ロゴス(LOGOS)柴田茂樹社長の大学や経歴、年収は?息子は元吉本興業?

TV情報

ロゴスコーポレーション(LOGOS)柴田茂樹社長がカンブリア宮殿に出演します。

空前のキャンプブームの中、初心者でも簡単に組み立てができるテントなど、大人気のアウトドアメーカーがロゴスです。

8月に入り、夏休み中の子どもたちを連れてキャンプに出かける家族も増えてきますよね。

最近では車で手軽に楽しめるキャンプが家族層を中心に人気を集めているとロゴスコーポレーションの柴田茂樹社長は言います。

鎬を削るアウトドア業界において大躍進をしているロゴスコーポレーションですが、その秘密を8月1日のカンブリア宮殿にてお話しされるのでしょうか?

今回はそんなロゴスコーポレーションの柴田茂樹社長の経歴、学歴、年収、そして息子さんが吉本興業社員だった?という情報もお伝えしたいと思います。

柴田茂樹のプロフィールや経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日、8月1日(木)22時より、 テレビ東京さんのカンブリア宮殿にてLOGOSが紹介されます‼️ ぜひ見てください‼️ 便利なアウトドア商品たくさん 紹介されております😍 . 皆様のご来店、ロゴス ショップ綾川店にてスタッフ一同お待ちしております‼️ . #ロゴス#ロゴサー #logos #キャンプ#キャンプ用品 #バーベキュー #camp #bbq #アウトドア #ロゴスショップイオンモール綾川店 #香川#綾川イオン #綾川#テント #デイキャンプ #ソロキャンプ #ピクニック #フェス #焚火 #レジャー#ファミキャン #夏休み#イオンモール #トレッキング#ツーリング #キャンプ飯 #キャンプ初心者 #キャンプ女子 #カンブリア宮殿

ロゴスショップ イオンモール綾川店さん(@logos_ayagawa)がシェアした投稿 –

柴田茂樹 (しばた しげき)

生年月日:1956年

出身地:大阪府大阪市

出身大学:同志社大学 商学部卒

経歴:スポーツ関係の卸会社勤務後、1982年大三商事(現ロゴスコーポレーション)入社。1998年代表取締役社長就任

柴田茂樹の年収は?

ロゴスコーポレーションの柴田茂樹社長の年収を調べてみると、ロゴスコーポレーションは非上場企業でした。

非上場企業ですと報酬は非公開で分かりません。

ロゴスコーポレーションは

創業:1928年3月

資本金:1億円

従業員数:120名(2016年7月グループ全体で350名)

純利益:1億7700万円

利益余剰金:8億1900万円

という事で、日本の社長平均年収を元に比較してみます。

日本の社長の平均年収

従業員数1000人以上 5643万円~5000万円の後半

従業員数300~999人 4043万円

従業員数300人未満 3109万円

※1000人以上と300人未満の水準差は約1,8倍に上る。

引用:日本の人事部HP

 

ということで、従業員数が350人のロゴスコーポレーションの社長柴田茂樹氏の年収は4043万円に当てはまります。

大体年収は4000万円以上ではないかと推測されます。

柴田茂樹の経営理念とは?

新緑 風景 初夏 樹木 木 自然 屋外 爽やか さわやか 背景 バックグラウンド 夏 4月 5月 6月 7月 8月 環境 健康 公園 休暇 休日 散歩 ゴールデンウイーク gw リラックス 植物 晴れ テーブル キャンプ レジャー 休み アウトドア グリーン 木陰 休憩 ベンチ

ロゴスコーポレーションは今ではキャンパーの中で知らない人は居ないというくらい有名な企業になりましたが、実は倒産寸前だった時代もあるそうです。

柴田茂樹社長は、スポーツ卸会社を経て1982年に大三商事(現ロゴスコーポレーション)に入社します。

当時は船舶関係の商品を取り扱う卸問屋業をしていましたが、当時は造船不況で倒産寸前だったそうです。

そこで柴田茂樹社長は「水はもうあかん。丘に上がろう!」と方向転換したのでした。

ちょうそ70年代から80年代は日本に本格的な登山ブームが音連れていて、柴田茂樹社長は「これからはもっと気軽にレジャーを楽しむ時代が来る!」と時代の先を読み1985年に「ロゴス」を立ち上げたのだそうです。

ロゴスコーポレーションの商品は家族で楽しめる初心者にもやさしいアウトドア用品として「水辺5m、標高は800mまで」戦略で今売れに売れてるんです。

やはり、先見の明がある人が時代を作っていくんですね!

柴田茂樹社長の息子は吉本興業社員?

ロゴスコーポレーションの柴田茂樹社長には息子さんが居らっしゃいます。

息子さんの名前は柴田晋吾(しばたしんご)さんと言います。

柴田晋吾

生年月日:1983年12月24日(36歳)

出身地:大阪府大阪市

学歴:同志社大学大学院ビジネス研究科卒業

 

柴田茂樹社長の息子さん柴田晋吾さんは同志社大学時代はラグビー選手として活躍していたそうです。

そして子供の頃からダウンタウンの松本人志さんと交流があったそうで、そのことがきっかけで2005年に吉本興業に入社します。

芸人さんとしてではなく、柴田晋吾さんはマネージャーとしてダウンタウンの浜田雅功さん、東野幸次さん、ライセンスなどを担当した後放送作家としても活躍されたそうです。

その後大阪から東京へと拠点を移し、お笑い芸人のツアーを全国のZeppで行うというイベントを企画し大成功させます。

2010年に父親の会社ロゴスコーポレーションに入社し、企画広報部や直営事業部などを経て現在は副社長として活躍されています。

まとめ

2019年8月1日放送の「カンブリア宮殿」に出演されるロゴスコーポレーションの社長柴田茂樹氏について調べてみました。

柴田茂樹社長の出身大学は同志社大学商学部

スポーツ卸会社をへてロゴスコーポレーションに入社

柴田茂樹社長の年収はおおよそ4000万円以上。

柴田茂樹社長の息子さんは柴田晋吾さんで、元吉本興業の社員でダウンタウンの松本人志さんと子供の頃より知り合いで、浜田雅功さんのマネージャーも務めたことがある。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました