コロナ禍はいつから使い始めた?読み方や意味が分からない?使い方解説!

コロナ禍はいつから使い始めた?読み方や意味が分からない?使い方解説! 生活

現在、世界中に混乱を巻き起こしている新型コロナウイルス。

 

連日ニュースで報じられているように、感染拡大にまったく

歯止めがかかりません。

 

新聞やネットのニュースサイトでも、今まであまり目にしなかった

ワードがいっぱい出てきています。

 

パンデミック、ロックダウン、オーバーシュートなどなど・・・。

 

横文字ならまだしも、ヒトヒト感染、濃厚接触、そして「コロナ禍」。

 

ヒトヒト感染や濃厚接触なら、なんとなく想像がつきますが、

「コロナ禍」って・・・。

 

読み方すら分かりません。

 

自宅で過ごす時間が増えている今だからこそ、ここはしっかり

勉強しておきましょう。

 

本日は、「コロナ禍」というワードについて、色々調べてみました

のでその結果を皆さんにもご紹介します。

 

「コロナ禍」の読み方は?意味は?使い方は?それにいつから

使い始めた?などなど、内容盛りだくさんでお届けします。

 

それでは、早速いってみましょう!

コロナ禍の読み方は?

はじめに「コロナ禍」の読み方から確認しておきましょう。

 

調べてみたところ、「禍」は訓読みでは「わざわい、まが」と

読まれます。

 

あ~「わざわい」か~って思た方も多いと思います。

 

私もその一人ですが・・・。

 

そして、音読みでは、「か」と読まれます。

 

なので、「コロナ禍」は「コロナか」が正しい読み方になります。

 

読み方が分かっただけでも、なんだかスッキリしましたよね。

 

これでひとつ、賢くなれたような気がしています。

 

えっ・・・私だけ?

 

 

コロナ禍の意味は?

読み方が分かったところで、次に気になるのはコロナ禍の

意味ですよね。

 

もちろんバッチリ調べてみましたよ~。

 

そもそも「禍」の意味は、「よろこばしくない事柄」、「不幸をひきおこす原因」。

 

つまり、災難という意味になります。

 

なので、コロナ禍はコロナウイルスが引き起こす災難という意味です。

コロナ禍の使い方は?

では「コロナ禍」っていう言葉、一体どんなふうに使われる

のでしょう?

 

その前に皆さん、「まがまがしい」っていう表現、聞いたこと

ありますよね。

 

この「まがまがしい」・・・漢字にすると「禍々しい」となります。

 

そう、「禍」が使われているのです。

 

見ただけでなんかヤバそうなカンジが伝わってきますよね。

 

「禍々しい」の意味としては・・・

 

*悪いことが起こりそうである。不吉である。

 

「禍々しい出来事」といった使い方がされます。

 

そしてさらに

 

*いまいましい。好ましくない。

 

*いかにももっともらしい。

 

という意味を表現する際に使われます。

 

 

これは勉強になりましたね。

 

なので、使い方としてはコロナウイルスによって引き起こされる

災難や被害を表す際に使われます。

 

*「コロナ禍」によってイベントが中止になった。

 

*「コロナ禍」によって外出自粛要請が出た。

 

*「コロナ禍」によって大型店舗や飲食店の営業自粛が

 余儀なくされた。

 

*「コロナ禍」によって焼き鳥屋で一杯やれなくなった。

 

などなど。

 

最後はちょっと違いますかね・・・。

 

はしゃぎ過ぎてしまいました。

 

お詫び致します。

 

他には「インフル禍」、「地震禍」、それに「津波禍」という

使われ方もされます。

 

どれもイヤなひびきですね。

 

ちなみに、「禍」の反対語は「福」

 

いいですね~「福」

 

その字を見ただけでホッコリしますよね。

 

できれば「福」、「幸」、「楽」、「喜」といった文字だけ見ていたい

ものですね。

 

皆さんも同じ気持ちなのでは・・・?

コロナ禍はいつから使い始めた?

そう言われるとそうですよね。

 

いつの間にか目にする機会が増えたこの「コロナ禍」という

言葉。

 

いつから使い始めたのでしょう?

 

まずはSNSやネットから探ってみましょう。

 

ツイッターやネットニュースをさかのぼって見てみますと・・・

 

なんと1月後半には、この「コロナ禍」という言葉が登場しています。

 

中国で、未知のウイルスによる感染症患者が出たとニュースで

報じられるようになった頃ですね。

 

まだニュース、新聞で取り上げられることは少なかった時期。

 

このような状況が2月末まで続き、いよいよ3月。

 

1月末の中国の春節によって、世界各国にバラまかれたコロナ

ウイルスによって、陽性患者、感染者が急激に増え始めます。

 

日本では、いちはやく陽性者が確認された大型クルーズ船

「ダイヤモンドプリンセス号」の横浜寄港と、それにあたる

日本政府の対応に世界中の注目が集まりました。

 

ダイヤモンドプリンセス号の寄港地、沖縄県那覇市で下船した

乗客がタクシーを利用し、そのドライバーさんが感染してしまった

ことで、よりコロナの恐怖を身近に感じたということも大きく影響

したと思います。

 

実際に、この頃から新聞各社も一斉に「コロナ禍」という言葉を使い

始めています。

 

つまり、「コロナ禍」という言葉は、1月末から少しずつ使われる

ようになり、3月に入って一気に目にする機会が増えたという事が

言えそうです。

 

今時点においても、まったく収束の気配が見えないこの「コロナ禍」

 

しばらくたって、「コロナ禍はいつから使われなくなった?」という

記事が書けるようになる日がくることを、今はただただ願うばかり

です。

「コロナ禍はいつから使い始めた?読み方や意味が分からない?使い方解説!」のまとめ

本日は、「コロナ禍」という言葉にまつわる情報をご紹介させて

いただきました。

 

読み方、意味、使い方、それにいつから使い始めたのか、

十分ご理解いただけたと思います。

 

読んでいただいている皆さんの中にも、コロナ禍の影響を受けて

しまっている方がいらっしゃるかもしれません。

 

今はとにかく我慢の時期。

 

一緒になってこの困難を乗り越えて「禍」が「福」に変わるように

頑張っていきましょう。

 

本日も最後までお付き合いいただいて、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました