ぺこぱのネタ作りはどっち?松陰寺とシュウペイの素顔がイケメンすぎる経歴は?

芸能ネタ

2019年おもしろ荘で優勝し、2019年のM-1グランプリで3位になったぺこぱ。

そのネタは今までにない否定しないつっこみが話題を呼んでますね!

M-1グランプリでは松本人志さんから『ノリ突っ込まない芸』と評されていました。

私も2019年に初めてぺこぱを知ったのですが、その誰も傷つけない優しいツッコミ?にすっかりハマっていますよ。

今では色んなテレビにも引っ張りだこのぺこぱですが、そのネタは松陰寺さんが作っているのか、シュウペイさんが作っているのかどちらなのでしょう?

また松陰寺さんもしゅうぺいさんもお顔は整っていてイケメンなのでは?と話題にもなっていますよね!

じつはものすごい経歴をお持ちだそうで、気になったので早速調べてみることにしました。

ぺこぱのプロフィール

2019年のM-1グランプリで3位に輝いたぺこぱですが、否定しないツッコミ担当の松蔭寺太勇さんのプロフィールからご紹介です。

松陰寺太勇 (しょういんじ たいゆう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロンリネース!!! #ぺこぱ

松陰寺太勇(@tayu1109)がシェアした投稿 –

本名:松井 勇太

生年月日:1983年11月9日

出身:山口県光市

血液型:O型

担当:ツッコミ

趣味:野球観戦 千葉ロッテマリーンズのファン

所属:サンミュージック

本名は松井さんなのに、なぜ『松陰寺』なのかというと、松陰神社がご自身の聖地だと思っているからだそう。

また現在はツッコミ担当ですが、本当は「キザ」担当なんです(笑)

コンビ結成前にはピン芸人『松井祭』として活動していました。

また2016年1月には自主製作CD『風』も発売しており、作詞作曲編集、演奏、レコーディングを手がけました。

M-1では紫のスーツ姿でしたが、それまでは着物姿とローラーシューズで舞台を動き回っていたのが特徴的です。

見た目はビジュアル系で動きは三流のロックミュージシャンと言われている松陰寺さん。

M-1グランプリの審査員からも最初見た時苦手だったと言われるほど風貌は好き嫌いが分かれるかもしれませんね~。

ただ、素顔は普通の好青年で、インタビューもしっかりした受け答えですし、見た目とは逆にストイックでまじめな性格だそうです。

私は松陰寺さんのキャラも含めて好きですね~。

シュウペイ

本名:成田 秀平(なりた しゅうへい)

生年月日:1987年7月16日

出身:神奈川県横浜市

血液型:A型

担当:ボケ

趣味:サッカーなどスポーツ観戦

所属:サンミュージック

今では天然キャラっぽいシュウペイさんですが、とても運動神経がよく、高校時代はサッカー部で大活躍していたそうです。

小林悠、太田宏介、小野寺達也選手たちともチームメイトだったようです。

ものすごいご友人関係ですよね!

高校を卒業してからは、今度はギャル男に変身し、日サロやクラブにも行っていたみたいです。

今の姿からは想像できませんが、本当かな~?と思って探してみると…

シュウペイさんのツイッターにもギャル男時代の画像がありましたよ!

ちょっと画像が荒いですが、シュウペイさんご本人だそうです。

今と全然違いますよね~!

それにしてもJリーガーのお友達が沢山いるとは豪華な交友関係ですよね!

ぺこぱのコンビ結成はいつ?歴代のキャラ変遷がスゴイ

ぺこぱの二人はいつからコンビを組んでいたのでしょうか?

出会いは二人がバイトする居酒屋だったようです。

松陰寺さんが働いていたバイト先にシュウペイさんが入ってきたようで、シュウペイさんはバイト初日からガングロ、髪もツンツンヘアで皿洗い中もイエーイ!とノリノリの感じで働いていたようです。

そもそもギャル男だったシュウペイさんは、日サロに通うために居酒屋でバイトを始めたんだそう。

全くお笑いには興味が無かったんですね~。

 

当時、先輩だった松陰寺さんがシュウペイさんに将来の夢を尋ねたところ、「伝説を作りたいんっスよ~」と答えたことから、「こいつは面白いやつだ」と松陰寺さんからお笑いの道へ誘ったそうです。

しかし興味がなかったシュウペイさんは何度も断るも、半年間松陰寺さんがシュウペイさんを誘い続け、口説き落としたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

後ろの松蔭寺さん嬉しそう なんて仲がいいんだ、、☺ #ぺこぱ

頑張った受験生(@comedy_fan.r)がシェアした投稿 –

今でもお二人は本当に仲良さそう~!

 

2008年に二人は『先輩×後輩』というコンビ名で芸人を始めることになりました。

今ではその突っ込まない芸風が完成されていますが、ここまで来るのに相当な迷走期間があるようですよ。

2020年1月30日のダウンタウンDXにその様子が放送されていたのでまとめてみました。

2008年 ボケ シュウペイ ツッコミ 松陰寺 コンビ結成「足を高く上げるツッコミ漫才」
2009年 ボケ 松陰寺 ツッコミ シュウペイ ボーイズラブ漫才
2010年~2013年 ボケ シュペイ ツッコミ 松陰寺 ラッパー漫才
2013年 ボケ 松陰寺 ツッコミ シュウペイ 松陰寺がきざなホストキャラになる
2014年~2018年 ボケ 松陰寺 ツッコミ シュウペイ 松陰寺 着物を着てローラーシューズをはく
2019年 ボケ シュウペイ ツッコミ 松陰寺 ノリ突っ込まない漫才

ボケとツッコミが度々変わったり、芸風も何度も変えてみたり、試行錯誤されていたのが良く分かりますね。

この日のダウンタウンDX、めちゃめちゃ面白かったですよ~。

ぺこぱも(特に松陰寺さんが)しっかり爪痕を残したと松本人志さんからも絶賛されてましたし。

これからもテレビで見られる機会が増えそうで嬉しいです!

ぺこぱのネタはどっちが作ってる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#M-1で#爪痕残した #ぺこぱ #キザキャラ#松陰寺太勇 さん#大ファンになりました✨ #ポジティブな優しいツッコミ✨#ブレないキザキャラ#大好きです❤️ #ぺこぱを見ているとポジティブになれて、#私もぶっ飛びキャラ貫こうと思えます✨ #飛行機✈️乗り遅れた時もポジティブになれました✨ これからも#応援してます✨ #ダウンタウンdx #気に入られていた#松陰寺太勇 さん#爪痕残した#ぺこぱ#M-1で大ファンになるなんて滅多にないので#本当にすごいコンビ#沢山の勇気と希望を#ファリガトウ❗️#時を戻そう #悪くないだろう

Sayaka(@sayaka_no_room2)がシェアした投稿 –

結成12年のぺこぱですが、ネタはずっと松陰寺さんが作っているそうです。

松陰寺さんがネタを作っている間はシュウペイさんは漫画を読んでるみたいですよ~(笑)

元々は漫才に興味があったわけでは無く、ただのギャル男だったシュウペイさんですから、まあそうだろうな…とは思っていましたが。

松陰寺さんはピン芸人『松井祭』としても活動されていましたから、ネタを作るのは松陰寺さんに任せているんでしょうね。

 

松陰寺さんが作るネタは、その中に現代社会の問題などをうまく取り上げて面白く作っているのが分かります。

ただの優しい突っ込まない芸風だけじゃないんですよね。

2019年のおもしろ荘まではまだ着物を着ていた松陰寺さん。着物を着てローラーシューズを履くというキャラを確立していましたが、M-1グランプリではそのキャラを捨て、紫色のスーツで登場しました。

せっかく着物&ローラーシューズのキャラが認知されてきたところなのになぜ辞めたのでしょうか?

それは松陰寺さんが「良い漫才になってくると、小道具などが必要ではなくなってくる」と語っていました。

確かに、もう着物やローラーシューズが無くても、あの突っ込まないネタだけで十分面白かったですからね。

ただメイクはまだ続けるみたいですけど。

シュウペイさんのボケなのか、ず~とニコニコして立ってるだけ?みたなキャラも際立っていいかもしれませんね。

それにしても、ぺこぱのお二人は本当に仲良さそうな感じがして、それもまた私は好きですね~!

まとめ

2019年におもしろ荘、M-1グランプリで結果を残し、2020年はブレイク必至のぺこぱについて調べてみました。

新しいお笑い「ノリ突っ込まない芸」を確立し、優しいツッコミがとても面白かったです。

ネタはずっと松陰寺さんが書かれていますが、結成12年、迷走していた時期を経てやっと2020年にブレイクしそうですね。

これもお笑いに対してまじめに取り組んできたお二人だったからじゃないかと思います。

これからもお二人の漫才を見れるのが本当に楽しみです。

今後の活躍を期待していますよ~。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました