次亜塩素酸水で手の消毒はできる?作り方や濃度のポイントやコロナに効果ある?

次亜塩素酸水を作る方法は? 新型コロナウイルス

世界中で猛威を振る舞っている新型コロナウイルス。武漢で1番最初に発生し、初めは少しの感染だったのが、またたくまに世界中で広がってしまいました。

日本でもたくさん感染者と死者が発生する、痛ましい感染症となってしまいました。少しでも、コロナの感染症を広げるのを防ぐために、一人一人の自覚をした行動が求められています。

そんな中、コロナ対策として手洗いうがい、アルコール除菌が推奨され、世界からマスクとアルコール除菌液が亡くなりました。

アルコールがどうしても手に入らない場合は、次亜塩素酸水が代用できるという話があります。

今回はアルコール除菌に代わる次亜塩素酸水で手の消毒は出来るのか、また作り方やそのポイント、本当にコロナに効果があるのか調べたいと思います。

次亜塩素酸水で手を消毒しても大丈夫?

新型コロナウイルス感染対策は色々あります。

アルコール消毒、手洗い・うがいの徹底などがありますが、対策の1つの中に次亜塩素酸水での消毒があります。

対策の1つの中に次亜塩素酸水での消毒があります。私は次亜塩素酸水の消毒による対策を実施しています。

某ショッピングサイトから取り寄せました。

結論から言うと、次亜塩素酸水で手を消毒しても大丈夫です。

 

まず、厚生労働省が細菌やウイルスに対して殺菌効果のある除菌水(食品添加物)として次亜塩素酸水を定めています。

次亜塩素酸水は、殺菌科の一種であり、食塩水や塩酸を電気分解することにより作られる「次亜塩素酸」を主な成分とする水溶液のことを示します。

 

食品添加物として厚生労働省により認可されているので、その安全性が検証されているのが大丈夫と言える要因です。

次亜塩素酸水を自宅で作る方法は?

 

まず、次亜塩素酸という言葉だけを見てコロナウイルス対策になると思っていると大変なことが起こる可能性があるので注意してもらいたい思います。

 

違いとして、次亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸水があります。

次亜塩素酸ナトリウムは、漂白剤として有名(例えばハイター)でこれは非常にアルカリ性の強い酸化力のある溶液です。

溶液のまま置いておくと、気散して強い塩素臭がするのと、目に入ったら大変で、直接触れると皮膚に炎症を起こしますので、まず次亜塩素酸水であることをしっかり確認してください。

 

本題に入りますが、次亜塩素酸水を自宅作る方法は二つあります。

1つは、専用の機械を用いて食塩水と塩酸を電気分解して作る方法です。

最近ではインターネット通販を中心に、次亜塩素酸水の生成器を購入できます。ここでは、次亜塩素酸水の生成器には、家庭用のものから業務用のものがあり、サイズにも幅があります。

自宅の消毒や除菌に大量に使うのであれば、家庭用の小型サイズを選ぶのよいと思います。家庭用の次亜塩素酸水の生成器の相場は、5万円〜10数万円です。

一方、機材がかさばる、メンテナンスコストがかかるなどのデメリットもあり導入には二の足を踏む方が多いと思います。

もう1つは、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を炭酸水に中和して作る方法です。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液に炭酸水を加える方法も科学的な方法としては存在します。

コストメリットが大きい一方、濃度や作り方をミスした場合に問題となることもあるため、完全に自己判断で行うことになります。

自身でphをはかるなど調整したり、本当に安全か確かめる必要もあるため、化学を専門に扱っている人でなければ、100%おすすめする方法ではないです。

注意点として、次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めても次亜塩素酸水はできないので、注意してください。

 

次亜塩素酸水を自宅で作るのはちょっと大変そうですよね。

実はインターネット上では色々な次亜塩素酸水を購入することが出来ます!

 

 

次亜塩素酸水を作るときのポイントは?

正直、次亜塩素酸水を自宅で作るより市販のものを購入した方が早いと思いますが、

一応次亜塩素酸水を作る時のポイントもお伝えしたいと思います。

次亜塩素酸水は、薄め方によって用途が違います。人間の体が使うとなると、原液の次亜塩素酸水を薄めて消毒液を作る必要があります。

 

では、どのくらい薄めればいいのか?結論を言うと、元の次亜塩素酸水の8倍薄めて消毒液を作ればコロナ対策として使うことができます。100ml作りたいのであれば、次亜塩素酸水12.5mlに対して水道水を87.5ml入れればOKです。

 

これは、濃度は50ppmの次亜塩素酸水で、人間の体やペットに直接利用したり、機器を使って空間除菌をする場合に用いる濃度です。

子供や赤ちゃん、小さいペットなど、抵抗力の弱い対象の物を除菌する場合であってもこのくらいの濃度であれば安全です。

 

次亜塩素酸水で手で消毒することはコロナに効果的?

今現在、次亜塩素酸水を使った消毒をしている方はたくさんいるかと思いますが、

新型コロナウイルスへの効果については、効果があるとは言い切れないもの、

効果の見込みがあり、実証するための研究が開始された。

 

とされています。これは、経済産業省が発表したもので、知っている方は知っているかもしれません。

ちなみに私は、経済産業省がこのようなコメントを出しているとは知りませんでした。

 

手を消毒することはもちろん大事なことですが、重要で推奨されているのが、石鹸やハンドソープを使用した手洗いです。

 

手洗いをすれば、手に付着したウイルスを取り除くことができます。ですので、手洗いができる状況にあれば、しっかりとした手洗いをすることが大事です。

 

しかし、全員が手を洗える状況ではないと思いますので、そんなときに役に立つのが、次亜塩素酸水やアルコールを使用した消毒です。

正しい手洗いをしていれば、手洗い後のアルコール消毒は必要はないと言ってもいいと思います。

まとめ・感想

まず、私自身はここまでコロナウイルスによる混乱が起こるとは思ってもいませんでした。インフルエンザなどの感染症もあるし、日が経てば落ち着いて来るであろうと思っていました。

 

しかし、私の予想は大きく外れ、今全世界で大混乱が起こり、外出自粛や経済ショックなども起こり始めています。

 

病院の病棟の数や、医師や看護師の人数にも限界があり、人手不足は計り知れないこととなっています。

 

私含めて、普段の日常はいつ戻ってくるか分かりませんが、全世界の方が一丸となってコロナウイルス収束していけるように、3密を避けることや不要不急の外出を避けることをみなさんでやっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました