マスクの洗い方!不織布使い捨てマスクは中性洗剤で洗ってOK?

マスクの洗い方!不織布使い捨てマスクは中性洗剤で洗ってOK? 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの拡大が止まらない中、依然として

不織布(ふしょくふ)使い捨てマスクの不足が続いています。

 

不織布使い捨てマスクをつけるのは、ウイルスから身を守るのと

同時に、周りの人を感染の危険にさらさないためにとても重要です。

 

そんな不織布使い捨てマスク・・・家庭でも残りあとわずか。

 

そうなると「不織布使い捨てマスクは洗って再利用できるのか?」

という疑問がわいてきます。

 

そこで今回は、不織布使い捨てマスクに関するお役立ち情報をご紹介します。

 

「不織布使い捨てマスクは洗ってOK?」、「中性洗剤で洗って

OK?」、「洗っても効果は持続する?」、「洗って使えるのは

こんな時!」など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

不織布使い捨てマスクは洗ってOK?

マスクがなかなか手に入らないので、同じマスクを何度も

繰り返し使っているという方も多いのではないでしょうか?

 

でもやっぱり、汚れが気になります

 

そのため不織布使い捨てマスクを洗って使おうか考えるのも

無理はありません。

では、不織布使い捨てマスク・・・洗ってもOKなのでしょうか?

 

ご安心を・・・その答えはイエスです!

 

製紙会社で不織布の研究を続け、繊維部門の国家試験

によって認定された「技術士」の資格を持つ奥恭行さんは

このようにおっしゃっています。

 

「若干その効果は減少するものの、洗って使う事も可能です」。

 

不織布マスクは素材が3層になっています。

 

そして、層の中央の繊維は電気を帯びていて、そこでウイルスを

キャッチして侵入を防いでいるのです。

 

ですが、この繊維が電気を帯びている状態は、洗う事によって

影響を受けてしまいます。

 

その影響を、フィルタ捕集効果で見た場合、90パーセントから

70パーセント程度まで減少すると考えられています。

 

この結果だけ見ると、かなり効果が減少したとお感じになる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

では布マスクと比較して考えてみましょう。

 

同じように、フィルタ捕集効果を布マスクでみた場合、その率は

40パーセント程度。

 

なので、洗う事によって少々効果が落ちてしまっても、布マスク

よりはるかに効果は期待できるのです。

 

しかしながら、不織布マスクは耐久性の面では布マスクより劣っています。

 

ですが、不織布を破壊するような強い力でなければ、不織布

マスクは手洗いして、再度使用することは十分可能です。

 

不織布マスクの汚れが気になっていた皆さん・・・これで

少し安心していただけたでしょうか?

 

 

不織布使い捨てマスクは中性洗剤で洗ってOK?

次に気になるのは洗い方ですね。

 

どうせ洗うなら、水だけより中性洗剤でしっかり洗いたい

ので・・・。

 

では、不織布使い捨てマスクは、中性洗剤で洗っても

OKなのでしょうか?

 

調べてみたところ、どうやら問題なさそうです

 

2020年3月、全国マスク工業会が「マスクの再利用について」

という指針を発表しています。

 

ですが、原則はあくまでも・・・

 

「洗って繰り返し使える表記の無いタイプは、洗うと機能が

落ちるのでお勧めできません」

 

とされています。

 

しかし今は一大事。

 

洗ってでも繰り返し使わざるを得ない状況です。

 

それでは、全国マスク工業会の指針をご覧いただきましょう。

 

(1) 中性洗剤で押し洗いをする。

もみ洗いはしない。

 

(2) 十分なすすぎをする。

 

(3)熱に弱い材料が使われているマスクもあることから、型くずれを

軽減するために乾燥機は使わず、十分に乾燥させる。

 

 

いかがでしょうか?

 

中性洗剤を使って、押し洗いすることが推奨されているのです。

 

なので、しっかり指針に従って洗ってくださいね。

 

間違っても洗濯機に入れたり、もみ洗いをしたりしないよう心がけ

ください。

 

 

洗っても効果は持続する?

不織布マスクは洗った場合、その効果は持続するのでしょうか?

 

これはたいへん重要な問題ですね。

 

せっかくきれいになっても、効果がなければ意味がありません。

 

では結論です。

 

「効果は持続させることができます」。

 

ただし、正しいやり方で洗う事が大前提です。

 

では、不織布マスクは何回ぐらい洗えるのか見ていきましょう。

 

先ほどご紹介した奥恭行さんによりますと10回が目安だとの事。

 

ですが、これはあくまでも目安です。

 

基本的に回数の目安といったものは設けられていません。

 

もちろん、使い方や頻度によって差が出てきますので・・・。

 

より効果を長持ちさせるためには、

内側にガーゼやティッシュをはさんで使用するのがおすすめ。

 

もちろん破れてしまった場合は、即使うのをやめてください

 

もったいなく感じてしまうのですが、ご自身でマスクの痛み具合を

よく見ていただくことが大切です。

 

今は貴重なマスクなので、大切に使って少しでも長く使えるよう、

お互い頑張りましょう。

 

 

洗って使えるのはこんな時!

ここまでお話を続けさせていただきましたが、不織布マスクを

洗って再利用するのはあくまでも今のような状況だからです。

 

不織布マスクはあくまでも使い捨てが原則。

 

この点をよくご理解ください。

 

その点をふまえて、不織布マスクを洗って再利用せざるをえない

状況を考えてみましょう。

 

*品不足によってマスクが購入できない場合

*手持ちのマスクが底をついてしまった場合

*使用中のマスクの汚れやニオイが気になる場合

 

そして、不織布マスクを洗って使えるのは・・・

 

*マスクに穴が開いていない

*マスクが破れていない

*マスクのゴムが伸び切っていない

 

このような場合のみ、マスクの再利用をご検討ください。

 

不織布マスクが十分手に入るようになりましたら、洗っての

再利用はくれぐれも控えてくださいね。

 

やっぱり、新しい方が気持ちイイですし、効果の面でもより

安心です。

 

 

 

「マスクの洗い方!不織布使い捨てマスクは中性洗剤で洗ってOK?」のまとめ

本日は、不織布使い捨てマスクに関するお役立ち情報をご紹介

しました。

 

マスクを洗って再利用するなんて、今まで考えたこともありません

でした。

 

やっぱり日頃からの備えや心構えが大事なんだな~って、

あらためて考えさせられました。

 

これからは、このような状況になっても困らないよう、お互いできる

事からはじめていきましょう!

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました