に8人

 

早稲田大学に2人

 

上智大学に1人

 

明治大学に3人

 

九州大学に1人

 

筑波大学に1人

 

など・・・難関大学に合格した生徒さんが多数。

 

さらに、キリロム工科大学やスタッフォードシャー大学といった

海外の大学に合格した生徒さんもそれぞれ1人ずつですがいらっしゃいます。

 

N高校・・・ユニークな教育を実践しつつ、全日の高校にも

ひけをとらない進学実績を残せるなんて、素晴らしいですね。

 

機会があれば、そのあたりの秘密にもせまってみたいと思います。

 

 

N高校の入学、編入方法は?

「N高校に入学したい!」また、

「今通っている高校からN高校に編入したい!」

と思っている方のために、N高校への入学・編入

方法をご紹介します。

 

まずは、入学方法から。

 

入学にあたっては、書類選考と面接(必要に応じて)が行われ、

合否が審査されます。

 

審査にあたっては、ご本人の「今現在の学力」ではなく

「将来こうなりたい!」「今の自分を変えたい!」という前向きな

意欲が重視されるようです。

 

ただ、通学コースの場合は、

面接試験および課題作文を受験する必要があります。

 

これなら、一般的な受験と比較しても大きな負担にはなりませんね。

 

では、編入方法はどうでしょうか?

 

そちらも問題ありません。

 

現在すでに高校に通っている場合は、

N高校へ転校というかたちで入学できます。

 

その際は、転入の手続きが必要となりますので、担任の先生の協力が必要です。

 

もうしばらくは、担任の先生と仲良くしておきましょう。

 

では、すでに高校を辞めてしまっている場合はどうでしょう?

 

こちらも大丈夫。

 

編入生として入学できます。

 

ですが、在籍していた高校の学修状況と編入時期によっては

履修科目や卒業時期が異なる場合があります。

 

ご心配な方は、直接N高校にご相談ください。

 

そのような生徒さん・・・たくさんいらっしゃるようなので、

スムーズに対応していただけると思います。

 

 

N高校を卒業したらどうなる?

従来の学校と全く違うN高校・・・卒業したらどうなるのか?

心配されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、ご安心ください。

 

N高は学校教育法第1条に定められた高等学校です。

 

なので、一般的な全日制高校と同じ。

 

そう・・・ちゃんと「高校卒業資格」を得ることができるのです。

 

それに加えて、N高校では会社の即戦力となれる、

様々な技術も学べます。

 

現役プログラマが教えるプログラミング講座

 

プロの作家による小説創作講座

 

など、自身が学びたいことを集中的に学べるのは嬉しいですね。

 

より早く、より確実に自分の目標に近づくことができそう・・・。

 

自分のやりたいことを精一杯やりながら高校卒業資格が得られるなんて夢のようですね。

 

私もこんな高校に通いたかったです。

 

そして、気になる卒業の条件は・・・

 

*高校の在籍期間が3年以上

 

*取得単位数が74単位以上

 

*必履修科目を全て履修

 

*特別活動を必要時間数受講

 

と、なります。

 

こちらも問題ありませんね。

 

なお、転入生・編入生の方は、前在籍校での在籍期間や

単位修得状況といった学修状況も加味してもらえます。

 

N高校を卒業すれば、高校を卒業したのと同じ。

 

あとは希望の進路に向かって真っすぐ進むだけです!

 

 

「N高校の進学実績がスゴイ?卒業したら何になれる?入学、編入方法は?」のまとめ

本日は今話題のN高校に関する情報をお届けしました。

 

N高校・・・ますます興味がわいてきましたね。

 

様々なフィールドで活躍するN高校の卒業生。

 

今後もさらに増えてきそうですね。

 

N高校がこれからどんな優秀な人材を生み出していくのか

これからも関心を持って見守っていくことにしましょう。

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました