レジ袋有料化で百貨店やアパレル関係は対象?紙袋は無料になる?

レジ袋有料化で百貨店やアパレル関係は対象?紙袋は無料になる? 生活

私はよくスーパーに買い物に行くのですが、マイバッグを持参していきます!

なぜなら、レジ袋の有料化が進んでいるからです。

スーパーでは一部のお店を除き1枚あたり3から5円でレジ袋の販売がされています。レジ袋が有料化したことにより、節約のためにマイバッグを持ち込んで買い物するお客さんも多く見かけるようになりました。

近所のスーパーではまだレジ袋は無料ですが、2020年7月からは完全にレジ袋は有料になります。

それではこのレジ袋有料化、百貨店やアパレル関係のお店でも関係があるのでしょうか?

現在衣料品などを購入すると入れてもらえる紙袋はどうなるのでしょう?

気になったので早速調べてみることにしました。

 

レジ袋有料化はいつから?

2019年6月3日、原田義昭環境相はプラスチックゴミの削減のために、レジ袋の有料化を事業者に対して、法令で義務化する考えを発表しました。

 

まず、環境相からこのような発言があったなんて、私自身知りませんでした!

レジ袋有料化を法令で決めて、義務化しようとしていたことなんてこれっぽっちも知りませんでした。

 

レジ袋が有料化することによって、レジ袋が世の中に出回る数は大幅に削減されます。

 

2020年4月1日の実施を目指していたわけですが、制度的に間に合わないとのことで2020年7月に延期されたことが発表されました。

しかし、今現在のこのご時世、新型コロナウイルスが全国各地で蔓延している中でこの制度が施行されるかどうかは不透明であります。

予定通り2020年7月1日よりレジ袋有料化は始まります。

 

プラスチックゴミが深刻化している中、新型コロナウイルスの蔓延も重なり、世の中が混乱している状態で果たして施行されるかどうか政府の判断が問われます。

 

 

 

レジ袋有料化で百貨店も対象?

レジ袋有料はいつから?コンビニや薬局も対象?一枚いくら?

私自身、百貨店やデパートなどはあまり行きませんが、レジ袋の有料化は百貨店でも進み始めています。

 

大丸・松坂屋百貨店は、2020年6月1日から全国の大丸・松坂屋16店舗にて、レジ袋と食品用手提袋有料化を発表しました。

 

また、

高島屋は2020年4月から国内全店舗の食品売り場で提供しているプラスチック製レジ袋と紙製手提げ袋を有料化すると発表しています。

 

プラスチック製のもの3つのサイズとお酒用の2つのサイズを用意していて、価格はおよそ2円から8円で提供されます。

 

また、手提げ袋は国際機関の認証を得れた木材を原料とする紙に切り替え、20円で販売することを決めたそうです。

 

手提げ袋の木材のこだわりはものすごく、上品な手提げ袋になってくれれば私は嬉しいかなぁと思います。

 

 

レジ袋有料化でアパレル関係のお店は対象?

アパレルのお店でもレジ袋有料化が進んでいます。

 

それを実感する出来事として、最近私はとあるアパレルショップでジーンズを買いに行きました。いつものように試着し購入をするためにレジまで行き、購入を済ませたあとに店員さんからある一言を言われました。

 

「袋が20円しますが、よろしかったですかー?」

 

なるほど!このお店でもレジ袋有料化が始まったのかと実感しました!

自分は無意識だったので、何も考えずにお金を払ってレジ袋をもらいましたが、ここでも有料化が始まっていると後から思いました。

 

みなさんがおなじみのユニクロやGUも、2020年4月1日から国内全店舗でショッピングバッグを1律10円で販売することを決めました。

 

また、無印良品もプラスチック製のショッピングバッグを廃止し、紙製へと変更すると発表していて、より一層の環境保護が進んでいます。

 

プラスチック製の袋は、環境問題に深く関わっており、世間でのプラスチック製袋の廃止も検討されているくらいだと言われています。

 

アパレル業界でも、マイバッグ持参の推奨が進んでおり、スーパーなどの買い物と同様に

マイバッグを持ちこんで買い物する方も増えてきています。

 

 

レジ袋有料化で紙袋なら無料?

施行されるか確実ではありませんが、全て小売店のプラスチック製のレジ袋が2020年7月に有料化されるそうです。飲食店やスポーツ用品、家具、医薬品などが対象となる予定です。

 

しかし、上記で出てきたユニクロやGUは紙製の袋は無料となっています。

これは、お店や会社の方針もあると思いますが、お客さんとしての立場でしたら、自宅からマイバッグを持ってくる必要がなく、お店で入れればいいのでものすごく楽ではないかなと思います。

 

紙製の袋なので、環境に対しても配慮されており、再利用する方法もたくさんあるのでこれはこれでありがたいかなと思いますが、お店側の負担や経費を考えると、無料で提供されるのは早い時期に終了するとも思います。

 

まとめと感想

私たちはもっと環境についても考えていいのではないかなと思います。

車では、ハイブリッドカーが出たり、Co2の排出を抑えるために対策が少しずつ増えています。ゴミの分別の徹底、電気のつけっぱなしの禁止やエアコンの温度設定など、身近に感じる環境対策はたくさんあります。

 

そのなかの1つにレジ袋の有料化があり、お金を出してレジ袋を購入するという概念をもっと考えていいのではないかと思います。

たかだか、数円の出費ですが、塵も積もれば山となるように毎回レジ袋にお金を払っていたら、無駄が省けなくなります。

 

ですので、みなさん一緒に環境問題を考えるスタートとして、レジ袋有料化に関して興味を持ってくれたら嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました