京都市長門川大作が応援演説中京アニ発言で大炎上?非難殺到した内容やその人柄経歴は?

生活

京都市長である門川大作氏は18日夜、上京区であった参院選挙候補者の応援演説で「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる」と述べました。

その発言に京都府民を始め、ネット上ではありえない、不謹慎すぎるなど門川大作市長に対する非難の声が上がり大炎上しています。

門川大作京都市長とはどんな方なのでしょうか?

京アニ放火放火テロ犯人41歳男の顔や名前は?

京都市長門川大作氏の発言内容とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

「京まふ(京都国際マンガ・アニメフェア)」9/21(土)、22(日)開催!実行委員会と記者会見。8回目で更に進化!手塚プロダクション 松谷孝征 社長、㈱KADOKAWA 角川歴彦 会長、㈱トーセ 齋藤茂 社長、京都情報大学院大学 長谷川亘 統括理事長、日本動画協会 吉田力雄 副理事長、京都国際マンガミュージアム 山元英昌 事務局長はじめ実行委員の皆さんと共に。@京都国立博物館 京まふを盛り上げる「おこしやす大使」に就任いただいた声優の下野紘さんからのメッセージ、そしてVTuberの樋口楓さん、本間ひまわりさんが京まふの魅力を紹介・発信!熱心なファンの皆さんが大勢集まられ、一般公開の記者会見は熱気に溢れます! http://kyomaf.kyoto/ #京まふ #京都国際マンガアニメフェア #下野紘 #樋口楓 #本間ひまわり

門川大作さん(@kadokawadaisaku)がシェアした投稿 –

京都市の門川大作市長は18日夜、上京区であった参院選候補者の応援演説で、死傷者が60人超に上る京都アニメーション第1スタジオ(伏見区)の火災に触れ、「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる」と述べた。大惨事への対応を支持拡大の材料に使うような発言に、会場内からも疑問の声が聞かれた。
京都アニメーションの火災では、火を付けたとみられる男の身柄を京都府警が確保している上、周辺住民は爆発音も聞いており、初期消火は難しい状況だった可能性が高い。演説会場にいた選対関係者は「発言にどきっとした。選挙に力が入って口が滑ったのだろう」と困惑していた。
門川市長は演説会後、京都新聞社の取材に対し「一般によくある標語だ。誤解があったなら、今後気をつける」と話した。

引用:京都新聞

門川大作市長は、その日に起こった京都アニメーション放火事件のことか?と思われるような内容『火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる』

と応援演説で述べました。

周りにいた人は「ドキッとした」という事でしたが、当の京都市長門川大作氏は「一般的によくある標語だ」と言っています。

なんなら、上手く例えて言えたな…くらい思われていたのでしょうか?

さらに、「誤解があったなら今後気を付ける」との事。

周囲の方々はその発言に疑問を覚えたように思えますが、少し感覚が違われているのでしょうか…。

正直、応援演説というよりは逆に票を逃してしまっているのでは?と思ってしまいますね…。

応援されている候補者は大丈夫でしょうか?

京都市長門川大作の経歴は?

生年月日:1950年11月23日(68歳)

出身地:京都府京都市

出身校:立命館大学法学部第二部卒業

前職:地方公務員(京都市)京都市教育長

在任期間:2008年月26日~現職

趣味:人間浴・仕事を楽しむ

好きな言葉:共汗(きょうかん)

信条:心を込めてすべてを大切に

 

趣味の人間浴とは??感性が独特な方なのでしょうか?

好きな言葉、共汗(きょうかん)一緒に汗を流しましょう!!という感じ?

信条の心を込めてすべてを大切に はどこへ行ったのでしょうか~??

略歴

京都市立堀川高等学校定時制普通科卒業後、京都市教育委員会に就職し、働きながら立命館大学法学部第二部を卒業した。

2001年から2007年まで京都市教育長を務め、2003年からは中央教育審議会委員、2006年からは安倍内閣の下で設置された教育再生会議委員を務めた。

2007年に京都市教育長を辞職し2008年の京都市長選挙に立候補し初当選を果たした。

その後2012年の市長選挙でも再選、2016年の市長選挙でも三選を果たした。

 

働きながら立命館大学に通われ卒業されたという事で、苦労された方なのかな?と思われます。

また京都市長に3選されているという事も、京都の方々からは支持されていたことが伺えます。

不祥事

  • 京都市が部落解放同盟支部の温泉旅行に不正補助金8000万円を支出した際の責任者の1人として「市民ウォッチャー京都」らが起こした住民訴訟に敗訴し、117万円の返還を求められている。
  • 2007年12月27日に京都地方裁判所から特定の教職員に対して研究委託費を支給したのは地方自治法の給与条例主義に反する違法な支出として、「心の教育はいらない市民会議」らが原告となって起こした住民訴訟に敗訴し7200万円の損害賠償を命じられている。
  • 2018年7月7日、京都府に大雨特別警報が出され、自らも避難指示を出した最中、市内のホテルで開催された自民党西田昌司参議院議員の後援パーティーに参加した。
  • 2019年7月18日、文京区であった参院選候補者の応援演説で死傷者が60人超に上る京都アニメーション第一スタジオの火災に触れ「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日2日で逆転できる」と述べた。大惨事への対応を指示拡大の材料に使うような発言に、会場内からも疑問の声が聞かれた。

 

ウィキペディアに、不祥事という項目があったのも知りませんでしたが、すでに今回の件も不祥事欄に書かれてありました…。

2018年7月の大雨特別警報の件はまだ記憶に新しいかと思いますが、不祥事を書かれている市長ってどうなんでしょう…。

 

みんなの声は?

まとめと感想

京都市長門川大作氏の経歴や炎上内容についてまとめてみました。

京都アニメーション放火事件では、過去最悪の犠牲者が出てしまい日本だけでなく世界にも衝撃を与えました。

その痛ましい事件を例に出して選挙応援演説をした門川市長。

政治家として、日本を代表する京都の市長の1人として発言にはもう少し配慮してほいと感じました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事→京アニ放火テロ犯人41歳男の画像や名前は?精神疾患や人に火をつけた疑いも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました