節分の鬼退治の由来や意味は?豆を投げるのはなぜ?

節分の鬼退治の由来や意味は?豆を投げるのはなぜ? 生活
スポンサーリンク

 

2月といえば節分ですよね。

節分といえば「豆まき」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな豆まきですが、なぜ節分に鬼退治するのか疑問に思ったことはありませんか?

また、なぜ豆を投げて鬼退治するのかも気になる方も多いはず!

そこで、節分の鬼退治の由来や意味、なぜ豆を投げるのかをご紹介したいと思います!

節分の鬼退治の由来や意味は?

節分の鬼退治の由来や意味は?

実は節分に行う鬼退治はしっかりとした由来や意味があるんですよ!

 

節分と鬼退治の関係性を紐解くために、時は平安時代までさかのぼります。

旧暦では立春の前日である節分の日は、今でいう大晦日と同じような日とされていて一年を締めくくる日でした。

 

平安時代ではこの節分に「追儺(ついな)」と呼ばれている、邪気を祓い新年の無病息災を願う行事があったんです。

この追儺で邪気を「不幸や災いをもたらすとされていた鬼」に見立てていたことが、節分で鬼退治をする由来となりました。

 

追儺では貴族が鬼に扮した家来たちを桃の弓や葦の矢を持ちながら追いかけていたみたいですよ!

鬼退治をすることで邪気を祓い、新年が無病息災になるようにという意味が込められているんですね。

 

この追儺を各神社がさらに広めていき、庶民の間にも節分に鬼退治をする文化が浸透しました。

 

 

さて、ここでさらに気になる疑問が生まれてきませんか?

本来は桃の弓や葦の矢で鬼退治をしていたのに、どうして現在は豆で鬼を退治するようになったのでしょうか。

 

なぜ節分の鬼を豆で退治することになったのか想像するのが難しいですよね!

実は節分に豆まきをするのにも理由があるんですよ!

 

 

節分の鬼を豆で退治するのはなぜ?

 

節分の鬼を豆で退治する理由は諸説あるようです。

追儺は古くから行われていた儀式なので、現在の節分のスタイルに至るまでに様々な由来があるのも納得ですよね。

気になる節分の鬼を豆で退治する理由をいくつかご紹介したいと思います!

 

豆=「魔を滅する」「魔の目」という語呂合わせ

 

「豆」と「魔を滅する」という語呂合わせから、節分の鬼を豆で退治するようになったとされているようです。

さらに「魔の目」をつぶすという語呂合わせが由来ともされているとも!

 

そしてこの語呂合わせにも由来があるんですよ!

昔京都の鞍馬に鬼が出没した時に、人々が毘沙門天のお告げに従って炒った豆を鬼の目に投げつけたところ鬼を退治することができたという話が由来だそうです。

 

穀物には厄除けの効果があるとされているから

 

日本では「穀物には霊力が宿る」とされており、昔から魔除けの儀式では大豆が使われていたようです。

よって節分の鬼も同様に豆をまいて退治するようになったのではないかといわれています。

 

そもそも穀物といっても豆の他にも米や麦などがありますよね。

なぜ豆になったかというと豆が特に大きく投げて当たると痛く、鬼などの魔除けに最適なので豆が使われるようになったと言われているようです!

 

宮中行事の「豆打ち」と合わさったから

 

平安時代の宮中では追儺とは別に「豆打ち」という厄払いの行事がありました。

この2つの行事は元々別の日に行われていましたが、追儺の時期が変わっていきこの豆打ちと同時に行われるようになったと言われています。

 

豆打ちとは豆をまく儀式ではなく、節分の日に来年の恵方にある家に宿をとる儀式のことなんです。

室町時代頃からはこの豆打ちが変化していき、家の恵方にある部屋に豆をまいて厄払いをするようになりました。

 

そしてこの豆打ちが追儺と合わさり節分の鬼を豆で退治する現在のスタイルになったといわれています。

 

 

以上が節分の鬼を豆で退治する理由でした!

節分の鬼を豆で退治することにはたくさんの由来があり、どれも興味深い内容だったのではないでしょうか。

 

節分の鬼を豆で退治する理由は判明しましたが、現在節分で豆まきをする時は掛け声と共に豆を投げますよね。

「鬼は外、福は内」というお馴染みの掛け声の由来や意味などもご紹介していきたいと思います!

鬼は外、福は内の掛け声の由来や意味は?

 

小さい頃から当たり前のように「鬼は外、福は内」という掛け声をしながら節分に豆まきをしていましたが、この掛け声にも由来や意味があるんですよ!

 

平安時代に行われていた追儺から節分に豆をまいて鬼を退治するスタイルになり、その後掛け声を行うようになりました。

 

宮中で行われていた追儺を神社も行うようになり、その神社の一部が「鬼外服内」と掛け声を行うようになったのが由来といわれているようです。

 

 

さて「鬼は外、福は内」という掛け声の意味も気になりますよね。

「鬼は外、福は内」という掛け声は「鬼(邪気など)を家の外に祓い、福が家に入ってくるように」という意味が込められているようです。

 

家にいる鬼(邪気など)を追い出して、清められた場所に福を呼び込むといった感じのようですね!

 

「鬼は外、福は内」の由来や意味を知ることで、実際に節分の豆まきをする時に心を込めながら掛け声もできるのではないでしょうか。

 

 

節分の鬼退治の由来や意味は?豆を投げるのはなぜ?まとめ

節分の鬼退治の由来や意味は?豆を投げるのはなぜ?まとめ

節分の鬼退治や豆まきには古くから行われてきた、「追儺」という儀式から時代の流れに伴って変化したものということが分かりましたね!

節分には豆まきをして鬼を祓いおうちに福を呼び込んで、伝統文化に触れながら一年の健康をお願いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました