メンタリストDaiGoが京アニ被害者実名報道したNHKにブチギレで炎上?理由やみんなの声は?

エンタメ

メンタリストのDaiGo(ダイゴ)さんが京アニの被害者の実名報道に怒りを露にしているYouTube動画が話題になっています。

メンタリストのDaiGoさんと言えば、いつも冷静沈着というイメージでしたが、この京アニ実名報道に関しては今までに見たことが無いまさにブチギレと言ってもいいほど感情を爆発させていましたね。

メンタリストのDaiGoさんをここまで怒らせた理由は何だったのでしょうか?

またNHKの京アニ実名報道の内容も一緒に見ていきたいと思います。

メンタリストDaigoのブチギレ映像は?

冒頭から ご自身でも「今日は感情的になります!」と発言され、いつもの早口の調子で始まっていきます。

DaiGoさんはテレビで見る限り、いつも冷静沈着なイメージですが、感情的になる事もあるそうです。

1、弟や家族がバカにされたり悪口などを言われた時

2、数少ない友達を馬鹿にされたり危害を加えられるなどを言われた時

3、大事な人を亡くした苦しみや後悔をほじくり返して金に換えようとする人たち

 

今回は3番目の大事な人を亡くした人達に対してその苦しみをお金に変えようとしたNHKや毎日新聞、京都府警にたいしてブチギレている訳ですね。

NHKの京アニ実名報道の内容は?

パソコンとスマホを使う女性の写真

「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で、京都府警察本部は、きょう、亡くなった35人のうち、新たに25人の名前を明らかにし、これで亡くなった全員の名前が公表されました。

先月18日、京都市伏見区にある「京都アニメーション」の第1スタジオが放火され、建物にいた社員70人のうち35人が死亡、34人が重軽傷を負いました。この事件で京都府警察本部は27日午後、亡くなった35人のうち、これまで見合わせていた25人の方の名前を公表しました。

ほかの10人の方の名前はすでに公表されていて、事件で亡くなった35人全員の名前が公表されました。京都府警の西山亮二捜査1課長は事件発生から40日がたって25人の名前を公表したことについて、「大変凄惨(せいさん)な事件で、関係者の精神的なショックも極めて大きいことから、ご遺族や会社の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を配慮して慎重に検討を進めてきた。社会的な関心が高く、事件の重大性や公益性などからも情報提供をすることがよいと判断した」などと説明しました。そのうえで、遺族の中には名前の公表に反対している人がいて、会社側からも公表を控えるよう要望が寄せられているなどとして、「取材や報道にあたっては、遺族の心情に配慮してほしい」と説明しました。

警察は、引き続き、遺族やけがをした被害者の支援にあたることにしています。

NHK NEWS WEB より引用

 

NHKのNEWS WEBサイトには被害者の方々の名前、年齢、住所(市や区まで)が掲載されています。

 

早稲田大学の田島康彦非常勤講師は「名前は基本的要素で公表必要」としています。

「事件の被害者は匿名の記号で表すような対象ではなく、個人の尊厳の観点からも名前は基本的な要素だ。被害者がどういう人だったのかということも重要であるし、被害者の名前というものは事件において公的な性格も持つということを理解する必要がある。警察が遺族の意向を大切にすること自体は悪いことではないが、事件の重大性を考えると1か月以上たってから発表したことは時間がかかりすぎたと感じる」

昨夜のテレビニュースでも見ましたが、被害者の家族の方が取材で

「35人のうちの1人ではない!ちゃんと名前があってここで生きていたんだ」

と言われていたのが印象的でした…。

確かに、被害者35人という数字だけで被害者の方達がどんなに京アニで素晴らしい仕事をしていたのか知ってほしいという気持ちもあるのかもしれません。

 

また一方で

会社の代理人弁護士の桶田大介氏は「実名公表は大変遺憾」としています。

京都府警察本部が亡くなった25人の方の名前を公表したことについて、会社の代理人を務める桶田大介弁護士は「度重なる要請と一部ご遺族の意向に関わらず、被害者の実名が公表されたことは大変遺憾です。京都府警と報道機関に対し、改めて故人とご家族のプライバシーとご意向を尊重していただくようお願い申し上げます」というコメントを発表しました。

 

遺族の方の中には実名報道をしないでほしいと思っている方もいました。

それは名前が公表されたことによってマスコミが押し寄せ、被害者や遺族のプライバシーが侵害される可能性があるからです。

大事な家族を突然奪われ、悲しみや怒りの中にある遺族に対し執拗に取材するマスコミに対しての恐怖やストレスは想像を超えるものがあるように思います。

またいくら「故人と家族のプライバシーを尊重するように」と言ったところでマスコミがこれを聞き入れるのでしょうか?

 

今回Daigoさんがブチギレているのはまさにこの事なのです。

メンタリストdaigoがブチギレている理由

NHKや毎日新聞、京都府警は今回の京アニ実名報道に踏み切った理由として

事件の重大性、事件をより正確に伝えるため、社会の教訓とするためとしています。

メンタリストのDaigoさんはこの実名報道に関するコメントについて

『事件の内容を正確に伝えるために被害者の実名いります?』

と提起し

『被害者の人たちの実名が全て公開されなかったら、京アニで起きた事件が真実でないとおもうのでしょうか?』

『被害者の実名を公開するのにそれを報道する記者の実名を公開しないのは、自分に責任が降りかかるのが怖いから』

『実名で報道したらどうなると思います?もしそれがわからないのであれば、公共放送を名乗らないでほしい』

と熱く語っています。

 

さらにメンタリストのDaigoさんが分かりやすく心理学的な観点からも説明しています。(大体YouTube14分頃)

  • 権力者は何か行為をした他の人を批判する時に自分で決めつけたこうなったらいいなというストーリーに基づいて批判をするという事が分かっている。
  • 権力者、又はその権力に所属しているに守られているマスコミなどは、共感能力が低くなってしまい、人の気持ちが分からなくなる。
  • 被害者の実名を報道することに自分を正当化し、その記事を書けばもうひと稼ぎできるなと思っている。そしてその事すら正当化する。

と語っています。

他にもそうなのか~!と思う事を分かりやすく説明されているので、気になる方はYouTubeをご覧ください。

DaiGoさんは人の悲しみや苦しみをお金に変えようとするマスコミに怒っているのではないでしょうか?

みんなの声は?

感想とまとめ

タイムワープ タイムスリップ タイムトリップ 時空 宇宙 宇宙空間 ビッグバン 時間 フラッシュ 光 光彩 キラキラ きらきら 輝き スピード 閃光 爆発 明るい 青 ブルー blue cosmos universe CG 誕生 warp テクスチャ テクスチャー 背景 background

メンタリストのDaiGoさんがNHKや毎日放送、京都府警に対する京アニ実名報道へのブチギレ理由について調べてみました。

京アニの被害者の方の実名報道については賛否両論あると思います。

今回DaiGoさんの動画をみて納得する部分も多かったですし、ネットでの声も擁護する人が多かったように感じました。

またこの件でDaiGoさんはもうNHKには出ないと言ったり、いつもの冷静な雰囲気は全く感じられなかったことから本当に怒っているんだ…と思いました。

もう実名が出てしまったのでその事実は取り消せませんが、どうかご遺族の方の精神的な負担が増えないようにマスコミの方は取材を自粛してほしいと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました