瞬間冷却剤の廃棄方法や効果的な使い方、注意点は?冷蔵庫に入れておくと何度も使える?

生活

連日暑い日が続いていますね。もううんざりしてりまいます。

夏休み中は出かける機会も多くなりますから、特に熱中症には気をつけたいですよね。

そんな時は瞬間冷却パックがおススメです。

保冷剤も同じように冷たいですが、自宅から凍らせて持って行っても外出先ではもう溶けてぬるかった…なんて事もありませんか?

瞬間冷却材なら使いたいその瞬間から一瞬で冷却することができます。

暑さ、熱中症対策以外にも発熱時などの応急処置にも便利な瞬間冷却剤。

今回は特に夏場に便利な瞬間冷却材の気になる疑問を調べてみました。

瞬間冷却材って、何度も使えるのか?廃棄する時は何ごみ?使う時に何か注意することはある?について参考になれば幸いです。

瞬間冷却剤の使い方は?なぜ一瞬で冷たくなる?

水 水分補給 コップ グラス 熱中症対策 冷たい 氷 夏 空 入道雲 水滴 水しぶき 飲み物 飲料水 美容 健康 真夏日 猛暑 青   無人   積雲   白   広角   爽快      背景   バックグラウンド   爽やか   青空   水色   青   寒色   エコ   環境   ブルー   テクスチャ   風   気流   バックグランド   バックイメージ   背景素材 背景デザイン   壁紙   透明感   潤い   グラデーション  柔らか

瞬間冷却材の使い方ですが、とても簡単で、袋を何度か叩くと一瞬で冷たくなります

商品や使用場所によって効果時間は変わってきますがだいたい30分~40分は冷たい状態が続きます

なぜ叩くことによって一瞬で冷たくなるのでしょうか?

 

それは、瞬間冷却材の中に含まれている成分が化学反応を起こすことで起こります。

瞬間冷却剤の中には、硝酸アンモニウム、水、(尿素)が入っています。

硝酸アンモニウムは水と接すると吸熱反応という熱を奪う反応をします。

瞬間冷却材をたたいて水が入った袋を破る事で、硝酸アンモニウムと水が接して熱が奪われ、結果温度が急激に下がって冷却材として使用できるという訳です。

瞬間冷却剤の廃棄方法は?燃えるゴミ?不燃ごみ?下水に流す?

瞬間冷却材には何やら聞きなれない「硝酸アンモニウム」という成分が含まれています。

これって、普通に捨てても大丈夫なのか?燃やしたら有毒なガスとか出てきたりしない?などと心配になりますよね?

瞬間冷却材の裏面には「不燃ごみで捨てて下さい」と書いているものが多いようですが、地域によっては不燃ごみという区分がない地域もありますよね。

一体どうしたら???

 

結果から言いますと、

可燃ごみ又はその地域の市役所に聞いてみる!

です。

色々な地域や我が町のごみの仕分け表を見た結果、

食品の湿気防止の乾燥剤、瞬間冷却材燃えるゴミの欄に書いてありました。

瞬間冷却材は乾燥剤と同じ区分になるようです。

 

硝酸アンモニウムを調べて行くと、その廃棄方法として

トイレに流す

肥料になるので庭にまく

といったコメントがありましたが、瞬間冷却材は薬品のため下水汚染の原因になるのでトイレなどに流すのはやめておきましょう。

また肥料になる。とのうわさですが、確かに肥料の成分には硝硝酸アンモニウムが含まれていることがあります。しかし、肥料に含まれている硝酸アンモニウムは植物にとって利用しやすいように加工されているので瞬間冷却剤の成分は同じだとしても植物にとては利用しにくいかと思われます。

瞬間冷却剤は再利用できる?

瞬間冷却剤は1回きりの使い捨てです。

瞬間冷却材をたたいて水が入った袋を破る事で、硝酸アンモニウムと水が接して熱が奪われ、急速に冷やされる反応が起こります。

ですので、繰り返し使う事はできません

中には冷凍庫に入れて何度も使える!という記事も見ますが、これは単に水を凍らせると氷になるようにそれを持っていると冷たくて気持ちいいよ?という事だと思われます。

また、冷蔵庫や冷凍庫に入れていても特に害はありません。

瞬間冷却剤の注意点は?

瞬間冷却剤は液体でかつ硝酸アンモニアが含まれている為、飛行機への持ち込みはできません!預入荷物でも引き受けてもらえませんので、飛行機に乗る際は気を付けて下さい。

もし暑い地域に行かれる場合は冷えピタなどの冷却シートで代用するのが良いかと思います。

またペットに使うのも危険です。

ペットは人と異なり、氷点下で冷やすと血管を収縮させてしまう危険があります。

ペットの場合はまず涼しい場所に移動させてから体に水をかけてゆっくり冷やしてあげましょう。

瞬間冷却剤の効果的な使い方は?

瞬間冷却剤は持続時間が短いので効率よく体温を下げられる部位に当てたほうが効果的です。

熱を下げやすいポイントは、額、後頭部、わきの下、足の付け根、首筋など。

ただ、この部分に直接当てると低温火傷を起こしてしまう場合がありますので、子供や肌の弱い方はハンカチやタオルなどに包んで使用しましょう。

まとめ

如何だったでしょうか?

瞬間冷却材の廃棄の方法や注意点、効果的な使い方、再利用の有無などについてまとめてみました。

みなさんのお役に立てたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました